« まっちゃん、いない | トップページ | さようならPHS »

2018年4月29日 (日)

大首相のお師匠さんと共演

 先頃東京芸術大学を退官された植田克己先生。啼鵬は教わる事は無かったのですが、先生が公衆電話でテレフォン・カードを忘れたときに、「あ、先生、コレ!」と、手渡したのが唯一の接触。

 このBlogでもお馴染み、榊原大首相のお師匠さんでもあり、かつてのアタシの生徒、田中翔一朗君(2016年7月28日参照)の先生でもありました。その植田克己先生をお迎えしての、東京プロムナード・フィルハーモニカーの、第18回定期演奏会がありました。

Tpp18th02 そう言えばBeethovenのPiano Concertoは、

初めて伴奏しました。

かつて我が土浦交響楽団も、

指揮者が弾き振りで「Piano Concerto No.1」をやった事があったのですが、そのときは欠席。新しモン好きのBeethovenが、当時の最新鋭Pianoを想定して作ったという協奏曲は、さすが弾き応え、聴き応えアリ。部分的にもよく映像に使われるので、耳にした事のある人は多いかと。

Tpp18th そしてメインは、

大好きなDvorakの「Symphony No.7」。

弾くにはハードな曲でしたが、

とても充実した演奏会になりました。

お忙しい中お越し下さいましたお客様、

有り難うございました。

« まっちゃん、いない | トップページ | さようならPHS »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大首相のお師匠さんと共演:

« まっちゃん、いない | トップページ | さようならPHS »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ