最近のトラックバック

« リニューアル:土浦店 | トップページ | 結構スゴイJAF優待 »

2018年4月22日 (日)

第4回紫村千恵子とラヴィアン・シャンソン

 前回の開催から1年8ヶ月ぶりなんですって! ならば皆さん、気合いも入るワケだ。啼鵬の駆け出しの頃からお世話になっている、紫村千恵子さんのシャンソン教室の発表会。もうここ何年もお手伝いしておりますが、実はその教室は複数あるので、アタシの仕事が1年8ヶ月ぶりではなく、ここの教室の発表会が1年8ヶ月ぶり。

Lavian4th今回印象に残った曲は、

少し前までNHK BSで再放送をしていた、

朝ドラ「花子とアン」の挿入曲。

スコット先生が歌っていた曲です。ハナが其れを丸暗記して歌うシーンは、なかなかのものでした。訳詞はやぎりんさんだったんですねぇ。

Minnaviolinmic ちなみに妹、

松本民菜にとっても、

今回のステージはトピックス。

いつもはスタンドでマイクを立てて、

割りとOFF気味で音を拾うのですが、

今回は駒に取り付けたON マイク。まぁ、駒に取り付けると、多少響きを損ねてしまうのですが、それでも音自体は良く拾い、彼女の弾く細やかな表現を、余すところなく会場に伝達。

 それにしても今回、特に感じたのは、リハーサルと本番のギャップ。本番での歌が、ご自身をたっぷり出せているステージ。今回ほど感じた事はありませなんだ。直前リハーサルとの差はなんでしょう? 衣装かしら。スイッチが入るのね、本番の衣装をお召しになると。

 皆さん、お疲れ様でした。そして聴きにいらしたお客様。温かいご声援、有り難うございました。

« リニューアル:土浦店 | トップページ | 結構スゴイJAF優待 »

コメント

スイッチが入るというよりも、あえてセーブしていると聞いたことがあります。
私のような楽器吹きには、リハーサルでも本番並み。いや、リハが一番上手かったなんてことはよくある話。(おいおい…)
本当はそうでないといけないと思うのですが、どうも管楽器の人(特に吹奏楽出身者)には、そういったセーブするという意識があまり感じられないように思えます。

> 語る会さん
 「敢えてセーブ」...やった事あります。実はプロの現場でも、本番直前のリハが一番良かった!という事が少なくないのです。なのでアタシもセーブしてみたり、わざと間違えてみたり、色々試しましたが、改善しませんでした。
 例えば啼鵬のこれまでの生涯最高のHornは、遊佐未森さんの大阪公演。ゲネプロでは1発も外さず、バン・マス渡辺等さんにも「そう、そうやって吹いてくれればいいんだ」と褒められました。しかし本番は...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第4回紫村千恵子とラヴィアン・シャンソン:

« リニューアル:土浦店 | トップページ | 結構スゴイJAF優待 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ