« 追悼:小学校のときの校長先生 | トップページ | まずいもの探検記【いにしえの記憶】 »

2018年4月13日 (金)

公式道路

 啼鵬が運転免許を取得した四半世紀前くらいには、雑誌の特集で「本当に必要か?カーナビ VS 製本機」というのを見かけました。カーナビと製本機を同じフィールドで比較する事自体、かなり「???」な感じですが、それは置いておいて、当時カーナビはあまり普及していなくて、アタシも初めて行く場所は、(紙の)地図を頼りに運転したものです。

 それが今や、カーナビは必需品。搭載していない車もありますが、そういう人はスマホのアプリを使っている人が殆どでしょ。で、そのアプリと言えば、車のみならず徒歩の場合でも当然有効。

 しかしながら、そのスマホ・アプリの言う事を鵜呑みにして歩いていると、「おいおい、ホントにココでいいんかい!」と突っ込みたくなるような道に導かれる事もしばしば。

P_20180310_145657 この道なんかも、

いや、「道」と言えるのか、

横浜某所。

もしかすると地元では基本中の基本のルートなのかも。

夜だったりすると外灯も無く、

初めての人だったら、

かなり危ない。

 また先日など、都内某所で「もはや私有地じゃ...」と疑いたくなるような道を案内されました。

 道案内アプリはチョー便利ですが、何となく懐疑的に思ってしまうのはアタシだけかしら...。

« 追悼:小学校のときの校長先生 | トップページ | まずいもの探検記【いにしえの記憶】 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

「目的地付近に到着しました。」と言ってから迷うことが多いのがナビの困ったところであります。逆に地図とかで見た方が良いこともしばしばだったりして…。

> 語る会さん
 どうやら、目的地の「入り口情報」というのが、昔は欠如していたというのを聞いた事があります。なので建物が見えているのに、辿りつけないとか。
 最近は情報量も多く扱えるようになったので、入り口情報も大分揃ってきたという事だそうで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公式道路:

« 追悼:小学校のときの校長先生 | トップページ | まずいもの探検記【いにしえの記憶】 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ