最近のトラックバック

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月31日 (木)

茨城のナンバースクール

 新聞を見てビックリ。これまで何とも思っていなかった事なので、茨城だけが突出しているなどと書かれると、「ホントけぇ?」って感じですわ。

Numberschool 公立高校のナンバースクール。

恐らく中学校だと、

全国的にもナンバースクールは多いと思うのですが、

高校となると茨城が突出して多いらしい。

 確かに甲子園出場校を見ていると、茨城以外で「○○二高」などと目にする機会は、殆ど無し。ちなみに甲子園での茨城ナンバースクールと言えば、何と言っても全国制覇をした取手二高。甲子園出場が、市町村合併からの離脱の理由とも言われている下妻二高。何人ものプロ野球選手を輩出している鉾田一高。他に竜ヶ崎一高日立一高など。

 また一高と付く高校は、その地区でイチバン偏差値の高い学校で、当然進学率も高い。土浦一高など一時期、東大進学率全国1位と言われた事も。なので仙台の場合は二高がイチバンと聞いたときは、ちょっと拍子抜け。

 北関東は男女別学が未だに多かったり、茨城はナンバースクールだったり、独特の高等学校教育文化があるのかネ。

2018年5月30日 (水)

匂い商法

 近所でもないのですが、少し車を走らせたところに、新しくコンビニが開店。元ガソリンスタンドですが、さすがにその面影はナシ。

Famimaoda 行ってみると、

店頭で実演販売!?

炭火焼き鳥をやっていました。

煙もモクモクしていて、店に入ろうとすると、必ずその香りを。その香ばしいこと! 結局その炭火焼き鳥を買ってしまいました。安売りもしていたので。

 そう言えばこのコンビニは、開店のときには店頭で、いつも焼き鳥をやっていたような...(2014年10月11日参照)。その匂いに釣られて、思わず買ってしまうのは、アタシだけでは無いかと。

 少し前にテレビでやっていましたが、例えばソーセージの実演販売の必殺手段として、夕方には醤油とバターでもって炒めるのだそうな。この醤油&バターは効果覿面。匂いに釣られて、かなりの数が売れると。

 特にテーホーのようなカモには。

2018年5月28日 (月)

違い過ぎるメニュー

 最近「美人過ぎる○○奏者」という方、お2人もお目にかかりました(2018年3月28日2018年5月22日参照)。「○○過ぎる~」そういう形容詞、流行っているのでしょうか。しかしながら、実際にはその形容詞に伴っていない実態も多々あることでしょう。

Sugirupiazzaこれなんか、

明らかに写真と違う。

「たっぷりすぎるチーズピザ」だそうで。

このぺったんこのピザ。食べてみると「見た目よりは意外とチーズがある」という程度。しかもこの店用のメニュー名と、Web.サイトでのメニュー名が若干違う...。

Mountainchashu そしてこちらは、

「○○過ぎる~」では無いですが、

自ら「マウンテン」と名乗っているし、

メニューの写真には、いかにもインスタ映え用という感じで写っているのに、高さは半分ほど。またコイツも店内のメニューと、Web.サイトで見たメニューと名称が全然違うし。

 ま、それでも大事なのは味、か。悪くないですが、この店の評価はそこではなく、頼むと意外と早く持って来る。これは居酒屋ではチョー重要な事だと思うのはアタシだけ?

2018年5月27日 (日)

追悼:久保田悠太香先生

 昨日、指揮者の久保田悠太香先生が亡くなられました。本日が誕生日で、その2時間ほど前だったそうです。67歳という若さで。

 知り合ったきっかけは、土浦交響楽団での指揮でしたが、その後たくさんお仕事をご一緒する事になりました。Violin奏者の木野雅之さん他、名手と共にConcertangoというユニットを立ち上げ、各地で演奏させて頂きました(2006年7月18日参照)。取り分け今は無くなってしまったSTB139での演奏は思い出深いです(2009年1月20日参照)。

 土浦交響楽団では、榊原大さんをソリストに迎えた「Rhapsody in Blue」他、「展覧会の絵」「幻想交響曲」「田園」「第九」といった名曲の数々を振って頂きました。その穏やかな人柄と、優しい口調ながら着実に音楽を作り上げていく手腕は、団員からも支持を得ていました。

 心よりご冥福をお祈り致します。

2018年5月26日 (土)

渡辺大輔ケーナ・ワールド

 知り合ったのもつい4年前(2014年9月19日参照)。にも関わらず、時折ライブ、演奏会で共演させて頂いたり、同じラジオ局の番組を担当したり。Quena奏者の渡辺大輔さんのコンサートに行って参りました。もちろん本人には内緒で。

Daisukequenaworld2018 真っ先に驚いたのは、

そのお客さんの数!

彼はMCで半年前から準備、

チラシも相当バラ巻いた、

と仰っていましたが、

チラシをバラ巻くくらいでお客さんが来るならば、苦労は無い。

やっぱ渡辺大輔ブランドによる動員力。これに尽きるだろうなぁ。彼の人気は今や、飛ぶ鳥を落とす勢い。

 ちなみに今回は、かつて我がたくみスタジオに通っていた事もある、ジャズ・ピアニストの根木マリサさんも出演。そっか、大輔さんとマリサさん、土浦一高の先輩後輩。言ってみれば茨城県南の学閥の中心に。

 今回は大輔さんのオリジナルが何曲も聴けました。年内にはまたご一緒する予定もあるので、そのときが楽しみです。お疲れ様でした。

2018年5月25日 (金)

カスイチ

 いつの間にかJR常磐線土浦駅が、チャリンコ基地になっていました。3億円かけて。いや、正確に言うと、土浦駅に隣接する、所謂「駅ビル」が、サイクリング拠点に。どうやら土浦市は、「サイクリングの街」になりたいのか、カレーの街は何処に?

 小学生のときからチャリンコ通学を経験し、大学時代はキャンパスに置きチャリをし、下町界隈を乗り回していたテーホー。卒業時も上野から土浦まで乗って帰りましたし、国立音大に在籍していた弟にも、チャリンコを自ら運転して届けました。

 そんなチャリ・ヲタも時代遅れ。今の人達は何十万円もする軽量のチャリでもって、ツール・ド・XXXなんてのに参加したり。そんな愛好家のための拠点が土浦駅ビル。

 ンじゃ、どこを走るのかって言うと、旧関東鉄道筑波線のつくばりんりんロードか、霞ヶ浦一周。アタシもりんりんロードは走破しておりまする。端から端まで約40km。往復なので80km。弟と2人で走りました。その後、ローラー・ブレードでも、途中の筑波駅まで行ったり。

 しかし霞ヶ浦一周の方は未だ実現しておりませぬ。

Kimg0047そんな中、

略称で躓いているとは...。

ちなみに「霞ヶ浦」を冠する学校名もあり、

応援合戦のときには、

予め略称を決めているようで、

間違っても「カスコー」なんて使いませぬ。

こういう名称、略称って意外と大事で、

人間、親しみを感じる第一歩の部分。果たして今後、何になるやら。

 恐らく埼玉県の春日部市でも略称に苦労されているのでは...。

2018年5月24日 (木)

再会:土井孝幸さん

 来月信州ジャズでご一緒するSaxophone奏者の太田剣さん。先日そのリハーサルも行われましたが(2018年5月18日参照)、隣でケンさんのプレイを聴くにあたり、こりゃ客として是非ともライブを聴きたい!と思い、調べると隣県でやるではないか!

Kashiwanardis 柏のNardis

実は一度出演させて頂いた事があったのですが、

こんな場所だったかなぁ。

聴けば17~18年くらい前に移転したとのこと。え!?アタシが出演したのって、そんなに前だったのか...。そのときは同級生のピアニスト野本晴美さんと、今や国立音大の先生、Saxophone奏者の池田篤さんとTrioで。

 そして今回、ケンさん率いるk.a.t.というTrioのライブがあるので、聴きに行って参りました。そのk.a.t.、Bassは何と土井孝幸さん。5年前にご一緒した方です(2013年4月16日参照)。

Katteho それにしてもこのお三方の演奏、

テクニックは言うまでも無く、

この空間を作り出す音楽の色彩豊かなこと。

冒頭で聴かせてくれた秋田慎治さんのPianoからぶっ飛びました。あ~ぁ、こういうのを聴いてしまうと、アタシなんぞまだまだ修行が足りぬ。

 素晴らしいライブ、有り難うございました。

2018年5月23日 (水)

祝:「南十字星の雫」レコ芸特選盤

 ギタリスト角圭司さんの新譜「南十字星の雫」が、レコード芸術6月号特選盤に選ばれました。アルバム・タイトル曲を作らせて頂いた身としては、嬉しい限り。

Recogei201806 啼鵬自身はこれまで、

目立った賞罰もなく、

言ってみれば無冠の音楽屋。

マルチ・ミュージシャンを標榜するも、

恐ろしく低い知名度のため、

マル秘・ミュージシャンに甘んじておりまする。

こうして評価を受けた作品に、少しでも関わる事が出来れば幸甚に思いまする。

 そう言えば昔、演奏で関わったアルバム、レコ大企画賞をとってたっけ(2006年12月31日参照)。

 角さん、おめでとうございます。

2018年5月22日 (火)

美人過ぎる第二弾

 いつからこの番組、ゲストが綺麗どころに。「美人過ぎる~」を冠に第二弾(第一弾は2018年3月28日参照)。本日は「美人過ぎるホルン奏者」、千野こころさんでした。実は彼女、音楽家という他にもう1つの顔がありまする。なんとチョコレートのエキスパート「ショコラアドバイザー」だそうな。つまりは二刀流!

Oliversmu2018f 残念ながら今日は、

生演奏はありませんでしたが、

来月は楽器も持ってきて下さるとのこと。

ンなワケで、ミュージシャンが4人(?)揃い、セッションをする事に。来月の放送、乞うご期待!

2018年5月21日 (月)

シェー...!カムバック!

 名画、名台詞集なんて企画があったら、絶対にベスト10には入るであろう、「シェーン!カムバック!」...って、50年前くらいの話かな。もうこの映画を記憶している世代は70代以上でしょう。アタシの親世代です。

Shakys2 昨日つくばの食べ放題店が閉店。

テーホーもまだ若く、

「食べ放題」という言葉に魅力を感じていた頃、

行った事がありました。

最後に行ったのはいつだったか。

結構流行っていると思ったんですが、「食べ放題」を以てしても其れを凌ぐ事の出来ない問題もあったのでしょう。

 ンで、最初の話題。「シェ」しか合っていなんですが、是非とも戻ってきて欲しいわ。

2018年5月20日 (日)

角圭司ギターリサイタル~CD「南十字星の雫」発売記念~

 自分のサイトには「世界初演」と、間違ってアナウンスしてしまいました。実際には初演は昨年既に(2017年11月24日参照)。なので今回は「茨城初演」とか「関東初演」とか...。

Sumikeishi20180520 A.R.C.でご一緒しているギタリスト、

角圭司さんのレコ発に行って参りました。

いつも最も近い場所で聴いている彼のプレイですが、

観客として聴くのは初めてかも知れませぬ。

会場のつくばノバホールの小ホールは、

元は倉庫だったところなので、

たいした音響ではありませんが、故にダイレクトに彼の演奏が伝わってきました。

 拙作「南十字星の雫」はアルバムタイトル曲で、更には今回使用している楽器の名前。角さんは初演以来、何度も何度も弾き込んでいるようで、演奏を重ねる度に曲に対するアプローチも、色々思い浮かぶとのこと。初演をしたまま、お蔵入りする曲も多い中、それは作曲家としてはイチバン嬉しい事です。

 これからも弾き継いでいって欲しいものです。お忙しい中お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2018年5月19日 (土)

自宅で台湾モノ

 つい最近買ってきたのに、どこで買ったのかも忘れてしまいました。恐らくオリバーソースを買ったお店かなぁ(2018年5月1日参照)。

Mazetaiwan1何も考えずに買ってしまったのですが、

よくよく考えれば、

この袋に入っているのは麺とタレのみ。

この写真のようなトッピングは自前。

勿論それはどのインスタント食品にも言えるのですが、

例えば袋入りのインスタント・ラーメンだったら、ぶっちゃけ麺とスープだけでも「シンプル!」で片付けられますが、このまぜそばだとキツくないか?

Mazetaiwan2 ンなワケで、

頑張って家にあったものを乗っけてみましたが、

やっぱネギは青ネギだわな。

見た目はいかにもシロートっぽい。ま、味の方は結構イケてました。乾麺ですがなかなかのクォリティ。タレもイイ感じ。

 トッピングの手間や麺、タレの出来映えを考えると、もはやインスタントの領域を逸しているのでは?

2018年5月18日 (金)

ケンさんの楽譜

 このカテゴリーに入れる事は賛否ありましょう。尤もアタシが「モバイル」というジャンルに手を染めた20年ほど前と今とでは、言葉の意味合いが大分違ってきました。これはテクノロジーの発達に伴ってです。

Shinshujazz4 先日行われた信州ジャズのリハーサル。

今回フロントを飾るのはSaxophone奏者の太田剣さん。

ジャズ・ファンにはお馴染みの名手。

彼が加わると、サウンドが信州からぐっとNew Yorkに近付くかしらね。

 そのケンさんが使っていたのが、楽譜を表示させるタブレット端末。啼鵬の周辺ではNAOTO君もご愛用。アタシもMMC(Musicians' Mobile Club)主宰者としては、そういう類いのモノに、いち早く...といきたいところですが、楽譜はやはり紙派かなぁ。一時期いろいろ試しましたが(2012年12月25日参照)。

Shinshujazz3 最近はとんと疎くなってしまい、

今のタブレット端末での楽譜表示、

かなり進んでいるんだなぁと感心。

表示のみならず、

加筆修正も思いのまま。

そのうち演奏とリンクするなんてのも登場するかしら。つまり(生)演奏を始めると、楽譜もスクロール。かえって見にくかったりして。

2018年5月17日 (木)

こどもの日に巨人

 日本各地に、いや世界中にと言っても良いかも知れませんが、子ども達によるオーケストラがあります。取り分け千葉県はオーケストラのある小学校が多く、全国的に知られています。

 我が茨城にもいくつかあって、吹奏楽で有名な長生淳先生も在籍していた水戸ジュニアオーケストラ、昨年第1回定期演奏会を迎えた、県南地域としては2つ目となる筑波ジュニアオーケストラなど、結構頑張っていますね。

P_20180429_091819 先日東京プロムナード・フィルの演奏会場で見かけたポスター。

おぉ、我ら土浦交響楽団が、

今度の演奏会で取り上げる「巨人」。

市川市は大人のオーケストラも盛んですので、

千葉県という地域性を鑑みれば、

必然的に子どものオケも盛んになるのでしょう。

アマチュア・オーケストラに関わっている人ならば、

このプログラムを見て「おぉ!子どもが巨人かいな」と驚きを隠せないでしょうけど、実はContrabassの立場から言うと、最も初心者向けかも知れませぬ。あくまでContrabassのハナシ。

 3楽章冒頭のSoloを除けば、技術的に難しい部分は少なく、音も他のパートと被っている部分が殆ど。アタシもやってみて拍子抜け。前回Violaでのったのを思えば、雲泥の差です。なのでここ驚くべきは「子どもなのに1812年かい!」ってとこ。

 ま、何度も言うようですが、あくまでContrabassのハナシであって、Violinとかはチョー難しく、大人も相当手こずりまする。他にも簡単なパートはあるのかしら。

 ちなみに「1812年」の方は弦楽器は全般難しく、恐らく管楽器も「オレ、チョー楽チン」って人はあまりいないかと。やっぱスゲェ。千葉の子ども達。

2018年5月16日 (水)

刀削麺で野菜ラーメン

 先日たまたま入った中華屋さん。野菜ラーメンを頼むに、中華麺と刀削麺とで選べるので、何となく刀削麺に。値段も変わらないので。

P_20180509_182914 これかぁ。

文字自体はメニューで見てはいたものの、

実物を見る、

いや食べるのは初めて。

名古屋のきしめんみたいだな。

しかも作るときには、

特殊な包丁でシュッシュッと削るんでしょ。

お鍋に直接。それもテレビで観た事はありまする。

 今回の麺が、ちゃんとそうやって作られているのかは分かりません。刀削麺も乾麺タイプもあるかも知れませんし。しかしながら、この麺のコシ、なかなかですわ。

 トーゼンの話ですが、いくらスープや具材が同じでも、麺が変われば味わいも変わる。この店、次にいつ行けるか分かりませんが、そのときは中華麺を試してみるのも悪くない。

2018年5月15日 (火)

古き良き響き

 オーケストラや吹奏楽団など、大人数の合奏団はしばしば、ホールを借りて練習を行います。いや、団体によってですが、いつもホールで練習出来る恵まれた団体もあれば、普段は公民館の多目的室等、おおよそ五感を音楽的に研ぎ澄ますに向かない、タダの部屋で練習する団体も多数。

P_20180513_125000この日、

我が土浦交響楽団は、

ホール練習。

思えば本番まで1ヶ月を切り、取り敢えずはカタチになっていないとダメな時期。これからの追い込みで、ディテールを詰めていきまする。

 そのホール。県内でも5本の指に入る古さ。しかしながら、古さでは恐らく勝っている土浦市民会館よりも優れている部分が! それがホールの響き。具体的には残響。残念ながら土浦市民会館大ホールは、全くもってデッドで、残響は限りなくゼロ秒に近い。

 それに比べこのホールは、左右の反響板も無いのに(ウワサによると壊れたらしい)、決して悪くない響き。この日の舞台は平面でしたが、これがちゃんとひな壇を組み、オーケストラのステージとしてきちんと整えれば、我らの音も更にイイ感じに。

 とは言え、イイ事ばかりではありませぬ。実は外の音がマル聞こえ。救急車でも通ろうものならば、かなり「!?」な事に。そこら辺が当時の設計の限界か。いや、予算内での。

2018年5月14日 (月)

ホントにコンニャク?

 山形のお土産で頂いたモノ。パッケージの台詞で、一応このカテゴリーにしましたが、このキャラって其れ系なんですか? 山形の婚活キャラとか。

Shinmenoh1 実は最近、

低糖質麺、

多くはコンニャクなんですが、

その検証をしておりまする。

このBlogにも載せた事がありますな(2018年3月12日参照)。

他にもスーパーで売っていたコンニャク麺を、自分なりのレシピで作ってみたり。そして今回の商品。なかなかです。

Shinmenoh2 まず見た目。

コンニャク麺には見えませぬ。

通常、しらたきを黄色くしたものが多いのですが、

これをパッと見で「おぉ、コンニャクかいな」と言えるヒト、殆どいないかと。更には付属のスープとかやく。よく出来ておりまする。写真はその添付していたモノのみで作った場合。まるで台湾ラーメンのような!

 そして肝心の味。インスタントとしてはかなりのクォリティ。更に麺が低糖質となれば、こんなに美味しいこたぁない。パッケージの台詞もハマってんだか無理矢理なんだか。

 余談ですが、どんぶり提供は福島のかっちゃん。合っているわ、この麺との組み合わせ。

2018年5月13日 (日)

半分、危ない。

 ゴールデンウィーク後半は信州紀行なれど、其れは大人にとっては楽しくても、子どもにとっては退屈。なのでチビ達のために近くの公園へ。

P_20180505_145556_bfその公園、

山の斜面に出来ていて、

デカい恐竜のオブジェが、

何体も置いてありました。う~む、やっぱこういう公園は斜面か...。うちの方にもある(2009年5月9日参照)。最近テレビにも出て、知名度をかなり上げた模様。

P_20180505_163514 ところでこの公園。

アスレチックがあるのですが、

30以上ある遊具の半分近くが使用禁止!

まだこうしてモノが残っているのは良い方で、もう撤去されてしまったものも...。あーあー、撤去されちまったヤツ、気になるなぁ。未だに結構好きです、こういうの。バランス系なんて得意だし。

2018年5月12日 (土)

再会:アランフェス

 演奏の仕事で方々に行っていると、「ココは客として来たいなぁ」と思う場所もしばしば。ホールだったら客席で響きを楽しみたい、ライブハウスの場合だと、ここの料理美味しそう!

Aranjues2018aここは以前、

A.R.C.のツアーで演奏させて頂きました(2016年10月17日参照)。

そしてこのときは、

賄いも頂きました(2016年10月19日参照)。

そのときから、

このお店、客として行きたい!と思い、そのチャンスを虎視眈々と。

 今年のゴールデンウィーク後半は信州は松本市~長野市。なのでお店のある上田市まで足をのばし、純粋に客として行って参りました。

Aranjues2018b ちなみにお店には、

今度行われる金庸太さんのライブ告知が。

この前のNAOTO君のときのように(2018年4月27日参照)、

いきなり行ってサプライズ!

とかやりたいところですが、

残念、その日は体が空いておりませぬ。また次の機会に。

2018年5月11日 (金)

カレーの王子

 以前行った事のあるカレー屋さんが(2014年9月5日参照)、名前が変わったらしく、当時はイマイチだったので、今度こそは!と行ってみましたが...。

Sakuralunchoffあ~ぁ、

このビミョーな英語に阻まれ、

この日はありつけませなんだ。

とは言え、「逃した魚は大きい」とは思わず、あっさり次の店へ。だってもし名前が変わっただけで、内容が前と同じだったら、マズいカレーを食わされたところ。ま、探検隊としてはそれでも一向にかまいませんが。

Princesagmatonで、次の店は、

ココからそんなに離れていない場所。

最近出来た店で、

前を通る度に気になっていました。

 土浦市と牛久市に店舗があって、自ら「王子」と名乗るあたり、自信を伺わせます(!?)。今回はマトンのほうれん草のカレー。味もイイ感じです。

 しかしアタシをその気にさせたのは、その味ではなく...!? 次回をお楽しみに。

2018年5月10日 (木)

第22回 JFC independent

 同期で大学の先生をしている友達は何人かいますが、高校からの友達となると、やはりPianoの武内俊之君かしら。現在福岡教育大学准教授。高校からずっと首席。日本音楽コンクールも1位。専攻実技のみならず、勉強も出来たし、大学の先生に最も相応しいかも。

Jfc22th_2 その武内君が出演する演奏会に、

行って参りました。

以前もそうだったのですが(2015年11月18日参照)、

啼鵬の最も敬愛する作曲の先生、

遠藤雅夫先生の作品を演奏。

今回は歌の伴奏。

 先生の作品も去る事ながら、やはり演奏家お2人も素晴らしい。武内君に関して言えば、歌との絶妙なバランス。まるで歌手が弾き語りをしているかのような息の合わせ方。流麗なアルペジオとメリハリの利いた強弱。彼の演奏を表す言葉は枚挙に暇がありませぬ。

 実はこういう伴奏、上手なピアニストならば誰にでも出来ると思ったら大間違い。多くのピアニストは、1人でのSolo演奏は滅法上手でも、伴奏となると相方の楽器をただ邪魔しているだけ、となる奏者も多々アリ。

 伴奏とか、アンサンブルに加わるというのは、自分の演奏がどうこうではなく、アンサンブル全体がどうなっているかがイチバン大事。武内君は和声学を(きちんと!)修め、作曲もするし、音楽全体を的確に見渡せる奏者です。

 芸大附属高校の公開実技試験で彼は、NAOTO君の伴奏をしたのですが、啼鵬にとっては忘れられない演奏の1つ。曲はFrank「Violin Sonata」。この作者の代表曲のみならず、Violin Sonataというジャンルを象徴するような名曲。Pianoの奏でる最初の和音からして、高校生とは思えぬ世界を醸し出し、NAOTO君の旋律を誘いました。

 次はいつかネ。福岡まで聴きに行くのは大変なんだけど、こっちに来て演奏する機会があるならば、出来るだけ聴きに行きたい。

2018年5月 9日 (水)

東美濃バスセンター

 今日のNHK連続テレビ小説。土浦市が映りました! って、何の事か分かりませんよねぇ。撮影場所に使われたのです。

Eastminobus1東美濃バスセンターですって。

いやぁ、知らない方は、

バス・ターミナルに見えますでしょうか。

コレ、土浦市の旧市庁舎。今は移転して駅前のビルに。元イトーヨーカ堂のスペース(2013年1月31日参照)。

 小高い山の上にあった市庁舎ですが、現在は映画やドラマの撮影場所として、時折使われているようです。それにしても良く作り込んでありますなぁ。ポスターや案内板等、ぬかりなく。

Eastminobus8一瞬、こういうアングルで、

遠くに筑波山が映り込んでしまうのでは!

と冷や冷やしましたが、

ンなこたぁ、ありませんわね。

 彼らの手を振る先に見えている建物。アタシがお世話になった行政書士の事務所が入っています。ちなみにココからだと、新宿へは2時間もあればお釣りがきますな。

2018年5月 8日 (火)

草間彌生展へ

 GRECOでの「華麗なる弦師たち」を終えた啼鵬。夜走りで信州は松本に向かったのですが、せっかくなので空き時間には観光を。と言いつつ、松本城はなんと140分待ち! それだと信州ジャズのリハーサルに間に合わない!

Yayoitehoってとこでコチラ。

松本市美術館で開催中の、

草間彌生展に。

運良く入館した時間は、まだそんなには混んでいませんでしたが、出る頃には外に長蛇の列。

Kusamayayoi 失礼ながら草間さんと言えば、

水玉模様しかイメージが無かったのですが、

やはり彼女クラスになれば、

それはそれは大変な道のりを経ている訳で、今回は観る事が出来てとても良かったです。

 ふとアタシの大学時代の美術学部の友達、どうしてるかナとか。恐らく音楽よりも生きていくのが大変なのでは?

2018年5月 7日 (月)

Brilliant Stringer

 2018年のゴールデンウィークも終わってしまいました。チョット振り返りますが、前半戦は東京プロムナード・フィルハーモニカーの定期演奏会(2018年4月29日参照)。平日2日をはさんで、後半戦はGRECOでの「華麗なる弦師たち」から旅へ。

Tsurushi1 今回はライブハウス企画、

「Strings Festival」という事で、

1日任された訳ですが、

以前にもこういった企画に出演させて頂きました。「GRECO 2pianos 2016」という、2台のPianoでやるライブ(2016年8月28日参照)。ただすけ君と久しぶりの「ていすけ」でしたねぇ。

 そのときもいくつか楽器を持ち込みましたが、今回も搬入していると、お店のスタッフさん「楽器、皆さんの分を持っていらしたんですか?」って、全部アタシのです。

 今回、BandoneonやPianoは、どちらかと言うと番外編。やはりStrings Fes.ですので、弦楽器が主体。啼鵬の布陣はViola,Mandolin,Ukuleleで、総弦本数は16本。妹松本民菜はViolinだったので4本、伊藤ハルトシ君はGuitarとCelloなので10本、稗田隼人君はGuitarとContrabassなので、これまた10本。全部で40本! このStirngs Fes.中、圧倒的な弦の本数で以て臨みました。

Tsurushi4 そしてこの日のスペシャル・カクテル。

名付けて「Brilliant Stringer」。

「華麗なる弦師」を強引に英訳。

...って、少々キビシイですが。

 さて、この企画を無事終えて、次に啼鵬企画としては、8月11日(土)にHybrid Quartetという、これまた楽しいコトします。乞うご期待!

2018年5月 5日 (土)

表参道芸術音楽祭2018

 表参道と言っても東京ではなく、長野県長野市。啼鵬の2018年ゴールデンウイーク後半は、GRECOのStrings Fes.に始まり(2018年5月3日参照)、信州ジャズの松本公演(2018年5月4日参照)、そして締めくくりは長野バンドネオン倶楽部の生徒さんと演奏。
 実は、昨日の信州ジャズも聴いて下さった方もいらして頂けたようで、MCで触れた甲斐もありました。
 お天気は良かったのですが、風が強く、テントが飛んでしまうのでは!? と思ってしまう程。
 お忙しい中お越し下さいましたお客様、有り難うございました。
P_20180505_110533

 

2018年5月 4日 (金)

信州ジャズ~スペシャル五重奏コンサート~

 2018年のゴールデンウィーク。後半戦2日目は信州は松本市へ。「信州ジャズ~チェロとバンドネオンを迎えて~スペシャル五重奏コンサート」に出演させて頂きました。啼鵬にとって2度目の信州ジャズは、なんと松本での凱旋公演。

Shinjamatsumotoおぉ、いきなり本拠地ですか。

しかも信州と言えば、

啼鵬にとっては人生、

抜きには語る事が出来ない地域。光栄の極み。

 本編最後に演奏した曲では、ちょっとしたトリックをやってみたのですが、分かったヒト、どれくらいいるかなぁ。ちなみにPianoの伊佐津さゆりさんは、ちゃんと分かっていらっしゃったようです。

 それにしても大ホール、大阪桐蔭かよ...。

2018年5月 3日 (木)

GRECO Strings Festival 2018 Spring

 この企画を頂いてから、2人のアーティストが浮かびました。1人はGuitarとContrabassの二刀流、稗田隼人君。そしてもう1人はGuitarとVioloncelloの二刀流、伊藤ハルトシ君。

Grecostrfes2018今更説明をするまでもないお2人ですが、

恐らくはどちらかをご存じでも、

2人とも知っている、

演奏を聞いている、

という方は少ないかと。

そこで彼らを初共演させ、この「Strings Festival」の名に相応しい、弦楽器を堪能出来るライブにしようと。

 そしてアタシの目論見は見事にハマって、ホントにあの若者たち、やってくれました。

 ゴールデンウイークの貴重なお時間を、我々のライブに割いて下さったお客様、有り難うございました。

2018年5月 2日 (水)

華麗なる弦師たち

 タイトルを考えるのに、少し時間がかかりました。「弦師」は「つるし」と読むのですが、それよりも出典が「華麗なるペテン師たち」のパクリだって分かるヒト、なかなかいないだろうなぁ。英国BBC制作のドラマで、アタシはCATVで結構観ていました。

Kimg0036明日のライブでは、

弦楽器を操る4人が、

それぞれ持ち替えながら、

恐らく9種の楽器が登場。うち7種が弦楽器。更には歌も。

 GWの後半。どうやら東京は雨模様っぽいですが、フツーに楽器を演奏する、フツーの音楽では物足りない、人間ワザの限界に挑戦する弦師たちを是非ご覧あれ。

**

  5月3日(木) 16:00 Open

  1st 17:00~/2nd 18:20~

大塚 GRECO ¥3,600(+Order)

啼鵬/松本民菜/伊藤ハルトシ/稗田隼人

**

2018年5月 1日 (火)

Oliver's Sauce

 月に1度出演させて頂いている、WALLOPの番組「Oliver's Music」で、テーマ曲に登場する「オリバーソース」。

Kimg0034ようやくゲットしました。

と言うのも、

啼鵬が通常利用しているスーパーには売っていなくて、

○○にあった!という目撃情報を元に、

そのチェーン店なら土浦にもある、

という事で買いに。

ただ写真にも写っていますが、「プロ仕様」だって。

 この「プロ仕様」という単語、使われ方によっては、かなり「!?」な感じです。「=業務用」と訳せば、例えば量の多いものは該当するでしょう。道具だったら精度の良いものとか。

 しかしこの場合、量は家庭用の他社ソースと、たいして変わりありませぬ。じゃ、味? う~む、プロの料理人が使うとなると、一般家庭ではだせない味、ですか。ちなみにお値段は100円玉2つでお釣りがきます。

 してそのお味。実のところ、買っておいて言うのもなんですが、テーホーはフライ等にソースをかける習慣がなく、下味のついている揚げ物は、たいていそのまま食べます。さすがに豚カツにはかけますが、千切りキャベツの方にはかけませぬ。目玉焼きには醤油ですし。

Oliversauce ま、今回は検証ということで。

レンコンの肉はさみ揚げと、

メカジキのフライ。

「フルーティー」とうたっているので、甘めの味です。好みが分かれるかしらね。

 揚げ物の種類によって、かけるソースを変えるヒト、っているのかどうか分かりませんが、魚系よりは肉系に合うかしら。お好み焼きにも意外といいかも。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ