最近のトラックバック

« 牛すじカレー○ー○○ | トップページ | 巨人の最期 »

2018年6月13日 (水)

巨人の4番トロンボーン

 通常の管弦楽曲にはTromboneは3パートで3人。これにTubaを加えて1つのセクションとなっております。よく吹奏楽では何人ものTromboneを見かけたりもしますが、それらも基本的には3パートしかなく、其れを何人もで(仲良く)吹いているにすぎませぬ。

 かつて啼鵬が書いた管弦楽曲で、Tromboneを4パート書いた事がありましたが、それは「せっかく4人いるので...」と言われたので書いたまで。そういう特殊な事情でもなければ、4パート以上書く事は無く、これはクラシック音楽の「交響曲」とか「管弦楽」というジャンルの伝統か。

 もちろん例外はあるのですが、その1つが今回、土浦交響楽団が演奏した例の「巨人」(2018年6月3日参照)。

Mahler1c4楽章(最終楽章)に出てきまする。

「4.Pos.」と書いてありますが、

Mahlerは楽器名や楽語をドイツ語で書くので、

「Trombone(英語)」は「Posaune」となっております。その略。

 してその役割ですが、この曲、小一時間かかる中で、4番トロンボーンはたった数分。小節数にして51小節。4楽章は731小節あって、その中で1割にも満たない数。もっと言えば曲全体で1707小節中51小節。指揮者のテンポにもよりますが、曲が始まって50分以上待って、ようやく最後の数分を一緒に吹く!

 尤もこの4番トロンボーンは、作曲者が「場合によっては、トランペット1本とトロンボーン1本を加えてもよい」としているパート。其れはHornが立ち上がって吹く部分の補強です。なので無くても良い、というかHornのみで大音量が出せるのであれば、いらないパート。写真に見える「*」はその注釈が書いてありまする。

 今回の土響は4番トロンボーンは加えました。5番トランペットは入れませんでしたが。待っているの大変だっただろうなぁ。Beethonveの「第九」みたいに、終楽章の始まる前に合唱団がゾロゾロ入ってくるのではなく、曲の最初から居るのですから。お客さんに観られながら。お疲れ様でした。

« 牛すじカレー○ー○○ | トップページ | 巨人の最期 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/66827105

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人の4番トロンボーン:

« 牛すじカレー○ー○○ | トップページ | 巨人の最期 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ