最近のトラックバック

« 十割蕎麦と納豆 | トップページ | お兄さんの店 »

2018年7月10日 (火)

山形で納豆の日

 7月10日が納豆の日だったとは。てっきり「NAOTOの日」かと。しかも全国的に決まったのは1992年の話って言うじゃない。Piazzollaの亡くなった年かぁ。関係ないケド。ちなみにAstor Piazzollaは納豆の日の6日前に亡くなりました。

 今年は仕事で山形に。ここ数年でだいぶ山形の地理にも明るくなり、どこへ行けば納豆が食べられるかと考えたところ、やっぱ蕎麦屋だろ!という事になり、テキトーに行ってみると...!?

Img_8973おいおい!

いきなりコレかぁ。

Blogネタとしては十分だけど、

今回はOOSAKI病カテゴリではなく、あくまで「納豆」。そしてたまたま店主(らしきヒト)が居て、「ココから10分ほど車で行ったところに、弟がやっている店があるよ」と教えてくれました。

 ほぅ、兄弟揃って蕎麦屋ですか。しかもそんなに遠くない場所。いくら山形が蕎麦処とは言え、ちぃと蕎麦密度、濃くないかい?

Img_8974 果たして無事、

納豆そばにありつけました。

しかもコレ、

今まで出逢った「納豆蕎麦」の中では、ベスト3に入る逸品。いや、あまり覚えていないけどイチバンかな。

 この種の「まぜ(る)そば」は、何を組み合わせるかがポイント。おっと、蕎麦が良質なのは大前提ですが。今回は挽き割り納豆の他、卵黄、大根おろし、海苔、鰹節、そして青じそ。この青じそこそがイチバンにのし上げた功労者。

 あまり無かったな、納豆蕎麦に青じそ。フツーに考えれば、納豆に青じそは珍しくも何ともありませぬ。少なくとも我ら納豆の国茨城では。しかし蕎麦となると、あまり記憶がありませぬ。意外とアナかも知れない。

 ところで今回訪れた2つの店。店名にそれぞれ「梅」と「竹」が。もしやもう1人の兄弟が「松」をやっているとか? それとも親父さんが「松」で、子ども達が「梅」と「竹」かしら。

« 十割蕎麦と納豆 | トップページ | お兄さんの店 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/66927175

この記事へのトラックバック一覧です: 山形で納豆の日:

« 十割蕎麦と納豆 | トップページ | お兄さんの店 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ