最近のトラックバック

« タンメン時代到来 | トップページ | 初代Fit »

2018年7月29日 (日)

チェロアン歌合わせ

 ここ数年、啼鵬が力を入れている事がVioloncello。東京プロムナード・フィルハーモニカーに参加したり、Cello Ensembleに参加したり。なるべくCelloを弾く機会を作り、精進しておりまする。何しろ来月にはCello Quartetのライブもやりますし!

 思えばアタシが初めてステージでCelloを弾いたのは高校生のとき。第4回アマチュア室内楽フェスティバル。当時はカザルス・ホールでやっていました。何も分からずにテキトーに弾いていましたが...。その後、本腰を入れ現在、弦楽器の中では最も弾く機会が多いかしら。先日も録音しましたし(2018年7月16日参照)。

Enstso2018 前述のCello Ensembleでは、

Villa-Lobosの名曲「Bachianas Brasileiras No.5」に取り組んでいて、

先日、歌合わせがありました。

歌姫はA.R.C.でご一緒している山下亮江さん。

 邦題「ブラジル風バッハ第5番」は、Cello Ensembleの伴奏で歌うという、珍しい編成の曲。弦楽合奏団弓組でも取り上げました。本番はまだ決まってはいないのですが、いつの日かステージで演奏するのが楽しみです。

« タンメン時代到来 | トップページ | 初代Fit »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェロアン歌合わせ:

« タンメン時代到来 | トップページ | 初代Fit »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ