« 山田武彦と東京室内歌劇場 | トップページ | カレーと映画と音楽と »

2018年7月22日 (日)

再会:和田ひできさん

 今回ご一緒させて頂いた東京室内歌劇場の皆さん。実は再会がありました。バリトン歌手の和田ひできさん。しかしながら和田さんは、アタシの事を覚えていないどころか、存在すら知らなかったでしょう。

Tso50_2 さかのぼること14年前。

我が土浦交響楽団第50回定期演奏会。

第九のソリストとして共演したのでした。

奇しくも指揮は、

今年亡くなられた久保田悠太香先生(2018年5月27日参照)。

啼鵬はこのときViolaを。

トーゼン本名で。しかも首席でも無くその他大勢。ま、よほど金髪とか見た目の特徴でもない限り、ソリストがオケマン個人を覚えているってことはないわな。

 ではアタシは何故和田さんを覚えていたかって? 一応啼鵬もオケ歴は長く、この時ですら14年。第九も何度か経験しているので、さすがにソリスト全員を覚えているって事はありませぬ。

 やはり和田さんのキャラですかね。打ち上げの宴席で彼が挨拶したのは、今でも覚えていて、話がとても面白かったです。

 残念ながら啼鵬個人は認識されていなかったですが、和田さんはこのときの第九をよく覚えていらっしゃいました。

Ogawa9このときの第九、

定期演奏会のみならず、

小川町(現・小美玉市)のイベントでも演奏。

ソリストは定期演奏会と共にオーディションで決めたのですが、

このときの協賛企業から、

参加賞が出たのでした。

 その企業とは「おかめ納豆」でお馴染み、タカノフーズ。実はこの小川町に本社工場があるのです。参加賞に納豆の詰め合わせ1箱。和田さんは「コレ、持って帰れるかなぁ」と心配していると、「オーディションの応募された住所に、クール宅急便で送っておきますので」だって。

 後にも先にも、オーディションで参加賞が出たなんて、このときくらいだったと仰っていました。確かにねぇ。

P_20180721_162347 シャンソン・コーナーでは、

仏語で「枯葉」を歌われました。

さすがフランスに留学していただけあって、

言葉から雰囲気から、チョーおフランス!

 次はどんな形で再会出来ますでしょうか。

« 山田武彦と東京室内歌劇場 | トップページ | カレーと映画と音楽と »

納豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再会:和田ひできさん:

« 山田武彦と東京室内歌劇場 | トップページ | カレーと映画と音楽と »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ