« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

とっておきのプチ音楽祭

 台風24号の影響で、前日に中止が発表された「とっておきの音楽祭 in やまがた」。しかし、せっかくこの日に向けて練習を積んできたサックス日和の面々。どうにかならないかと画策していたところ、同じとっておきの難民同士、レンタル・スペースを借りて開催する事に!

Totteokipuci こぢんまりしたこのホール、

なかなか響きも良く、

持ち時間は縮小したものの、

結果的にはとても良い演奏会になりました。

前後のグループも良い感じで盛り上がっていました。

 このステージは、とっておきの難民同士が寄り添って、新たに企画したプチ音楽祭。それとは別にサックス日和、ゲリラ豪雨もとい、ゲリラ・ライブ的に更にもう1箇所での演奏をセッティング。

 そのステージとは...!?

2018年9月29日 (土)

前日にイベント中止決定

 そこそこ長く仕事をしていますが、こういうケースは滅多にありませなんだ。台風接近のため、明日のイベント「とっておきの音楽祭 in やまがた」が中止に。そもそもそのイベント、基本野外ステージがメイン。啼鵬の出演する屋内ステージはオマケ的な扱いなので、やはり天候が悪くなると分かっていると、中止せざるを得ないのでしょう。

Mantensoba 啼鵬は山形に前入りし、

人生初の○○○を体験。

そのエピソードは後ほど。

しかしその体験を終えた頃に、

イベント中止の悲報が。

その晩は久しぶりに不健康を。と言ってもシメのラーメンではなく蕎麦を。

 さて、そのイベント中止なると、せっかく練習したアンサンブルが水の泡(2018年9月2日参照)。そこでなんですが、急きょステージをセッティング。しかも2回公演!

 1回目 13:00~ gura

 2回目 16:00~ 辻楽器店

 お時間ある方は是非。2018年のサックス日和。乞うご期待。

2018年9月28日 (金)

新たな顔ぶれ

 啼鵬の場合、割りと長くやっているグループがいくつかありまする。例えばTrianguloやViento del SurといったTangoを中心に演奏する3人組。同じくTangoではA.R.C.やTANGO OGNATは、近年始めたと言っても、意外ともう何年も経っていたり。

 そんな中、新たな顔ぶれでTangoを演奏。これは来月に行われるライブですが、リハーサルをやりました。

Hiedatangoreh新たな顔ぶれと言っても、

二刀流の稗田隼人君はお馴染み。

彼と組んで演奏活動をする、

Violinの西浦詩織嬢は初めまして。稗田君と作ったアルバムも聴かせて頂きましたが、なかなかの腕達者。

 彼女の情熱的な演奏は、Tangoにとても合うと思いました。本番が楽しみです。

2018年9月27日 (木)

またもやデータ救出

 使っていたメディアが急にアクセス不能に!という経験、あります? 啼鵬もPC歴30年の中でそういう怖い経験は何度か。つまりせっかくやった仕事が水の泡、って簡単に言いますが、例えば苦労して生み出した曲のデータが消失するってコトです。

 昔はそういうデータの復旧は不可能に近くて、諦めるしかありませんでしたが、今の時代は物理的に割れた(茨城弁でおっかけた)とか、水没とかでもなければ、救出できる事も多く、今回も業者に頼んでやって頂きました。

Crashdata 読めなくなったSDカードを預け、

救出してもらったデータは、

USBメモリで受け取るというもの。

大部分のデータが戻ってきました(涙)。

こりゃカネには替えられん。

 ところで、じゃ何故読めなくなったか。思い当たるフシがありまする。作業をしていたときに、ノートPCに体をぶつけたときに、USBに差していたカードリーダーがズレたような...。そのときでしょう、多分。

 実は業者さんにデータ救出を頼むのは、これで2回目。1回目の事もトーゼン記事にしておりまする(2012年3月30日参照)。しかもデータとしては同じもの。楽譜作成ソフトのデータなのですが、以前はCF(コンパクト・フラッシュ・メモリ)に保存。そいつが何故か破損して読めなくなり、救出してもらってSDカードに移行。そして今回の体たらく。

 あ~ぁ、ヤダなぁ。2度あることは3度ある。今後は気をつけなくては。

2018年9月26日 (水)

大首相出演

 行くまでその日の出演者が分からない、ってのもスゴイ話。

Oliversmu2018nこの日は控え室までいつもと違う!

はぁ、大首相のお越しとなれば、

テーホーに出番はありませぬ。

今まで知らなかった昔話とか、聞かせて頂きました。アタシのような凡人でさえ歴史はあるので、ましてや大首相のような方でしたら、そりゃぁもぅ。

 来月もね、お待ちしておりまする。

2018年9月25日 (火)

健康もやし

 「健康」と付くからには、このカテゴリーにしましたが、正直このもやしが、他のもやしに比べて、健康面に於いて何らかのアドバンテージがあるとは思えませぬ。

Kenkomoyashiよく行くドラッグ・ストアで買いました。

普段もやしを買うのは、

近所のスーパーなのですが、

時折このドラッグ・ストアでも。ただ、値段はフツーのより高く、それはドラッグ・ストアだからかナ、と思っていましたが...!?

 食べてみると明らかに、フツーのもやしと違う。食感が。よくよく見たら、予め髭根がとってあるではないか! 其れってかなりの手間ですぜ。結構あるんですかい? こういうもやし。少なくともテーホーが買っていたもやしは、根っ子付いているものばかり。

 そう、皆さんの家庭でしたら、ちゃぁんともやしは髭根を取って調理するでしょうけど、ウチは時間も惜しいし、別に食べられないもんじゃないので、丸ごと調理。

 当世、種の無い果物も出回っていますが、さすがにもやしで根っこや芽の無い品種なんて聞いた事がありませぬ。って事は、1本1本除去しているってコト。機械で? ま、手作業でも機械でも味は変わらないと思いますが。

 そう考えるとこのもやしは、恐ろしく安いコトになりまする。ましてや「半額」だったら尚更。

2018年9月24日 (月)

イオンモール DE プレ文化祭

 思えば啼鵬にとっては初めての演奏の場。地元土浦のイオンでの演奏。

Aeontsuchibun2018皆さんの街にもあるでしょう、

大型商業施設。

そして休日には様々なジャンルの人がやってきて、

ショーを繰り広げますが、今回啼鵬は土浦市文化協会所属の、土浦交響楽団としての出演。ちなみにこの文化協会は、詩吟、茶華道、バレエなど、ジャンル毎にいくつもの区分けがされていますが、我ら土響は「交響楽」という括り。1団体のみで。ま、他に土浦で交響楽をされている団体、ありませんもん。

Img_20180924_162320 今回はステージの広さが限られていますので、

出演人数も絞りました。

まずは土響の誇るHorn Section。

かつてはNHKにも出演した事のある部署で、現在でも吹奏楽コンクール全国大会出場経験者の割合も多く、例えるならば、草野球チームを作ってみたら、元甲子園球児だらけ...とか!?

Img_20180924_163003 そして弦楽器チームも出演。

ただこういったオープン・スペースですと、

弦楽器はキビシイ...。

生音ですし。

それでも拙作、

NHK朝ドラ「てっぱん」の曲や、比較的馴染みのある曲を演奏。12月の定期演奏会のPRにはなった事でしょう。

 三連休の最終日、お買い物中にも関わらず、足を止めて聴いて下さったお客様、有り難うございました。そして出演した土響各位、お疲れ様でした。

2018年9月23日 (日)

Wine and Music

 初めて会ったときに「何か一緒にやりましょうよ!」って意気投合(!?)してから、もう2年が経ちました(2016年10月14日参照)。

Winemusic2018今回「Wine and Music」とタイトルしたライブ。

文字通りワインを飲みながら音楽を楽しむ、

美味しさ2倍の企画でした。

そのワインも解説付き。

啼鵬はアルコールを摂取しないので、

その知識のみを「ふむふむ」と聴いていましたが、

それだけでも「おぉ!」って感じの名解説!

 演奏の方はアルゼンチン・タンゴの名曲オン・パレード。GardelからPiazzolla、お馴染みの定番曲も演奏。また今回のために書き下ろした「Madreselva」は、CelloのRicardoさんも音楽に参加した映画「Il Postino」にも使われていた曲。啼鵬のタンゴ人生で初めて演奏しました。

Winemusic2018b 2人でTangoを演奏するって、

たいていGuitarやPianoが相方、

というケースが殆どで、

近年はViolinやSaxophoneといった、

旋律楽器ともやりましたが、

今回のように旋律も低音も担当出来る楽器だと、音楽の幅もかなり広がりました。次回はいつやろうかしらね。

 お忙しい中お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2018年9月21日 (金)

思い出のテクノロジー:ポケットテレビ

 今はスマートフォンで簡単にテレビが観られる時代。今回の「ポケットテレビ」の進化形とでも言いましょうか。でも昔はこうして、専用機が売っていましたねぇ。

Casiopockettv左のはTV-6500(1992年製)、

右のはEV-200(1995年製)。

いずれもCASIO製品。

このジャンルの独壇場でしたが、それでも確かCITIZENだったか、他社も作っていたような記憶がありまする。

 この2機種、見た目の違いも去る事ながら、液晶のタイプが違うため、全く別モノと言って良いでしょう。右のはパソコンの液晶でもお馴染みTFT液晶。なのでとても見やすい、と言うより、左のLCDは正直、見にくいなんてもんじゃぁ...。

 加えてココ茨城は電波が非常に入りにくく、自宅でこれらのテレビがちゃんと観られたためしがありませぬ。ま、それはアナログ放送が終わり、ディジタル放送に切り替わっても同じで、家電量販店のポケットテレビ・コーナーには、ちゃんと「この地域では映りが良くありません」と断り書きが書いてありました。何故って?そりゃ茨城にはテレビ局が無いからです、47都道府県で唯一。

 TV-6500の方は外部入力もあり、ビデオ・カメラのモニターとしても使ったな。EV-200は秋葉原で、数千円で売られているのを見て飛びつきました。もう現行商品では無かったからでしょう。小さな画面にTFT液晶のはっきりした画像は、感動したものです。ちなみにコチラは外部入力はありませぬ。

 さすがにモニターで使う事も無いし、当然アナログ放送は終わっていますので、これらのテレビは、2度と映る事はありませんが、モバイル・ヲタクとしてはこういったマシーン、捨てるに忍びなく、部屋のオブジェとして目の保養に。

2018年9月20日 (木)

再会:みぞれラーメン

 Out of The Standardの録音を終え、シメとして訪れたラーメン屋(2018年9月17日参照)。

Gankomizoreたくさんメニューがあっても、

結局は「いつもの」って、

結構そういう方、

いらっしゃいません? 数年ぶりに食べたこの「いつもの」も、変わらず美味しかったですわ。ちなみにこのメニューは、この店の代表的なメニューではありますが、好みの分かれるラーメンで、「オレ、ダメ」って人もよく聞きまする。

Gankopeeman 今回のトピックスはコレ。

ピーマン餃子!

見た目は「ちょっと緑」ってくらいですが、

中身はかなりピーマン度が濃く、味もかなりピーマン。これはなかなか。餃子でありながら、この苦味はたまらんです。

 このピーマン餃子、「ピーマン嫌いなウチの子に...」と考えるお母さん、多分ムリ。刻んで料理に混ぜれば分からん、ってもんじゃなくて、このピーマン餃子は子どもにも分かるどころか、逆にピーマンの苦味をウリにした餃子なので。

2018年9月18日 (火)

追悼:松下功先生

 最近は有名人の逝去が多く、先生の訃報は陰に隠れてしまった感じです。東京藝大副学長で作曲家、松下功先生が亡くなられました。ちょうどOut of The Standardの録音をしていたときに飛び込んできた訃報。我らエンジニアも含めて、皆芸大出身者。驚きを隠せませんでした。66歳は若すぎます。

Membergeiko89a 芸大附属高校在学中は、

「鍵盤和声」という授業を。

ようはアナリーゼ(楽曲分析)ですが、

授業自体は堅苦しくない、(オヤジ)ギャグ連発系授業...。大学に入ると、「管弦楽概論」「管弦楽法」と2つの授業でお世話になりました。

 最後にお会いしたのは、現東京藝大学長の澤和樹先生の、還暦コンサートの打ち上げでした(2014年1月4日参照)。アタシの事を覚えていて下さって、お話しもさせて頂きましたが。

 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2018年9月17日 (月)

録音のシメ

 Out of The Standardのアルバム制作も3日目。録音としては最終日。もちろん予定曲は全て録り終えましたが、アルバム制作としてはこれからが大変。各曲の編集やら曲順決め、ジャケット・デザイン、パッケージングをどうするか、その他事務手続き関係等、販売にこぎ着けるまでには、まだまだやる事が山積。販売したらしたで、今度はツアーを組んだりネ。

Ganko_ots ま、先の事は置いておいて、

取り敢えず録音に関してはクリアした面々。

ではシメにはラーメン、

と何だかまるで飲み会の後のようなノリで、

地元有名店へ。

 何年か前にリニューアルしたこのお店。実はこのBlogのら~めんカテゴリーではお馴染み(2007年10月7日参照)。何度か登場しております。

Gankonewしかしリニューアルしてからは初めて。

こんな立派な店構えに。

また、以前はカウンター席のみだったのですが、

テーブル席もかなり増え、待合室(?)もちゃんとありまする。

 そして相変わらず人気店! 何しろ客席数が増えたにも関わらず行列、って事は相当なもんです。

 更に、進化したのは建物だけではありませぬ。店の規模も大きくなったワケですから、客さばきも今までと同じでは困ります。こちらもちゃんとしていて、スタッフも増え、我々もさして待つ事もなく、ラーメンにありつけました。

 正にOTSのレコーディングのシメに相応しい(!?)、爽快なラーメンでした。

2018年9月16日 (日)

OTS LUNCH

 我がたくみスタジオでのアルバム制作に勤しむOut of The Standardの面々。何しろフル・アルバムともなると、曲数もそれなりに必要ですし、1日では到底終わりませぬ。この3連休は、割りと早い時期にアルバム制作のためにスケジュールを押さえました。

Ushigandi1 当然アタシ以外のメンバーは、

土浦に宿泊。

食事もスタジオ周辺。

足をのばしたとしても、

そんなに遠くには行けませぬ。

 この日のランチはカレーで。そう、土浦はカレーの街! 土浦カリーマスターである啼鵬が(2010年4月13日参照)、得意げに市内のカレー屋を案内、と言いたいところですが、時間も行動範囲も限られているので、定番の店へ。

Ushigandi2 土浦市がカレーの街を標榜し始めて、

その認定メニューを出す店は、

かなり増えたのですが、

次第に淘汰されました。

この店はそんな中、

生き残った貴重な店。

 思えばOut of The Standardは、アタシ以外は大学の教授センセ(1人は准教授ですが)。お二方とも満足して頂けた模様。なによりです、アルバム制作にとっては。

2018年9月15日 (土)

OTS REC

 満を持してと言って良いでしょう。何しろ結成したのは前世紀。そろそろ20周年にもなろう3人組のOut of The Standard。とうとうアルバム制作をする事に。

Otsrec02しかも録音場所は、

我がたくみスタジオ

エンジニアさんに機材を持ち込んで頂き、

時間も気にする事なく録音を。デモ制作などは時折やりますが、アルバムの録音となると、拙作「Deja vu TV RADIO SONGS」以来(2012年10月8日参照)。

Otsrec04機材もDigital化された今、

Analog時代よりは、

かなり少なくなったようで、

コントロール・ルームにも調整卓(ミキサー)すらありませぬ。

変わらないのはマイクくらいなもんですか。

 録音は3日間。初日を無事終えました。この勢いで乗り切りたいところ。啼鵬にとっての2018年、Hybrid Quartet(2018年8月11日参照)と共に、最も大きなプロジェクトの1つ。

2018年9月14日 (金)

HOTなラーメン

 少し前に山形で食べたラーメン。

Sawabataこの店のウリは、

どうやら二郎系のスッゴイ感じのようですが、

一応これも店の名前を冠したメニュー。

味は悪くないのですが、やたらHOT

 まずコショウ。辛いのが苦手な人は、其れでNGかも。そして写真のように、レンゲにある辛味噌。ま、これは想像のつく辛さなので、見た目通り(!?)。

 更に油が表面を覆っているので、熱が逃げず食べ終わるまで熱い!

 英語では「辛い」も「熱い」もHOT。なので名前もHOTラーメンとかにしたら?

2018年9月13日 (木)

古瀬さんと出演

 久しぶりにFMうしくうれしく放送に生出演。今回はライブ告知。今月23日に、牛久市在住のチェリスト、Ricardo Cariaさんと行う「Wine and Music」のPRでした。

Furusetehoしかもですよ、

お相手は憧れの古瀬俊介さん!

20年以上前からよくラジオで、

彼の番組を聴かせて頂いておりました。今年のラジオまつりでもご一緒させて頂きましたが(2018年2月25日参照)、とうとうラジオで共演。なんてこったい。

 パーソナリティは小松みゆさん。彼女に生涯初めて「Tango」という単語を言わしめた!? いやぁ、1億円あったら是非、アルゼンチンに行って本場のTangoを聴きに行ってみて下さい。あぁ、さすがに1億円だと使い切らないか。

2018年9月12日 (水)

同じ沿線の鶏唐揚げそば

 蕎麦のトッピングは天ぷら、玉子、わかめ辺りが定番で、啼鵬の好きな山菜、きのこ、めかぶ、といったものも取りそろえている店も。あ、これらは主に、立ち食いそば系の店のハナシ。

 思えば今回の店は、初めて入店。駅はよく利用するのですが。パーク&ライドで。

Kimg0124鶏唐揚げそば。

蕎麦に唐揚げトッピングかよ!

と思われる方もいらっしゃるかと。

しかしJR常磐線我孫子駅の名物が、正に唐揚げそば。啼鵬もわざわざ下車して食べました(2018年1月30日参照)。まさか同じ沿線に、同じメニューがあるとは思いませなんだ。見た目は全然違い、こちらはインパクトはありませんが。

 蕎麦に天ぷら以外の揚げ物をトッピングする、というのは、立ち食いそば系だと、何故かコロッケが昔から定番で、ナゾの1つと言っても良いでしょう。アタシは食べませんが、意外とファンもいます。

 鶏唐揚げトッピングは何だか、蕎麦のテリトリーを広げてくれているようで、アタシは好きです。コロッケもそうなのかナ。他にも唐揚げそばを出すお店、探してみましょう。

2018年9月11日 (火)

Bandoneon y Violonchelo

 ちょうど1ヶ月前には、啼鵬人生初のチェロ四重奏をしていましたが(2018年8月11日参照)、またもやCelloと絡む演奏。

P_20180911_151000それもCelloとBandoneonのみで、

Tangoを演奏するというもの。

今までにもそういう機会はあったのですが、

それは1~2曲程度の話。今回は全編その二重奏で。と言っても、演奏時間がそんなに長いライブでは無いのですが、それでも30分ほどの演奏を。

P_20180911_150939_bf お相手はこの方。

牛久市在住のチェリスト、

Ricardo Cariaさん。

以前にもこのBlogには登場しておりまする(2017年1月18日参照)。

 思えばこのときにも「何か一緒にやろう」とか言っていたんですが、ようやく其れが実現する感じ。乞うご期待!

2018年9月10日 (月)

あずさ新型車両

 今回のSonor Clarinet Ensemble合宿で(2018年9月9日参照)、行きの特急あさまが、新型車両でした。このE353系、どうやら昨年12月にはデビューしていた模様。現時点では「あずさ」の10往復中3往復がこの車両なので、ラッキーな確率だったと言えましょう。

Kimg0125思えばあずさ号、

啼鵬が長野県に行く際には、

中信地区(松本市、塩尻市等)へは勿論のこと、

南信地区(飯田市等)に行くにも乗る車両。北信地区(長野市、上田市等)に行く北陸新幹線と共に、最も乗っている車両かも知れませぬ。

P_20180908_131043 今回の新調で、

紫色の外観よりも大きな変化は、

やはり各席にコンセントが付いた事でしょう。

ま、テーホーの場合は其れのお陰で、PCでもって仕事をする訳ですが、さすがに車両の揺れまでは変わらず。いや、数値レベルでは変わっているんですかい?

2018年9月 9日 (日)

Sonor第18回定期に向けて

 今年もこの季節がやってきました。Sonor Clarinet Ensembleの合宿。

P_20180908_165200本番は12月でまだまだ先。

なので曲目も全然出揃ってはいないのですが、

やはり団の結束を図るためにも、

合宿は欠かせないのでしょう。

こうして食事の支度も、

もはや心象風景!?

今年も定番メニューを作っていました。

 演奏会で何の曲をやるかというのは、どの団体も悩むところ。今回はSonor定期、18回目にして新たな挑戦。「そう言えば、こういう曲、やっていなかった!」という事で、新たな領域にチャレンジします。乞うご期待!

2018年9月 8日 (土)

おぎのやのカレーパン

 あの峠の釜めし、おぎのやでカレーパンを作っているという事ではないと思いますが、長野ICを下りてすぐのおぎのやで、カレーパンがありました。

Oginoyacurrypan カレーパンは、

基本的には皆同じ。

なので中のカレーをいかに凝るか。

というところで差をつける店が多い事でしょう。

しかしこのカレーパン、

中のカレーよりも、パンの部分に特化しているようで、とてもモチモチ。これは逆に良い感じでした。

 このリハーサルでは二刀流の若者と一緒だった訳ですが(2018年9月5日参照)、食事も若い者には負けられんと、アタシもセット・メニューを。

P_20180905_113119釜飯ときのこ蕎麦のセット。

んま、これくらいならば、

まだまだイケそうなんですが、

やはりラーメンに餃子、ライスとか、

中華系のセット・メニューだとちょっと。

おっと、このセット・メニューの他に、

先のカレーパンを食べたので、やっぱ食い過ぎか。

 若いもんと張り合う前に、自分のカラダの事を心配せにゃ。

2018年9月 7日 (金)

スリランカカレーラーメン

 通りかかったお店に、デカデカと看板が掲げてあって、其れが目に入ったので、店にも入ってみました。

Srilankacurryramenスリランカカレーラーメン。

カレーラーメンの中でも、

「スリランカ」ですぜ。

 実はこの店から車で20分ほどの場所に、王子が絶賛するスリランカ・カレー専門店もあり、「スリランカ」という冠に関しては、そう珍しくはないのですが、テーホークラスですと、この商品がどれくらいのスリランカ度なのかは、分かりかねまする。

 ところで、せっかくBlog記事にするなら、そのデカい看板の写真も載せなくては!と思いつつ、なかなかカメラに収める機会を得ず、そうしているうちにその看板、撤去されていました。まさかこのメニューも消滅しているんじゃ...。

 心配なのでまた行きます。ポイント・カードも作ってしまったし。

2018年9月 5日 (水)

Clarinete y Guitarra

 昨年もお手伝いさせて頂いた、長野市在住のClarinet奏者、傳田高廣さんのリサイタル。今年も関わらせて頂くのですが、今回はGuitarとContrabassの二刀流、稗田隼人君を誘い、一気に彩り豊かなプログラムに。

Dendareh2018a 茨城から我ら2人、

長野まで出かけて行き、

リハーサルに参加してきました。

これまでの伴奏は専らPianoだった訳ですが、Guitarで伴奏する曲も加わり、プログラムとしてもメリハリのある感じに。聞けば傳田さん、スイスに留学時代は、周りにギタリストが結構いたようで、取り分け原善伸さんとは親しかったようです。懐かしいなぁ、清里でご一緒しました、原先生。

 さて、傳田さんのリサイタル、11月の本番が楽しみです。乞うご期待。

2018年9月 4日 (火)

再会:関美奈子先輩

 高校に入学したときに1つ上の先輩。しかも作曲科。ま、師匠が違ったので、直系の後輩という事ではありませんが、それでも同じ作曲科なので、和声の試験は一緒の部屋で受けましたし、何かと仲良しでした。

Sekiteho2 そんな関美奈子先輩!

お仕事でご一緒出来るとは。

恐らく20年ぶりくらいにお目にかかりました。

大昔になおていライブを聴きに来て下さったので。相変わらずカッチョイーなぁ。

 NAOTO君からは、時折関さんの事は聞いていました。今回彼女は、編曲者と現場ディレクターというポジション。テキパキとした仕事運びで、アタシのBandoneonの録音、あっという間に終わりました。

 有り難うございました。またいつかご一緒出来る日を楽しみに。

2018年9月 3日 (月)

辛味噌ラーメンのスタイル

 駅の近くなので、よく前を通りました。恐らく、アタシがこのお店を知ったのは、ここの店舗が初めてかと。その後、お土産品を買い、ようやく本店へ(2018年7月13日参照)。

Img_9926しかし、

少し前にこの店舗、

グループから外されているんですわ。

どんないきさつがあったのかは分かりませんが、

それでも店名は変わらず、

今でもこうして営業。何となく暖簾が新しくなったような...。

 果たして入ってみると、日曜日だったせいか、いや日曜日なのにか、客が全然いない! 後から4人組が入ってきましたが、昼時にしてはちーと寂しい感じ。

 テーブル席とカウンター席がありますが、テーブル席の椅子がマチマチ。リビングにあるようなものから、丸椅子、こんなのどこで使う!って色のパイプ椅子など、色々なところからかき集めてきたのかナ。

Img_9925そして問題のラーメン。

看板メニューの辛味噌ですが、

味噌自体はちょっとウスい。

なので早々辛い味噌を溶かしました。ん?この状況、どこかで...!?

 以前食べた辛味噌ラーメンも、味噌自体はウスくて、辛味噌を溶かして丁度良くなったと(2017年4月15日参照)。そういうもんなんですかねぇ。辛味噌ラーメンって。

 ちなみに探検隊がよく行く店の辛味噌ラーメンは、後から溶かすスタイルではなく、最初から辛い味噌で味付けしてあります。

2018年9月 2日 (日)

夏休み最後のサックス日和

 啼鵬の住む関東は、夏休みが8月31日まで。近年、土曜日も休みになったので、今年は9月2日まで夏休み! 何かスッゴく得したような感じ。...って、チビ達の話ですが。社会人の、しかも自営業のアタシには、夏休みも冬休みもありませぬ。トーゼン春休みも。
 そしてココ、山形に来てみれば、もうとっくに2学期が始まってるって言うじゃない。サックス日和も夏休み最後ではなく、2学期最初のってとこですか。
 今日は曲も揃い、楽器も(?)揃い、代役をたてたはずの奏者も、本人が現れたり、充実したリハーサルを。本番が楽しみ。ですが、その本番日までには、重要な案件が!?
Img_9929


« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ