« 再会:みぞれラーメン | トップページ | Wine and Music »

2018年9月21日 (金)

思い出のテクノロジー:ポケットテレビ

 今はスマートフォンで簡単にテレビが観られる時代。今回の「ポケットテレビ」の進化形とでも言いましょうか。でも昔はこうして、専用機が売っていましたねぇ。

Casiopockettv左のはTV-6500(1992年製)、

右のはEV-200(1995年製)。

いずれもCASIO製品。

このジャンルの独壇場でしたが、それでも確かCITIZENだったか、他社も作っていたような記憶がありまする。

 この2機種、見た目の違いも去る事ながら、液晶のタイプが違うため、全く別モノと言って良いでしょう。右のはパソコンの液晶でもお馴染みTFT液晶。なのでとても見やすい、と言うより、左のLCDは正直、見にくいなんてもんじゃぁ...。

 加えてココ茨城は電波が非常に入りにくく、自宅でこれらのテレビがちゃんと観られたためしがありませぬ。ま、それはアナログ放送が終わり、ディジタル放送に切り替わっても同じで、家電量販店のポケットテレビ・コーナーには、ちゃんと「この地域では映りが良くありません」と断り書きが書いてありました。何故って?そりゃ茨城にはテレビ局が無いからです、47都道府県で唯一。

 TV-6500の方は外部入力もあり、ビデオ・カメラのモニターとしても使ったな。EV-200は秋葉原で、数千円で売られているのを見て飛びつきました。もう現行商品では無かったからでしょう。小さな画面にTFT液晶のはっきりした画像は、感動したものです。ちなみにコチラは外部入力はありませぬ。

 さすがにモニターで使う事も無いし、当然アナログ放送は終わっていますので、これらのテレビは、2度と映る事はありませんが、モバイル・ヲタクとしてはこういったマシーン、捨てるに忍びなく、部屋のオブジェとして目の保養に。

« 再会:みぞれラーメン | トップページ | Wine and Music »

Audio Visual」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出のテクノロジー:ポケットテレビ:

« 再会:みぞれラーメン | トップページ | Wine and Music »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ