最近のトラックバック

« トラックポイント&タッチパッド | トップページ | 権堂の夜 »

2018年10月31日 (水)

三好徹著:三国志傑物伝

 近年は「れきじょ」などと、俄歴史ヲタク女子なども出現しているようですが、それも古いハナシ。その彼女達、今はナニに興味が向いているんでしょ。

 啼鵬は大の歴史好き。読書本の多くは歴史小説ですし、テレビ番組も歴史を扱ったものを、幼い頃より観ていました。中でもハマッたのが「三国志」。これは初めて触れたのがNHK人形劇(2010年9月1日参照)。それからというもの、三国志関連の文献は、かなり読みましたねぇ。

3gokushiketsu そんな啼鵬が、

近年たまたま古本屋で見つけた三国志モノ。

三好徹氏の「三国志傑物伝」。

24人の人物が解説されていますが、

どちらかというと、

主役級でない人物の割合が多く、スピンオフ的な部分や、主役級人物の意外な面を取り上げたり。そこからの切り口が非常に面白い。

 アタシもあっという間に読み終わり、三好氏の別の三国志関連の著書を買いあさる入り口となりました。三国志をザッと分かっている人には、とてもお奨めの1冊。

« トラックポイント&タッチパッド | トップページ | 権堂の夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/67333337

この記事へのトラックバック一覧です: 三好徹著:三国志傑物伝:

« トラックポイント&タッチパッド | トップページ | 権堂の夜 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ