« 再会:新井光子さん | トップページ | OTS REC Meeting »

2018年11月11日 (日)

4回目の共演に向けて

 前回の共演が2014年の、第20回定期演奏会(2014年2月23日参照)。しかもそのときは、どちらかというとPianoに重点がおかれました。何しろ「Rhapsody in Blue」の他、Pianoをフィーチャーした「along with you」もやりました。

 そのEnsemble Flaviaとの4回目の共演。こうして共演回数が多いと、同じ事をするワケにはいきませんので、毎回いろいろと趣向を変えておりまする。前回のようにピアニスト啼鵬として共演したり、その前は「運命の再会」(2011年2月21日参照)。そう、アタシ自ら指揮をした委嘱初演。その後1ヶ月もしないうちに、まさか日本がとんでもない運命になろうとは...。

Flavia2018a 今回も色々やります!

まずは幻の~!?

そう、書いたままずっと初演されずにあった曲。

今回の啼鵬的目玉商品です。本番は来年2月10日。とても楽しみです。

« 再会:新井光子さん | トップページ | OTS REC Meeting »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4回目の共演に向けて:

« 再会:新井光子さん | トップページ | OTS REC Meeting »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ