« 再会:新垣勉さん | トップページ | 平成最後の年明け »

2018年12月31日 (月)

平成最後の年越しそば

 平成最後の大晦日に、FMうしくうれしく放送で特別番組がオン・エア。今年9月23日に行われた「Wine and Music」の模様を(2018年9月23日参照)、前後に解説を付けて番組にしたのですが、自分で聴いてみると、とんでもないミスを!

 何をミスしたかって、フツーにラジオを聴いている人には、誰が喋っているのか分からん。そう、番組が始まって名を名乗らずにずっと喋ってしまったのよ。そしてライブの模様を終え、そこからエンディングまでのMCも、結局名乗ること無く...。あ~ぁ、何てこったい。ラジオなので字幕が出るワケも無し。

 2018年の啼鵬の活動に於いて、ラジオは非常に大きな部分を占めていましたが、最後の最後でねぇ。

Imonisoba そんな放送事故にもめげず、

年越しそばは芋煮仕立てで。

しかしながらコレも失敗作。

使い慣れない鍋で茹でたものだから、茹で斑とでも言いましょうか、柔らかいところと硬いところが出来てしまい、イマイチ。

 今年の大晦日は、久しぶりに自宅で。良い洗剤に巡り会い、キッチン周りの大掃除をした結果が良かっただけに、芋煮の失敗はなぁ。

 2019年はどんな年になるんだろ。皆様にとって良い年になりますように。今年もBlogを読んで下さり、有り難うございました。

« 再会:新垣勉さん | トップページ | 平成最後の年明け »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ミスしたと言えば、10月15日のブログ返信で、崎陽軒の創業者は国鉄の横浜駅長と言ったのですが、正しくは京浜急行電鉄の横浜駅長でした。
やはりあの時代に国の企業へ勤めていた方が、思いつくわけないかもしれませんね。

なかなか言い出せなかったのですが、ちょうどミス繫がりなので、都合よくカミングアウトしてしまいました。

> 語る会さん
 ありゃ、そうでしたか。でも民間とは言え、アイディアマンの駅長さんは素晴らしい。今で言えば公募で選ばれた鉄道会社の社長とか。
 ところで崎陽軒。先日初めて、弁当でないシューマイそのものを食べました。チョー美味しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成最後の年越しそば:

« 再会:新垣勉さん | トップページ | 平成最後の年明け »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ