« 再会:カール | トップページ | 2019年宮崎入り »

2019年1月31日 (木)

荒磯親方初出勤

 今月、現役生活に幕を下ろした、元横綱稀勢の里。

Araiso1荒磯親方としての、

第二の人生をスタートさせた模様。

いや、

相撲人生を第二とすれば、もう第三の人生ですか。

 現役で横綱まで上り詰めた人も、親方となれば一兵卒から。本場所中はフツーに警備でロビーに立っていたりなんて、ハナシを聞きます。

Araiso2 稀勢の里関の親方、

鳴戸親方こと隆の里は、

おしん横綱と呼ばれた苦労人。

稀勢の里関も力士生活序盤から中盤は順風満帆でしたが、大関から横綱にかけては大変な苦労をされました。その苦しさの分かる親方として、今度は弟子を育てる側に。

 一茨城県民として応援しております。

« 再会:カール | トップページ | 2019年宮崎入り »

我が街“茨城”」カテゴリの記事

コメント

関取としての現役生活は終わりましたが、まだまだ相撲人生は続きます。
次は、第二の稀勢の里が誕生すると良いですね。
行司の方は、代々名前を継ぎますが、関取はなかなか2代目3代目と続くことはありません。
一代限りで終わらせることなく、これはという逸材ならば、2代目とかを名乗ってほしいですよね。(まあ、名乗る側は、相当なプレッシャーかもしれませんが…。例えば、二代目千代の富士とか、二代目大鵬とか…。)

> 語る会さん
 確かに。二代目稀勢の里、誕生して欲しいものです。
 綱取りを成し遂げた稀勢の里関。今度は嫁取りですかねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒磯親方初出勤:

« 再会:カール | トップページ | 2019年宮崎入り »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ