« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月28日 (木)

まんぷくラーメン

 好評を博しているNHK連続テレビ小説「まんぷく」も、残すところ1ヶ月。観ていると、多くの人がそう思うのでしょう。

Manpukuramenアタシも買ってしまいました。

ホントは限定の、

復刻パッケージのヤツが欲しかった...。

 ちなみに啼鵬が安藤百福の名前を知ったのは、小学生のとき。学研から出ていた「物事のはじめはじめ事典」みたいなタイトルの本を買って貰い、その中に様々な事象の祖が載っていました。漫画仕立てで書いてあり、小学生には読みやすく、その種の知識を得るのが大好きだったテーホー少年は、その後の雑学王への道へ。

 大河ドラマ「いだてん」の主人公、金栗四三の事も載っていて、オリンピックでのエピソードも綴られていました。こちらは低視聴率で元気のないドラマになっていますが、啼鵬個人にとっては、小学生のときからの馴染みの偉人なので、毎週とぉっても楽しみなんですよ。

2019年2月26日 (火)

音楽の都のSaxophone

 少し前の新聞広告。航空会社のものなのですが、分かっている人が見たら「ぷっ!」って感じの写真。

Mysymphony まぁ、色々ツッコミどころはあるんです。

O脚のViolin奏者のシャツが何故inなのか、

とか。

んで、最大のツッコミどころはSaxophone奏者の手。

 ウィーンは何百年も前から、そう、Mozartの御世から音楽の都。のみならず、例えばウィーン・フィルハーモニー管弦楽団なんて、世界的なオーケストラだって事はシロートでも知っています。

 そんな地域ですが、ではSaxophoneにとってみるとどうかって。ベルギー人、Adolphe Saxによって考案された楽器で、やはりフランス語圏で発展してきた楽器。残念ながらドイツ語圏での著名な奏者とか、この楽器を用いた作曲家とか、思い当たるヒト...。すみませぬ、テーホーだと分かりませぬ。

 でも、だからと言って航空会社の広告写真、こんなんでいいのかなぁ。それともまさか、こんな楽器!? Vienna Systemとかいう。

2019年2月25日 (月)

凄いオマケ

 そもそも高級志向ではない啼鵬。ボンビーな庶民派音楽家ってコトもありますが、こんなお肉は、滅多にお目にかかりませぬ。

Asahiomakegyuそしてコイツをどうやって手に入れたかって、

このカテゴリーから想像して頂けますか。

家屋の修理をしたキャンペーン!

一定額以上の工事だとオマケで付いてくるんだそうな。

 実はこの恩恵を受けるのは2回目。同じ業者さんでしたが、最初の工事のときには餃子を頂きました。何十個も。その工事の際見つかった、別の部分の不具合も修復する事になり、また餃子を頂いても良かったのですが、今回はこのお肉。

 「オマケ」って、お客を釣るものだと思うのですが、今回は後から知った次第。尤も改築ならともかく、修復の場合は「このオマケが貰えるなら、ココ修理しよう」なんて発想は無いかと。

 取り敢えず美味しく頂きました。

2019年2月24日 (日)

TPP2019年本格参戦

 TPPと言っても、環太平洋パートナーシップ協定ではありませぬ。啼鵬が参加しているオーケストラ、東京プロナード・フィルハーモニカー。立ち上げ時にはViolaで参加し(2009年2月9日参照)、第2回はContrabassで(2010年2月21日参照)、3回目以降はCelloで。

 今年になって一度練習には参加しているのですが、それは弦楽器のみの分奏(2019年1月20日参照)。今回は、ようやく全体練習に参加する事が出来ました。

Tpp20th2 前回の弦分奏のときにも書きましたが、

今回のWagner特集。

とにかく弦楽器はムズカシイ。

Celloだってこれでもかっ!ってくらいたくさん音符が書いてあって、こりゃWagnerだから許されるんだ、テーホーが書いたら誰も弾いてくれん、と思いながら弾いておりまする。

 そう、楽譜はシンプルが一番。と言いつつ、シンプルな楽譜は、それはそれでムズカシイんだけど。

2019年2月23日 (土)

立ち食いそば大図鑑

 凄い本に巡り会いました。しかも地元最寄り駅前にある、小さな書店で。正直その書店、流行っているとは言い難く、品揃えもお世辞にも豊富とは言えませぬ。一度入ろうもんなら、何も買わずに出るのが苦になるような感じ...。

Tachisobazukan まぁ、ひまつぶしで入ったのですが、

まさかこんなテーホー好みの本があろうとは。

立ち食いそば好きとは言え、

結局は大手チェーン店に入る事も多く、

啼鵬の入った事のあるお店は、

この本には僅か数店。例のカレーの店とか(2018年12月8日参照)。

 とにかく著者さん達の取材力に感服。この本持って、日がな一日食べ歩きたいくらいですわ。

2019年2月22日 (金)

まずいもの探検記【牛もつ味噌ラーメン】

 先月から期間限定メニューとして始まっているメニュー。正直、食指は動きませなんだ。何故ならば、今回のメニューは二番煎じ。2年前にも同様のメニューが(2016年3月20日参照)。

Yamagyumotsu2 とは言え、

出す側も其れでは申し訳ないと思ったのか、

メニュー名には「牛」と冠に。

じゃ、2年前は牛もつじゃ無かった?

ンなコトもあるまいに。

一般的に「もつ」と言ったら牛もつっしょ。

 今や期間限定メニューでも無いと足を運ばなくなりましたが、ならば新しい店舗でも開拓したいところ。茨城県内だけでもまだ制覇していない店舗もあるし。ま、そのときは期間限定メニューじゃなくて、レギュラー・メニューでレポートをするかネ。

Yamagyumotsu1 ちなみに味玉トッピングは、

JAF会員の優待で。

さすがに2年前の味を明瞭に覚えているワケではありませんが、

たいして変わったとは思えませぬ。

しかしながら、

今日だけの印象で言えば、少し洗練されたか、それとも熟成(味じゃなくてアイディアが)されたか。麺は相変わらずのバター・プリッツ麺ですが、味噌スープはまぁ...。それとも濃い味に騙されているだけか。

 ちなみに隣のジィさんも同じものを食べていましたが、アタシは脂少なめ。ジィさんはフツー。何となく「負けたっ!」って思うのは、まだ若い証拠か。

2019年2月21日 (木)

ファミマ土浦大志戸店オープン

 土浦市大志戸というと、かなり北。我が家も土浦市北部にありますが、更に奥まったイメージ。

Famimaohshido1そこに新たにコンビニがオープン。

地図を見て何となく場所を確認。

朝日トンネルの手前かぁ。

割引券もあるし、

こういうときでも無いと行かないので、

早速物見遊山で行く事に。

 果たして到着すると、思っていた場所よりも随分手前。ま、それはイイとして店内へ。

Famimaohshido2しかしよくよく考えてみると、

この交差点、

はす向かいにファミマ無かったっけ?

以前に買いに来た記憶が蘇ってきました。

Famimaohshido3 あった。

今はからっぽ。

その店舗がこちらに移った!?

 こういうのって、セブンイレブンでよく見かけるのですが、今まであった店舗が急に閉店して、道路の向かいに新たにオープンしたり。ナニかそういうシステムなんですか?

2019年2月20日 (水)

曹操の墓から

 こういうニュースは、啼鵬をワクワクさせまする。

Sousouhaka大の歴史好き、

中でも「三国志」は、

三度のメシと同じくらい好き。

その三国志のメイン・キャストの1人、曹操の墓から、世界最古とされる白磁が出土。そもそも10年ほど前に曹操の墓が見つかったってのも、当時は「うぉーっ!」って感じだったのですが。

 白磁は隋の時代に誕生したと考えられていたので、そこから300年以上も前に白磁があった事に。これは大変なコトですよ。歴史が塗り替えられる!?

 この時代の中国、日本で言えば弥生時代ですが、文明の面でも相当進んでいます。其れを更に証明するような発見ですわ。

2019年2月19日 (火)

唐揚げ専門店時代到来

 ここ10年くらいでしょうか、やたらインド人(ぽい人も)のやっているカレー屋さんが増えました。恐らく首都圏だけではなく、全国的にも。そして最近目につくのが、唐揚げ専門店。

 これも全国的なのでしょうか。少なくとも啼鵬の住む地域には、小さな店舗から元コンビニ、元ラーメン屋、みたいな居抜きまで、かなり増えておりまする。

Karamaru 試しに買ってみましたが、

まぁ、スーパーのお惣菜よりも高い。

しかし高いだけのコトはあって、

とても美味しい。

まず肉がデカい。

そして柔らかい。味もよくしみている。

 当然、それら増えている唐揚げ専門店は、全て同じ店ではないので、味の違いもありましょう。ただなぁ...、この年になってくると、揚げ物は昔ほどは食べられぬ。

2019年2月18日 (月)

民泊初体験

 またまたハナシは宮崎滞在時。今回2つ目の本番だった西都市にある、宮崎県立西都原考古博物館でのイベント(2019年2月3日参照)。この前日には、今割りと話題になっている宿泊施設、「民泊」というカテゴリーに入る宿に泊まりました。

Saitomiyako2 本番日の会場入り時間が、

割りと早い時間だったという事もあるのですが、

何しろ野球のキャンプと重なっていましたし、

逆にこれは良かったかと。ちなみに入り時間は朝9:00。10:00から考古博物館が開館し、一般のお客様がいらっしゃるので、その前に会場セッティングと軽いリハーサル。

Saitomiyako3_2 その会場入りの前には、

当然、朝ご飯を。

ここの宿には2食付いているのですが、

前の晩は親睦会もあり、

宮崎市内で会食。

なのでこの朝食だけが唯一頂いたお食事。基本的には奥様が料理をされていましたが、ご主人様が作られた自家製野菜もあったり。朝ご飯でしたが、内容的にはディナー!

Saitomiyako1 その朝食のおかげで、

金庸太さんと啼鵬、

本番に臨む事が出来たのですが、

宿のご夫妻も聴きに来て下さいました。そう、つまり新曲の世界初演にも立ち会って下さったってコト。

 我々のお世話、有り難うございました。この場を借りて。

2019年2月16日 (土)

続:お土産用お好み焼き

 続編と言っても、前回は8年前(2011年1月6日参照)。

Miyageyaki4今回も家人が買ってきたお土産品。

ですが、前回と大きく違うのは、

生地がちゃんと粉であるコト。

前回はまるで春巻きの皮みたいな感じの、ペラペラの生地が付属。まぁ、メーカーが違うからですかネ。

Miyageyaki3 やはり粉を水で溶いての方が断然、

らしく見えますわ。

それにしてもやはり、

家庭用ホットプレートだと狭い。そう言えば最近、地元のホームセンターで、ワイド・タイプのホットプレートが売っていて、一瞬購入を考えたりもしました。

Miyageyaki1 自宅で広島のお好み焼きを焼くのは、

もう何度か経験しているので、

それなりに要領を得た感じですが、

経験の少なさで技術的にはまだまだ。ま、朝ドラ「てっぱん」が放送されていた頃に比べれば、全然進歩していますがね(2010年11月3日参照)。

Miyageyaki2 ちなみにもやしは、

気にしていなかったのですが、

髭根がとってあるタイプでした。

以前Blogにも書きましたが(2018年9月25日参照)、コレとは違うもの。意外とあるんですねぇ、最初から髭根がとってあるもやし。

 ンで、味の方。まぁ、素人が焼くので、いくら付属のレシピ通りにやっても、なかなかねぇ。同じネタとシャリを使えば、職人さんが握っても啼鵬が握っても、同じ味の寿司!なんて考えられないのと同じ。

 あとは自分で焼いた、という楽しみですか。まるで小学生の調理実習だにゃ、こりゃ。

2019年2月15日 (金)

値上げカレー

 ハナシは今月初めの宮崎滞在。ちょうど野球のキャンプと重なったために、宿をとるのがとぉっても大変だった模様。自分でとったのではないのですが、以前にも泊まった事のあるホテル。チェックイン時に支払いをしたのですが、2人分?と勘違いするくらいの高額!

Greenhotelcurry で、ここのホテルの朝食は、

カレーがありました。

しかしコレ、

以前泊まったときは無料だったような...。

今回は¥400。

自分でよそるので量も決められるし、(常識の範囲内で)お替わりも出来るでしょうから、安いっちゃぁ安いんですが、昔無料だった事を考えると、う~む。

 次に泊まったときは無料になってたりして...!?

2019年2月14日 (木)

平成最後のSt.Valentine's Day

 人生のモテ期が中学時代だったテーホーは、このSt.Valentine's Dayにはとんと縁が無く、じゃ其の中学時代はどうだったかって、チョコ禁止学校だったので、貰えるワケも無く。近年はファンの方から頂く事もありますが、2月14日近辺にライブが無ければ、其れもナシ。おっと、毎年遠方より送って下さる方が唯一...。

Fmuuvalentin で、今年はと言うと、

たまたまレッスンがあった生徒さんや、

FMうしくうれしく放送の収録があったりで、

気を遣って下さる方々から色々。局では憧れの古瀬俊介さん(2018年2月25日参照)に会えたので、ありゃ、チョコをプレゼントしたかった...と後悔。

 ンなワケで、手元には1年分のチョコが集まったワケですが、何故カテゴリーがOOSAKI病か。家庭ではアタシ以外みんな女子。今日はせっかくなんで、お父ちゃんの好きなお店でディナーをって。かと言って探検隊の行くような店には連れて行けず。

 そこで家族が喜びそうな店をチョイスすると、予約の電話をしても出ない。調べると何と、店主が入院! じゃ、次の候補店に行ってみると、看板が白くなっていて、建物は空っぽ! え?店のサイトには閉店したとはアナウンスされてないのに。

P_20190214_190057 ようやく馴染みのジンギスカンの店へ。

ここも第2候補ではあったのですがネ。

平成最後のSt.Valentine's Dayで、

まさか病状に悩まされるとは。

2019年2月13日 (水)

続:無糖だけど

 懐かしいものを見つけました。以前とは違う商品ですが、ミルクは入っているけど、砂糖の入っていない缶コーヒー。あのときは熱く語りましたわ(2010年8月20日参照)。

Milkcoffee 少々周りを見渡すと、

「アタシ、コーヒーにはミルクしか入れないケド」

という人もちらほら。

へば、ニーズはあるって事だな。

 今回は啼鵬が缶コーヒーの中では、よく飲むメーカー製。でもそれはブラックでのハナシ。なんかなぁ、やっぱり味の決め手に欠ける感じ。「砂糖を入れてません!」じゃなくて、「砂糖入れるの忘れました」って印象。

 また他社も出すでしょうから、そのときに期待。探検隊的には逸品よ。

2019年2月12日 (火)

ようやく気付いた再会

 Ensemble Flaviaとの4回目の共演を果たした啼鵬(2019年2月11日参照)。共演団体とは合宿を共にする事も少なくないのですが、そこで発覚した事実。

 団員同士の何気ない会話の中で、Hornの団員が別のオーケストラに参加している事が分かったのですが、そのオケがなんと、東京プロムナード・フィルハーモニカー! そう、啼鵬がCelloを弾いているオケ。聞けば2014年からのっているって言うじゃない!! 途中ブランクはあるものの、既に5年前から同じオケにのっていたとは。

 なして気付かなかった? ムリもない。アタシは東京プロム・フィルでは一弦楽器奏者。数人には正体はバレていますが、基本、本名で参加しているし。

Flavia25th07 では次は4月21日。

文京シビックホールで一緒に本番。

角笛のTK。

その前に練習で会うね。

2019年2月11日 (月)

吹奏楽団アンサンブル・フラヴィア第25回定期演奏会

 前回の共演が5年前(2014年2月22日参照)。今回4度目の共演となるEnsemble Flavia。前回は啼鵬的無謀に挑戦。なんとPianoのソリストとして「Rhapsody in Blue」を! 今から思えば良くやったなぁ、という感じ。

 して、今回の目玉商品と言えば、海上自衛隊大湊音楽隊からの委嘱作品の世界初演。2002年に完成するも、初演の機会が無く、今回は啼鵬のわがままでEnsemble Flaviaに初演を依頼。

Flavia25th 他には「ブエノスアイレスの四季」。

Bandoneon Soloをフィーチャーして、

春夏秋冬をメドレーにしましたが、

これまで使っていた編曲を改め、

今回のために新たに編曲。

順番も今までの版では春~夏~秋~冬でしたが、

今回は最初に作られた夏を最初にして、秋~冬~春とつなげました。言ってみればこちらも世界初演。

 共演も4回目となると、お互い慣れてくる部分もあります。啼鵬の音楽的要望が、言葉でなくても伝わったり。また敢えて限界値を要求しても、其れにちゃんと応えてくれるバンドでもあります。

Flavia25th04 そのバンドを指揮したマエストロ、

福西一輝さん。

啼鵬を取り巻くClassic博士の四天王の1人。

世界初演という重責を担って下さり、本当に有り難うございました。そしてEnsemble Flaviaの皆さん、「運命の再会」に続き(2011年2月21日参照)、2度目の啼鵬作品世界初演、有り難うございました。

 また、お忙しい中、足をお運び頂いたお客様、有り難うございました。

2019年2月 9日 (土)

5年前と同じ組み合わせ

 昨晩の気象予報で、関東は大雪になる(と言っても数cmですが)と。なので色々と周到に準備を。何しろ埼玉県と茨城県をまたぐダブル・ヘッダーをしなくてはならないので。

Snow20190209 まずは楽器を積んで車でつくば駅へ。

朝の雪はこんなもんでした。

これから酷くなるんだろうと覚悟し、

埼玉県は川口へ。本当は車で移動したいところですが、何しろ雪ですので、用心して鉄道、それも滅多に止まらないTXで。ちなみに、昨年の台風騒ぎのときも、通常運行でした。

P_20190209_092743 列車は特に遅れも無く、

無事リハーサル会場へ。

明日本番を迎えるEnsemble Flaviaとの最終リハーサル。

 午前中いっぱい、リハーサルをすると、今度はつくばへ。指導している弦楽合奏団、ガマムジカ・アンサンブルの本番へ。こちらは今日が本番なので、当然午前中はリハーサル。そちらには参加出来ませんでしたが、本番には間に合うので。

 ...ってここで思い出す事が! 5年前の大雪騒動。このときもEnsemble Flaviaとガマムジカをハシゴしているんですよ(2014年2月9日参照)。このときはかなりの大雪で、よくもまぁ、愛車HONDA HR-Vで往復したもんです。ノーマル・タイヤで。

Gama2019winter しかも前回は「聴くため」。

今回は「演奏に加わるため」。

そして今日は思った程の積雪は無く、

全く問題無く移動も出来ました。

ちなみにガマムジカの方は、

雪予報を受けて、

演奏会開催をどうするか、まで検討したようです。お足元の悪い中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

 問題は明日だな。この雪の状態がどうなるか...。筆を置いてから17年経ってようやく世界初演される交響詩「陸奥」、そして今回のために新たに編曲した「ブエノスアイレスの四季」。乞うご期待!

2019年2月 8日 (金)

江戸の仇を宮崎で

 恐らく誰しも、「食べ物」に関しては根に持つ事が多いかと。今回の宮崎紀行で、初っぱなからOOSAKI病にやられ、せっかく食べようと思っていた蕎麦を逃した啼鵬。

 ならば東京で食べられなかった蕎麦を、どこで食べるか。色々リサーチした結果、最初の本番会場近くに、お蕎麦屋さんがあるらしい。

Jisenan2 こりゃ行くしかない。

果たして歩いて2~3分もかからず、

到着出来ました。

しかもやっている

 入店してみると、お客さんは数人。

Jisenan1チョー気になるメニューもあったのですが、

今回は初志貫徹。

蕎麦メニューを注文。

浜松町駅でOOSAKI病が発病して以来、何百キロも飛行機で飛んで、ようやくありつけた蕎麦でした。

2019年2月 7日 (木)

宮崎で辛い麺

 OOSAKI病にもめげず(2019年2月6日参照)、一応第2候補となっていた店へ。こういうのもご当地ラーメンと言うのでしょうか。

Rintomato辛いラーメン。

これはトマト味なのですが、

ベースは韓国料理に思えます。

溶き卵やニラも入っていますし。ちなみに「ニラ多め」でオーダー。

 辛さは選べるのですが、啼鵬は5倍、ヨン様は味噌味で8倍。基準が分からなかったので店員さんに聞くと、キムチの辛さが3倍だそうな。でもキムチだって色々あると思うんですが...。

 麺も選べました。結局ちぢれ麺にしたのですが、紛らわしいのが「こんにゃく麺」。これはそば粉を使った麺で、色がコンニャクに似ているというだけ。てっきりダイエットに効果的!とか思ったのですが。

 ま、マニュアルはともかく、こりゃ美味い! あとは辛さとのマッチングだわね。おさらいすると、ベースは韓流テイスト。トマト味だとプラス・イタリアン!? 味噌味だと和風か。そして辛さをチョイス。25倍までありますが、それ以上も出来るんだとか。

 OOSAKI病の症状が出なかったら、巡り会わなかった店かも知れませぬ。

2019年2月 6日 (水)

病状の重くなる地域

 実のところ宮崎県と言えば、かつてOOSAKI病の症状がハンパ無かった土地(2012年7月10日参照)。今回の宮崎行きでも、行く前から症状が出ている始末(2019年2月5日参照)。果たして宮崎に着いてみると悪夢が...!?

 宮崎には何度も行っていますが、今回初めて知ったうどん屋に行く事に。しかし残念ながら日曜定休。

Img_20190203_222854ならば以前から知っている美味しい店へ。

...っておい!

一緒に行ったギタリストの金庸太さんもガックリ。

 どうしてこーなるかなぁ。少々雨降りの中、ホテルを出たので、このまま引っ込むわけにもいかず、次の店へ。

2019年2月 5日 (火)

居酒屋ランチカレー

 本当はOOSAKI病のカテゴリーに入れるエピソード。宮崎行きのためにJR浜松町駅を経由して、モノレールに。その乗り換えの時間を利用して、立ち食いそばを食べようとしたところ、お店が改装中で断念。仕方無く貿易センタービルをさまよっていると...!?

Settsu2なんかよく分からない感じ。

一体この店は何がウリなのか。

カレーがワンコインでなら、

という事で入店。正直、早く食べられれば何でも良かったんですが。

 ま、フライトの時間もあるし、とにかく早く昼飯を済ませにゃいかん。そのワンコインのカレーをオーダー。カレーの種類を選べるのですが、チキンカレーに。主食はライスで。

Settsu1 おっと、いつぞやの白メシ(2018年12月23日参照)。

やっぱ黄色くないとなぁ。

そして食べてみると、

少々辛い。そう言えば辛さを聞かれなかった。インドカレーの店って、たいてい辛さを選べるんだけど。

 この店、夜は多国籍料理の居酒屋になる、というのを後で知りました。個人的にはスープ・カレー餃子ランチってのが気になりましたが、また行く機会があれば。

2019年2月 4日 (月)

平成最後の恵方巻き

 恵方巻きと言うと、近年は売れ残った商品の廃棄問題が取りざたされていますが、根っからのイベント好きなテーホーにとっては、外せない食べ物でもありまする。しかしながら今年、平成最後の節分にも関わらず、出張中のため豆まきは出来ず。せめて恵方巻きくらいは...と思いつつも、仮に買えたとしても、どこでどうやって食べるか? 状況はキビシイ。

Rakui1 そこへ救世主。

新作「古代組曲」の初演を終えての打ち上げ。

入った居酒屋さんのお通しが、

なんと恵方巻き!

 と言っても細巻きで短いヤツですが、これで十分。こういうサービス、方々の居酒屋さんでやっているんですかい?

 ともあれ、無事に節分をクリア。ちなみにこのお店、他の料理も美味しいです。

Rakui2

2019年2月 3日 (日)

古代組曲世界初演

 今回のViento del Sur、2つ目の公演は、西都市にある宮崎県立西都原考古博物館での演奏。

Saitomusecon2019_2そして今回、

この演奏会のために、

新曲を作曲致しました。

それが「古代組曲」と題した、

西都原古墳群やその時代、

地域をイメージして作った曲。

 これまでにもViento del Surでは、オリジナル曲を作りましたが、今回のは最もClassic寄りの曲かしらね。

 悪天候の中、予想を上回る、たくさんのお客さんにお越し頂きました。多くの方と世界初演の瞬間を共有出来て、とても幸せでした。有り難うございました。

 さて、この「古代組曲」。今後の展開は...!?

2019年2月 2日 (土)

Viento del Sur@ゆるかふぇ

 野球チームとは関係なく宮崎入りした、Viento del Surの金庸太さんと啼鵬。1つ目の公演は、住宅街の中のこぢんまりしたカフェ。正にViento del Surのような、小編成ユニットの似合う感じ。
 思えば我ら3人、久しぶりのライブ。それがこうした空間で出来るのは、色々な意味で嬉しい事です。もう何年も我々の演奏を聴いて下さっている方から、今日初めて聴かれたという方まで、多くのお客様にお越し頂きました。お忙しいなか、有り難うございました。
P_20190202_155939

 

2019年2月 1日 (金)

2019年宮崎入り

 今年もやって参りました、宮崎県。このシーズンにこう書くと、まるで野球関係者と思われますが、確かに5球団が宮崎県でキャンプを。

Miyazaki2019うち3球団は宮崎市。

啼鵬も1つ上の先輩、

Flute奏者の外山友紀子さんとやっている、

Viento del Surでの活動のために宮崎入り。

 今回は啼鵬新曲アリ、Tangoでの新たなレパートリーも加えたり、Viento del Surとしての新たな一面を。

 まずは明日、宮崎駅東のゆるかふぇで。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ