最近のトラックバック

« 病状の重くなる地域 | トップページ | 江戸の仇を宮崎で »

2019年2月 7日 (木)

宮崎で辛い麺

 OOSAKI病にもめげず(2019年2月6日参照)、一応第2候補となっていた店へ。こういうのもご当地ラーメンと言うのでしょうか。

Rintomato辛いラーメン。

これはトマト味なのですが、

ベースは韓国料理に思えます。

溶き卵やニラも入っていますし。ちなみに「ニラ多め」でオーダー。

 辛さは選べるのですが、啼鵬は5倍、ヨン様は味噌味で8倍。基準が分からなかったので店員さんに聞くと、キムチの辛さが3倍だそうな。でもキムチだって色々あると思うんですが...。

 麺も選べました。結局ちぢれ麺にしたのですが、紛らわしいのが「こんにゃく麺」。これはそば粉を使った麺で、色がコンニャクに似ているというだけ。てっきりダイエットに効果的!とか思ったのですが。

 ま、マニュアルはともかく、こりゃ美味い! あとは辛さとのマッチングだわね。おさらいすると、ベースは韓流テイスト。トマト味だとプラス・イタリアン!? 味噌味だと和風か。そして辛さをチョイス。25倍までありますが、それ以上も出来るんだとか。

 OOSAKI病の症状が出なかったら、巡り会わなかった店かも知れませぬ。

« 病状の重くなる地域 | トップページ | 江戸の仇を宮崎で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎で辛い麺:

« 病状の重くなる地域 | トップページ | 江戸の仇を宮崎で »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ