« OTSレコ発ツアー・ピアノ紀行【ヤマハ仙台サロン】 | トップページ | OTSレコ発ツアー・ピアノ紀行【analog.】 »

2019年4月 3日 (水)

OTSレコ発ツアー・ピアノ紀行【DAC】

 以前OTSで出演した事のあるホール。恐らくそのときもこのPianoだったと思います。

P_20190328_212328_bf Steinway & Sons O-180

デカいホールだと別ですが、

よく見かけるサイズのスタインウェイ。

前日のYAMAHA CF6と同じくらいの値段(2019年4月2日参照)。ま、100万前後の幅はありますが。不思議なもんで、スタインウェイだとフツーだと思ってしまい、ヤマハだと高っ!と思ってしまうのは...。

 Steinway & SonsはPiano界の絶対的なブランドなので、アタシも学生時代は触るだけで「おぉー!」って感じでしたが、これがいざ社会に出てみると意外と方々にあって、啼鵬クラスのPiano弾きだと、スタインウェイだというだけで「おぉー!」という色眼鏡では見なくなります。他にもスバラシイPianoはあるし、状態によっては「おいおい...」ってスタインウェイもあるので。

 ココはちゃんとメンテされているし、何よりもホールとしてきちんと回っているので、頻繁に使われている。楽器にとってはそれがイチバン。そして著名な管楽器奏者の伴奏をしているこのPiano。つまり著名な伴奏者によって弾かれている! そんな楽器を触っているって、それだけで満足よ。基本テーホーはミーハーなので。

« OTSレコ発ツアー・ピアノ紀行【ヤマハ仙台サロン】 | トップページ | OTSレコ発ツアー・ピアノ紀行【analog.】 »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OTSレコ発ツアー・ピアノ紀行【ヤマハ仙台サロン】 | トップページ | OTSレコ発ツアー・ピアノ紀行【analog.】 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ