« OTSレコ発ツアー・ピアノ紀行【analog.】 | トップページ | 信州ジャズ、レコ発リハ »

2019年4月 5日 (金)

OTSレコ発ツアー・ピアノ紀行【ドルチェ名古屋】

 今回のOTSレコ発ツアー、不思議な事に2回として同じPianoを弾いておりません。千秋楽の名古屋も、中日DACと同じSteinway & Sonsながら、こちらはA-188。と言いつつ、DACで弾いたO-188との明確な違いもあるのでしょうけど、アタシもそこまで詳しくはありませぬ。

Otsrecodolce2 しかしながらここの楽器、

かなり特別なチューニングが施されておりました。

Keyboard奏者ならば分かるのですが、

「スプリット(Split)」という機能。どこかのポイントで音色を分けるもので、このPianoもまるでそうでした。低音部はガツンとくる堅めの音色とパワー。高音部はまるでキャラクターの違う楽器をくっつけたかのような、繊細なタッチ。そのスプリット・ポイントは明確に分かり、当然意図的にそうチューニングされたものでしょう。

 思うに金管楽器、それも中低音の伴奏仕様という感じ。実は今回啼鵬、ここのホールにはPianoの調律を頼んでおりませぬ。最後に使ったのが割りと直前と聞いておりますので。そのときの最後のチューニングがそういう注文だったのかと思われます。

 もし次に訪れたときには、違うチューニングになっているのかと思いますが、Out of The Standardにとっては、偶然にも好都合だったチューニング。やはりEuphonium相手だと、啼鵬クラスのピアニストの低音は聞こえませぬ。そういった運にも恵まれ、成功裏に終わったOut of The Standardのレコ発ツアーでした。

« OTSレコ発ツアー・ピアノ紀行【analog.】 | トップページ | 信州ジャズ、レコ発リハ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OTSレコ発ツアー・ピアノ紀行【analog.】 | トップページ | 信州ジャズ、レコ発リハ »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ