« 鍋太郎桜 | トップページ | TPP Flash Mob »

2019年4月21日 (日)

東京プロムナード・フィルハーモニカー第20回記念定期演奏会

 第19回には出られなかったので、1年ぶりの参加となりました。東京プロムナード・フィルの定期演奏会。

Tpp20th今回は記念すべき20回目の演奏会。このBlogでも記事に書きましたが(2019年1月20日参照)、とにかく曲目がハード。これは東京プロム・フィル史上、最も過酷な曲目だったのではないでしょうか。あくまで啼鵬の担当するCelloパートからの視点ですが、恐らく多くのパートが同じように思っていたのでは?

 しかしながらこのプロ、音楽監督にとっては相当前から温めていた企画のようで、既に吹奏楽においてはやっていたようです。啼鵬にとっても、何曲かは土浦交響楽団で演奏した事はあるものの、そちらはContrabassでしたし、Violoncelloよりは遙かに簡単で、よもやCelloがこんなに大変とは思いませなんだ。

P_20190421_115714 会場の文京シビックセンターも、

大ホールは初めて。

気持ちよく演奏出来ました。あくまで「響き」の点で。この激ムズの楽譜では、演奏家サイドでは気持ち良さなんぞ、カケラも味わえませぬ。どこでやろうと。

Tpp20th3 そしてこの方と再会。

今年Ensemble Flaviaで共演(2019年2月12日参照)。

次回の定期も一緒に演奏出来るかネ。

Hornも大変だったと思うケド、お互いお疲れ様でした。

 そしてお忙しい中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

« 鍋太郎桜 | トップページ | TPP Flash Mob »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鍋太郎桜 | トップページ | TPP Flash Mob »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ