« 焼きカレーパン | トップページ | 自作曲レッスン聴講 »

2019年5月 4日 (土)

テオフィルス室内管弦楽団第62回定期演奏会

 A.R.C.でご一緒しているギタリスト、角圭司さんがソリストを務める演奏会に行って来ました。テオフィルス室内管弦楽団の定期演奏会。こちらの団体も都内では知る人ぞ知る。室内楽系オケでは歴史もあり、今回で62回目の定期演奏会。指揮は私の妹の師匠、高畠浩先生。先生の指揮では、かつて新宿交響楽団の演奏会を聴いた事がありました。

Theo62th ギター協奏曲と言えば「アランフェス協奏曲」が定番中の定番。とは言え、アマチュア・オーケストラの演奏会でプログラムに載る事はあまりなく、それはオケの編成が小さいからというのが1つの理由。金管楽器はHornとTrumpetしか入りませんし、そもそもSolo楽器がGuitarなので、オケは人数も最小限。テオフィルスのような室内管弦楽団ならではの曲かも知れませぬ。

 それでもGuitarにはマイクを通し、増幅しないと全く聞こえませんので、今回もPAが入りました。

 さすがは角さん、完璧なテクニックと豊かな音楽性で、素晴らしいSoloを聴かせて頂きました。そう言えばアランフェスを生で聴くの、初めてだわ。かつて中山将章君の伴奏をした事がありました。Pianoで。でもPianoとオケでは全然違うし。当たり前だけど。

 更には高畠先生の指揮に感服。そう言えば新宿交響楽団のRachmaninoff「Symphony No.2」を聴いたときにも思ったっけ。弦楽器奏者ならではのオケの鳴らし方。さすがです。

« 焼きカレーパン | トップページ | 自作曲レッスン聴講 »

レポート」カテゴリの記事

コメント

CDはそれなりに発売されていますが、プロの演奏会でもなかなかお目にかかれない協奏曲ですよね。
私も一度しか生で聴いたことがありません。
しかも目的のソリストの方が病気療養中で、弟君が代演されていました。
ちなみに妻(まだ結婚前でしたが…)も一緒に聴いたのですが、「姉の七光り」と厳しい評価を下していました。(もはや、誰だかバレバレですね。)

> 語る会さん
 その弟君の演奏、彼が中学生のときに聴いたことがあります。滅茶テクで驚愕した覚えがあります。
 そのときは調子が悪かったのでしょうか。世間では姉様よりも上手いという評価が多いですケド。
 ちなみにその病気療養中、つくば公演もキャンセルに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼きカレーパン | トップページ | 自作曲レッスン聴講 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ