« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月29日 (土)

えだまめ納豆の天ぷら

 納豆の天ぷらは珍しいものでは無いので、てっきりこのBlogでも記事にしているかと思いきや、意外と無かった...。

Nomono6 たまたまアタシの誕生パーティーをした(2019年6月27日参照)居酒屋のメニューにあったので、扱ってみましたが、メニュー名が「えだまめ納豆の天ぷら」だって。えだまめ納豆? 茨城では聞かないなぁ。粒の大きさで言えば、大粒のカテゴリに入る感じ。こうなると豆そのものの美味しさが伝わってくるので、天ぷらとかに適しているかも知れませぬ。

 ちなみにこの居酒屋、JR東日本がやっている店のようで、その管轄下の地域の食べ物を出すのがウリのよう。で、この「えだまめ納豆の天ぷら」は、山形県所属。奥の小鉢は「山形の玉こんにゃくと牛スジ煮」。つまり山形コンビ。

Nomono1 この他にも山形代表は「山形のだしで冷奴」。これはネ、山形系居酒屋メニューの代名詞でしょ。お隣は秋田代表「いぶりがっこクリームチーズ和え板麩添え」。う、何がメインで何がサブなんだろ。

2019年6月28日 (金)

OOSAKI病治癒へ

 このところ症状があまり目立たない啼鵬。先日の誕生パーティーでも、注文したメニューは最後の品(2019年6月27日参照)。これはもしや、治りかけている!? 不治の病と言われたOOSAKI病、数々の伝説も終焉を迎えるか。

Komachisoba 先日の天童フェアでも(2019年6月24日参照)、会場である小町の館での出来事。ここはお蕎麦屋さんが有名。せっかくなので入ってみる事に。本館は何となく混んでいると思い、はなれの小さい店舗に。鴨汁そばを食べたかったのですが、残念ながら終了。ありゃ、やっぱOOSAKI病かと思っていると、アタシらの後に来たお客さんに、「ゴメンナサイ、今日はもう終わりなんです」と。つまりウチらがギリギリ入店出来たって。

 しかも聞けば、本館は機械での製麺だけど、こちらは手打ちなんだそうな。ハイキングのお客さんは、予めこちらで予約していって、ハイキングを終えて食べるとか。スゴイときは2時間待ちで食べる人もいると聞くと、今日はなんて運が良いんだ!

 もしや啼鵬、OOSAKI病を克服か。間違い無く快方に向かっている!と思う。

 ところで新しい読者の皆さんに、OOSAKI病のおさらいはコチラの記事で。

2019年6月27日 (木)

46歳の病状

 啼鵬と4度の共演を重ねているEnsemble Flaviaの皆さん。なんとアタシの誕生パーティーを開いて下さいました。ま、アタシの周りのアーティストの中には、バースデー・ライブを銘打ち、誕生日にライブをする方も多いのですが、テーホーはとてもそんな...。もしやるとしたら、完全無料ライブかネ。お祝いしてもらうのにカネも出させるなんて、とんでもねぇっす。尤も、開催したところで、結局は独りで祝うなんてオチもあったりしますから。

 聞いた話しによると、某大物アーティストはバースデー・ライブをするならば、全体ワンマン。何故ならば誰を呼んだ、誰を呼ばなかったでもめるのもイヤだしって。確かに。

Flaviateho46th で、今回は何故このカテゴリーかって言うと、居酒屋で頼んだメニュー、取り敢えず1皿。でもこれじゃ足らない。じゃ、もう1皿ってお願いしたら、コレが最後ですって。う~む、これは病状としてはどうなんだ。

 ビミョーな46歳の病状。そしてFlaviaの面々、47歳の誕生日は盛大にお祝いしてくれるって。さて、その真相は!? 無事47歳の誕生日を迎えられましたら、そのときに詳しく。

2019年6月26日 (水)

天童フェアで

 ようやく足を運ぶ事が出来た天童フェア(2019年6月24日参照)。何だか品揃えが少なく、たまコンニャクの実演販売もやっていない。時間が決まっているのか、それともOOSAKI病だったのか。

Shimikari1 ま、こういうのは、

何年もやっているうちに、

商品の整理等で、

売れるものしか並ばなかったり、

なんてのも良くあるハナシ。

 そこで勧められたのがこのお煎餅。ただコレ、大阪の業者さんじゃん。作っているのは寒河江で? あのぅ、も少し天童色を濃く出来ませんかねぇ。

Shimikari2

2019年6月24日 (月)

天童フェアへ

 土浦市と将棋の駒で有名な天童市は交流都市関係。これは姉妹都市というのとも違って、江戸時代に土浦藩領が天童市にもあった事から締結したらしい。観光交流などをしているみたい。

Tendofair1 その交流事業として、「天童フェア」というのをやっているのは知っていたのですが、なかなか行く機会を得ず、今回ようやく行ってきました。市内3箇所でやっているのですが、自宅から最も近いのは「小町の館」という、小野小町ゆかりの地で開催している方へ。

 この施設も前から気になってはいたのですが、ハイキング・コースの一部という感じですか。お蕎麦屋さんが流行っているようで。

Tendofair2 そして問題の「天童フェア」。

う、確かに佐藤錦とか買っている人、

いましたが...。

2019年6月23日 (日)

エムスタ新作世界初演に向けて

 2015年に共演させて頂いた楽団、Music☆Star Mandolin Orchestra(2015年10月18日参照)。当時世界初(と思う)の、BandoneonとMandolin Orchestraの共演。更にはアタシもMandolinを片手にオケに参加。難しいRavelの曲を演奏。

Mstar2019a そして今回はと言うと、なんと委嘱作品。啼鵬にとっては初となるMandolin Orchestra作品。Mandolinを弾き始めたのは中学時代ですが、将来その合奏のために作品を書く事になろうとは。

 この日は新作リハの2日目。前回は全パートは揃っていなかったようで、曲の全容が見えにくかったのですが、今回はパートも揃い、少し輪郭が見えてきた団員もいたようです。

P_20190623_143817_bf その他にも拙作「along with you」も、今回Mandolin版を編曲。音出ししてみると、また新たな印象が。当たり前ですが、楽器が変われば雰囲気も変わる。聴いた事のない楽器編成での曲は、自分の曲にも関わらず、新たな発見があるものです。

 そして今回も、Mandolinで以てオケにものるので、そちらも練習しなくては!

2019年6月22日 (土)

五線の宇宙~作編曲家編~

 この企画をGRECOのオーナーさんから頂いたときに、なんて作編曲家の立場、気持ちの分かっていらっしゃる方なのでしょう、と思いました。本当は常日頃から語りたくてしょうがない、曲作りに関してのスタンス、個々のエピソード等、今回は曲を決めるのも割りと早かったですし、必然的にMCの内容も決まってきました。

Greco5sen とは言え、その曲を決める前までは、編成で悩んだワケで、啼鵬の場合は様々なジャンル、編成での可能性があって、でもそれぞれで一夜をやるには時間的にも厳しい。

 そこで一番レパートリーもあって、それなりに関わっている歴史もあるSaxophoneにスポットを当てる事に。そして付き合いも長くなってきたFigur Saxophone Quartetとやるのがベストなのではないかと。

 当日はホント、たくさんのお客様にお越し頂きました。北は山形から南は岐阜まで、聴く楽しみの方から、ご自身で楽器もされる方まで、啼鵬ワールドを堪能して頂き、有り難うございました。

5senteho2

2019年6月21日 (金)

ベルリオーズ没後150年【上】

 クラシック音楽ファンの間では、生誕XX年、没後XX年というのは、そのアーティスト(主に作曲家)を見直す機会になる事が多く、制作側もそれを見越して演奏会を企画したり。普段から聴いている人はもとより、それほど気に掛けていなかった、という人も「この際、聴いてみるか」と、演奏会に足を運ぶ事も多々あるかと。

Asahi20190621 今年はフランスの作曲家、Hector Berliozの没後150年。この人はかつてフランスの紙幣にも肖像画が使われていたので、いかに国民的な人物かが伺えまする。音楽史でも同じで、音楽室の肖像画にも登場しているハズ。カツラをかぶったBachやMozart、スゴイ髭のBrahms,Tchaikovsky,Bizetほどのインパクトは無いので、見過ごしているかも知れませんが。

 今回新聞の文化面で話題に。実はこの新聞社の文化欄は、アタシの先輩が担当している事が多く、読む度に誇らしく思っておりまする。啼鵬1年生のときの4年生。楽理科に友達が多かったので、彼女にもお会いしているのですが、さすがに覚えちゃいないだろうなぁ。

2019年6月20日 (木)

鉄のフライパン

 啼鵬にとって料理は趣味と実益を兼ねたもの。実益って、つまりは家事をするからってコトですが、そうなると道具はそれなりにこだわりのものを使いたい。

Labase20 今年の父の日は鉄のフライパンを所望。やはり鍋系は鉄っしょ。中華鍋はもう20年近く使い込んだものを愛用していますが、フライパンに関しては、ホームセンターで買った○○加工を表面に施した安モノ。こんなんで美味しいものが作れるわきゃない。貰ったのは某有名料理家推薦の道具。

 して、早速この鉄フラで調理。少し深さがあって使い易いし、「うっ、いつもより美味しい!気がする」とまぁ、気持ちは大事。

 しかしコレ、柄の部分がチョー熱くて、素手で持つのはムリ。じゃぁ、鍋つかみとかで持てばイイじゃん、ときますが、玉子を割るとか、時間差で食材を入れたりとか、その度に鍋つかみを脱いだりはめたり、これじゃぁ料理に支障が...。

 う~む、この案件、盲点だったと思うよ、A元Y子さん!

2019年6月19日 (水)

ロシアものは大人数で

 大勢でしか出来ない、いや大人数ならではのもの、と言うと音楽においては合唱が真っ先に思い浮かびますが、器楽も人数が揃えばスゴイです。昨年既にこの大所帯は経験しているのですが(2018年10月22日参照)、そのときに是非ともロシアの作曲家の作品をやりたいと思っていました。

Kigakukangen2019a そして今回、予告していた通りロシアものを。とは言えTchaikovskyのようなメジャーな曲ではなく、少々地味な感じ。ま、殆どが楽器を初めて3年以内。経験者はどれくらいいるかしら。中高一貫校の参加もあるので、その中学生だった子とか。恐らく小さい頃から習っている子は、ごくごく僅か。やはりどうしても、技術的な問題を先行させて選曲してしまいます。

 単純に派手=難しい、地味=簡単という事ではありませんが、簡単だけど派手に聞こえる、という曲は少ないかなぁ。

 ただ、毎年の事ですが、この時期に講習会をして、秋にまたやります。その間、高校生達は一生懸命練習してくるので、今年度の1回目よりも、いきなり完成度が高くなったものを聞かされます。いいなぁ、其れが若いってコトですわ。

 次回の講習会、是非ともこの人数ならではの音楽を聞かせて下さい。

2019年6月17日 (月)

オトコの試食販売

 男性がスーパー等の試食販売に遭遇すると、ほぼ間違い無く買うそうな。確かにアタシもこれまで何度も。

Marusankoji 今回買わされたのはコレ。単なる味噌と言えばそうなんですが、ぶっちゃけ溶けやすくした味噌か。出汁も入れて。他社も出していますが、啼鵬が買ったのはコレが初めて。

 店員さん「水にも溶けるんですよ」と、差し出した試食は冷たい味噌汁。キュウリが浮いていました。正直薄かったし、そんなに美味しいとは思いませんでしたが、味噌汁をインスタント的に作るときなど、重宝するかなと思い買いました。

 じゃなくて、試食しちゃったので買いました...。

2019年6月16日 (日)

10回目の出血大サービス

 ヒーリングライブでは、抽選でサイン色紙をお客様にプレゼントするのですが、今回はアタシのミスから記念すべき出血大サービスにつながりました。

P_20190615_115615_bf 楽屋入りすると、たくさんの色紙。既にNAOTO君のサインはしてあったので、こういうのは早めに済ませないと、慌ただしくなるなってコトで、啼鵬もサイン。この時点でNAOTO君のサイン、ちょっとデカいなぁ、とは思っていました。あと何人書くんだ?今日のバンドって何人だっけ、なんて考えながら、小さく「啼鵬」のサイン。

 楽屋にメンバーが戻ってくると、それぞれサインを。写真は越田太郎丸さんがサインしているところ。そこへスタッフがやってきて、「あれ?全員してくれたんですか!」だって。どうやら色紙はNAOTO君とアタシで、ポスターが全員というコトだったらしい。そう言やぁ、去年までそうだったか。

 ンなワケで、今年の色紙はメンバー全員のサイン。逆に10回目の記念色紙で良かったんじゃね? とここまで記事を書きましたが、ヒーリングライブの応募者で、このBlogの読者でもあるというのは極々僅か。色紙をゲットされた方は、メンバー全員がフツーと思っているでしょうな。

 もしこのBlogの読者で、お友達が色紙をゲットされていたら、そっと教えてあげて下さい。

2019年6月15日 (土)

10回目のヒーリングライブ

 同じイベントに10回もゲストで呼ばれるなんぞ、まず以て無いコトです。今年もやってまいりました、この季節が。

Img_9287_facetune_15062019185945 ...って、去年と同じような書き出しですが(2018年6月16日参照)、10回目を迎えるなんて、この企画の始まった当初は、想像出来ました? そして今年も応募数は過去最多! お足元の悪い中、スゴイ倍率を勝ち抜いて来て下さったお客様、有り難うございました。

 そして最後にNAOTO君のための復習。現在の東京藝大の英語名「Tokyo University of the Arts」。

2019年6月14日 (金)

一本君の五弦Bass【下】

 一本茂樹君は楽器や機材をたくさん持っています。そういう人は啼鵬の周りでは珍しくないのですが、人によっては使わなくなると売ったりもしているので、手元にある数でいくと、一本君はかなりたくさんあるんじゃ? だって売ったってハナシ、聞かないもん。

P_20190612_195935 今回久しぶりに会うと(2019年6月12日参照)、

このElectric Bass。

初めて見る楽器でもないのですが、

これらのペグ(糸巻き)。

5本弦のBassなので右側に4つ、

左側に1つありますが、

その右側の一番下。

音程を更に下げるためのマシーンが! コレ、エレキ版のHIP SHOT。そう、アタシの楽器にも付けたヤツと同じ構造(2018年4月26日参照)。

 通常は4弦しかない楽器が、5弦と同じような音域を出すために付けるのですが、一本機は5弦に付けているもんだから、とんでもなく低い音が出せる!

P_20190612_194235 HIP SHOTを適用させたときの音程は調節出来るのですが、Pianoと同じ最低音が出せるようにしてあると。そ、そんなに低い音、いつ使うん? つまりフツーのBassはミ・ラ・レ・ソですが、5弦なのでその下に加えてシ・ミ・ラ・レ・ソと。このシの音を更に下げるためのHIP SHOT。

 その最低音。たいしてボリュームも大きくないはずなのに、地響きのような音。でもちゃんと判別出来ました。だって楽器によっては、えらく高い音、えらく低い音は、音程が判別出来なかったりもしますから。

2019年6月12日 (水)

一本君の五弦Bass【上】

 思えばBassの一本茂樹君に会うのは、1年ぶりか。しかも同じイベント。

Kimg0267 実は前夜、テレビで拝見しておりました。歌番組。コレ、生放送なのでチョー大変らしい。放送は夜ですが、朝からホール入りして、音楽リハーサルとカメラ・リハーサル、更には段取り。場面転換もリアルタイムなので、演奏者よりも裏方さんの方が神経使いそう。

 で、その1年ぶりの一本君を観ると、そっか、今の髪型はこんなんか。一本君はしょっちゅう髪型を変える事でも有名。

P_20190612_194419_bfテレビで観たときには、

キノコ、いや玉葱ヘア(!?)かと思いましたが、

実際に会ってみるとワカメちゃんかネ。

いや、ビートルズ風?

 この日はContrabassとFenderのElectric Bassを持っていらっしゃいましたが、このエレベが凄い! 【つづく】

2019年6月11日 (火)

ピアノ紀行【三芳町中央公民館】

 Out of The Standardのレコ発ツアーで、各公演地のPianoが1つも被らなかったので、それぞれレポートしました。啼鵬はPianoの専門家ではありませんので、あくまで個人の感想ですがね。

Yamahac5x そしてまた、弾いた事のないPianoに。今月21日に行われるアタシのライブ「五線の宇宙~作編曲家編~」のリハーサルを、Figur Saxophone Quartetと行いました(2019年6月10日参照)。そこで弾いた楽器。

 YAMAHA C5X。このCXシリーズは今や、YAMAHAの主力商品かと思われまする。サイズは1~3、5~7とあって豊富。5は一番手頃なサイズですから、恐らく最も売れているのでは?

 Xシリーズはちょっとシャープな印象で、それは仙台でS6Xを弾かせて頂いたときに思いました。啼鵬イチオシのS6に比べ、かなり鋭さを増した結果、音の幅も広がったのでしょうけど、アタシではコントロール出来ませなんだ。まだCXの方は頑張れば手の内に入る感じ。

 以前のC5だったら「ふ~ん」で済ませましたが、C5Xだと弾き込んでモノにしたくなる気持ちになりますね。

2019年6月10日 (月)

Figur Saxophone Quartetと

 ここ10年、いやもっとか。Saxophone Quartetが急激に増えました。音大で学んだ優秀なプレイヤー達が、出会いの形は様々でも、一緒に音楽をやりたいという志を共有して活動しているのでしょう。啼鵬もその中のいくつかはお付き合いがありますが、中でもFigur Saxophone Quartetは、啼鵬のスコアを最も演奏している四重奏団。これまでも、彼らのコンサートに何曲も編曲を提供してきました。オリジナル作品も。彼らのファースト・アルバムにも収録して頂きました(2015年12月15日参照)。

P_20190610_142024_bf 今月は彼らとライブを。お馴染み大塚GRECOの企画で、作編曲家にスポットを当てたシリーズ。啼鵬にも白羽の矢が立ち、1日頂きました。啼鵬作品を最も出せるのは、どういう編成か考えたときに、Saxophone Quartetが浮上。しかもSaxophone Quartetは、GRECO初登場だそうで。

 6月21日(金)の夜は、是非ともGRECOへ。

2019年6月 9日 (日)

G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合

 日本が初めてG20の議長国になって、G20大阪サミットが開催。それに合わせてつくばでも関係閣僚会合。テレビのニュース等では確かに耳に入ってきますが、ジモティーとしては直接は関係ないですし、逆に物々しい雰囲気で緊張感漂います。そう言えば2016年にはG7科学技術担当大臣会合がありました。

Kimg0265 中心部には結構な数の黒塗り車が出入り。大使館車とか。当然其れに伴う警備も。確かにG20に反対するデモ行進もあったりしたので、受け入れる都市は大変でしょう。

 直接は関係ない、と書きましたが、音楽、というか芸術は、今やDigitalと密接な関係にあるので、そうも言ってられませぬ。制作から権利関係まで、恐らくDigital抜きには進まないのでは? しっかり注視していかなければ。

2019年6月 8日 (土)

国光あやのさん

 土浦市の北のはずれにある我が家は、テレビの受信状態が良くないという理由で、早くからケーブルテレビにしていました。多くの人はそのコンテンツの多さが加入理由でしょうケド。設置するときには、スタッフさんが操作を説明するために、「よくご覧になるジャンルは何ですか?」と。アタシは「そうねぇ、ニュースかな」と答えると、少々驚いた様子。だってガキの頃からそうなので。そこでスタッフさん「では、ニュース専門チャンネルもあります」と、リモコンで操作して見せてくれました。

 今はTBS NEWSとなっていますが、昔はJNN NEWS BIRDと言っていました。30分で1コマ。なので2時間くらい観ていると、同じニュースを4回観たり。もちろん其れだけじゃなく、政治や経済の特別枠もあったり。

Kimg0262 この日は政治家をゲストに呼んで語る枠だったようで、観ていると知った顔が!...って、これは個人的にではなく、土浦市民ならば誰でもってレベル。ウチの選挙区のヒトだわ。ま、アタシもとあるパーティーでお会いした事はありますが、さすがにセンセ、覚えていないっしょ。CATVの番組とは言え、こうしてゲスト出演される程ですから、たいしたお方です。

 国光さんと言えば、サイトのプロフィール写真。とても凛々しいです。医療・福祉畑のセンセですが、是非とも文化面にも目を向けて欲しいものです。

2019年6月 7日 (金)

雨の中の戴帽式

 またこのシーズンがやって参りました。看護学生が実習に出る前にこのセレモニー。今の現場では、あまり見かけなくなったナース・キャップを戴きます。

Reiwa1taibo 日程的には梅雨入りが微妙な感じで、確かにここ何年かは、戴帽式の日は晴れていたような...。以前記事にした日もそうでした(2013年6月4日参照)。しかし今日は雨。啼鵬はいつもの通り、開会前のPiano独奏。Chopinの「雨だれ」など、旬のものを取り入れたプログラム。

 ただ今回、新宿本学からお見えになった学長先生がPianoの隣の席に。テ、テレビで見た人! 看護学生にお言葉を頂戴つかまつりました。

 啼鵬の音楽の授業はここで一段落。次はクリスマスに向けて12月に。戴帽生の皆さん、現場に出ても頑張って下さい。

2019年6月 6日 (木)

パワフル シュ・シュ

 先日、町内一斉清掃で近所のオバちゃんと草むしり。オバちゃんが「こういうの、通販の草苅機でやったらいいのに」と。そんな話から、そう言えば通販で買ったものって、たいして長く使わないなと。ここで言う通販とはテレビの通販。スタイルは同じはずなのに、ネット通販とテレビの通販は、別モノと考えてしまうのはアタシだけ? 特異なキャラのヒトがセールス・トークしたり、実演したりって、テレビ通販ならではっしょ。

Powerfulshushu1 そこでテーホー、昔通販で買ったものって、どれくらい使えるんだろ、と検証。モノはスチーム洗浄機。いくらだったっけなぁ。ウチのバスタブを綺麗にするために買いました(2007年10月4日参照)。当時我が家は鉄分の多い井戸水で、其のサビの汚れが酷く、何とか自分で綺麗にしたかったのですが、結局何をしてもムリでした。最終的には業者さんに依頼したのは、記事で書いた通り。

Powerfulshushu3 そもそも10年以上も前のマシーン。果たして電源も入るのか心配でした。まず水をタンクに入れて本体に装着した時点で、水漏れ! というより、装着の仕方が悪く、漏れたのですが、ネジ式だったら誰だって、きつく締めればイイと思うじゃん。そうでなく、印と印を合わせるタイプで、締まり具合はぶっちゃけユルユル...。

 それでも電源を入れると、ウンともスンとも言わない。やっぱダメか。と思っていると、しばらくして結構デカい音。更に勢いよくスチームが噴射! あれ?こんなんだったっけ。勢いは2段階ですが、弱の方でも結構な威力っぽい。

Powerfulshushu2 試しに汚れたサッシを。

かなりほっといたベランダのサッシ。

もう土と埃が固まって大変な感じ。

それでもスチームの勢いは凄いし、割りとイイ感じに洗浄出来ている、か。でも泥がハネるなぁ。買ったときは風呂以外に何に使ったっけ、とか思い出しながら、しばらく掃除しました。

Powerfulshushu4 ま、悪くはないわね。

せっかく買ったもんだし、

もっと働いてもらおうかしら。

...って、一緒に働くのはアタシだけど。

2019年6月 5日 (水)

性懲りも無く餃子専門店

 啼鵬は常々、このBlogで「土浦市は餃子専門店不毛の地」と唱えています。これまでも出てきては消えていきましたが、久しぶりに出現。

Mantenya しかも今回は、大型商業施設内。更に不思議なのは、このお店のサイトを見てみると、本来はラーメン屋さんのようで、ココ土浦店のみが「餃子」を冠に。おいおい、テーホーのBlog読んだのかよ? 土浦が餃子専門店不毛の地だって知っての出店かい。ならばエライ挑戦だわ。

 で、食べてみたんですが、う~む、たいして美味しい餃子とは思えませぬ。もっと美味しい餃子を知っているので。ちなみにラーメンを食べたウチのチビは「フツー以上、美味しい以下」という厳しい評価。

 ま、ムリでしょうな。こういう大型商業施設は、入れ替わり激しいので。

2019年6月 4日 (火)

四十五歳最後の本番

 話は45歳の最後の日。この日はギタリストの金庸太さんと一緒だったと書きました(2019年6月1日参照)。

Kokiparty1久しぶりのDuoはプライベート・コンサートだったのですが、お客さんは30人ほど。お食事もよばれたのですが、なんとかつてはお店も出していて、今はお料理教室をやっているという、本格的なもの。とても美味しく頂きました。

 アタシはお酒を飲まないヒトなので「別にぃ...」って感じでしたが、金さんは「あの料理でお酒が飲めなかったのが、一番きつい」と仰っていました。ま、おクルマでしたし、仮にそうでなかったとしても、演奏前に飲むのは抵抗ありますよね。

Kokiparty3 そしてメイン。

そう、古希のお祝いなので、

ケーキもゴージャス!

もちろん手作り。

アタシら演奏家まで、

このケーキも頂きました。

 こういったプライベート・コンサートで演奏するのは、取り立てて珍しい事ではありませんが、今回は特別に記憶に残るものとなりました。なんと演奏が終わった瞬間に、お客さん総立ち! All Standing Ovationなんて、これまで体験したコトありませんわ。いやはや、ビックリ! お招き頂き、有り難うございました。

2019年6月 2日 (日)

Elger生誕162年、没後85年

 東京藝術大学には同声会と呼ばれるOB会があって、各都道府県に支部をおいています。啼鵬も卒業直後に入会を誘われたのですが、土浦市に住んではいたものの、活動拠点という訳では無かったですし、そのままにしてしまいました。しかし近年ちょっとしたきっかけがあり入会。今日はその茨城支部総会。ここで何と、アタシと同じ誕生日の大先輩が出席! いやはや、いらっしゃるもんですねぇ。

46th1 して、誕生日の方はというと、今年は珍しく弟ゴルゴも祝ってくれるとの事で、筑波山風返峠のひたち野へ。なんか昨日はお寿司で(2019年6月1日参照)、今日は焼き肉なんて、盆と正月が連夜という感じだわね。

 弟は8月に行う演奏会のPRも兼ねて。

46th5 さて、46歳の啼鵬。

そのちょっと手前で、

Mandolin Orchestraの新曲も書き上げ、

作曲家業は正直休みたいところなんですが、今年に限っては何故か委嘱作品がいくつか。前述の同声会茨城支部の演奏会でも新曲発表しますし。なんてこったい。

2019年6月 1日 (土)

四十五歳最後の晩餐

 45歳最後の日は、ギタリストの金庸太さんと行動を共にしました。プライベート・コンサートを終えて、打ち上げを兼ねて最後の晩餐に。

45thlast2 回っていないお寿司屋さんに連れて行って頂きましたが、しばらくぶりだなぁ、こういうお寿司屋さん。とても流行っているお店のようで、しかも予約が出来ない。たまたま運が良く、すぐに座れました。

 そう言えば令和になって1ヶ月が経ちましたが、平成を振り返ると、金さんとの出会いは大きかったです。初めての仕事は何と現代曲の世界初演。BandoneonとGuitarのために新作を書かれた作曲家、野崎勇喜夫先生の作品でした。それからViento del SurやDuo、Trianguloの高田元太郎さんの代役、またNHKラジオ第1の「新日曜名作座」の録音など(2013年2月16日参照)、彼のGuitar無しでは、啼鵬の音楽が語れないほど。

45thlast3 ところでこのお寿司屋さん、

この日は「茨城のスズキ」があったので、

頼んでみました。

手前左のにぎり。あまりイメージないですけどね、茨城の漁港でスズキって。ちなみに啼鵬、どんな高級寿司店に行っても、納豆巻きは外せませぬ。

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ