« 鉄のフライパン | トップページ | 五線の宇宙~作編曲家編~ »

2019年6月21日 (金)

ベルリオーズ没後150年【上】

 クラシック音楽ファンの間では、生誕XX年、没後XX年というのは、そのアーティスト(主に作曲家)を見直す機会になる事が多く、制作側もそれを見越して演奏会を企画したり。普段から聴いている人はもとより、それほど気に掛けていなかった、という人も「この際、聴いてみるか」と、演奏会に足を運ぶ事も多々あるかと。

Asahi20190621 今年はフランスの作曲家、Hector Berliozの没後150年。この人はかつてフランスの紙幣にも肖像画が使われていたので、いかに国民的な人物かが伺えまする。音楽史でも同じで、音楽室の肖像画にも登場しているハズ。カツラをかぶったBachやMozart、スゴイ髭のBrahms,Tchaikovsky,Bizetほどのインパクトは無いので、見過ごしているかも知れませんが。

 今回新聞の文化面で話題に。実はこの新聞社の文化欄は、アタシの先輩が担当している事が多く、読む度に誇らしく思っておりまする。啼鵬1年生のときの4年生。楽理科に友達が多かったので、彼女にもお会いしているのですが、さすがに覚えちゃいないだろうなぁ。

« 鉄のフライパン | トップページ | 五線の宇宙~作編曲家編~ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ベルリオーズというと私的には「幻想交響曲」ですが、あれが作品番号14-aと付いていてどういうことなんだ?と思っていたら、あの話の続きがあったということを知った時の感動は、今でもよく覚えています。当時は、お給料も少なくてなかなかCDに手が出なかったから、「音楽の友」で情報をよく吸収したものです。

そして、今はお給料そこそこあるけれど、なかなか買えない状態。まあ、今まで貯め込んだCDを聴いていれば不足は無いのですがね。

> 語る会さん
 その後日譚、数年前にテレビで放送されました。確か仙台フィルの演奏だったかと思います。役者さんの演技付きで。
 昔の情報源は今と全然違いますね。私のTangoの場合はラジオでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄のフライパン | トップページ | 五線の宇宙~作編曲家編~ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ