« 四十五歳最後の晩餐 | トップページ | 四十五歳最後の本番 »

2019年6月 2日 (日)

Elger生誕162年、没後85年

 東京藝術大学には同声会と呼ばれるOB会があって、各都道府県に支部をおいています。啼鵬も卒業直後に入会を誘われたのですが、土浦市に住んではいたものの、活動拠点という訳では無かったですし、そのままにしてしまいました。しかし近年ちょっとしたきっかけがあり入会。今日はその茨城支部総会。ここで何と、アタシと同じ誕生日の大先輩が出席! いやはや、いらっしゃるもんですねぇ。

46th1 して、誕生日の方はというと、今年は珍しく弟ゴルゴも祝ってくれるとの事で、筑波山風返峠のひたち野へ。なんか昨日はお寿司で(2019年6月1日参照)、今日は焼き肉なんて、盆と正月が連夜という感じだわね。

 弟は8月に行う演奏会のPRも兼ねて。

46th5 さて、46歳の啼鵬。

そのちょっと手前で、

Mandolin Orchestraの新曲も書き上げ、

作曲家業は正直休みたいところなんですが、今年に限っては何故か委嘱作品がいくつか。前述の同声会茨城支部の演奏会でも新曲発表しますし。なんてこったい。

« 四十五歳最後の晩餐 | トップページ | 四十五歳最後の本番 »

日常」カテゴリの記事

コメント

遅くなってしまい、申し訳ありません。
お誕生日、おめでとうございます。

45歳最後の日と46歳最初の日は、なかなか豪華ですね。

ウチなんか、子供中心の生活になったら、父親の誕生日なんて二の次ですわ。トホホ。。。

> 語る会さん
 有り難うございます。ま、お子さんがいるとそうですね。ウチもしばらく前までそうでしたが、ある程度大きくなると、逆にチビが祝ってくれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四十五歳最後の晩餐 | トップページ | 四十五歳最後の本番 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ