« ロシアものは大人数で | トップページ | ベルリオーズ没後150年【上】 »

2019年6月20日 (木)

鉄のフライパン

 啼鵬にとって料理は趣味と実益を兼ねたもの。実益って、つまりは家事をするからってコトですが、そうなると道具はそれなりにこだわりのものを使いたい。

Labase20 今年の父の日は鉄のフライパンを所望。やはり鍋系は鉄っしょ。中華鍋はもう20年近く使い込んだものを愛用していますが、フライパンに関しては、ホームセンターで買った○○加工を表面に施した安モノ。こんなんで美味しいものが作れるわきゃない。貰ったのは某有名料理家推薦の道具。

 して、早速この鉄フラで調理。少し深さがあって使い易いし、「うっ、いつもより美味しい!気がする」とまぁ、気持ちは大事。

 しかしコレ、柄の部分がチョー熱くて、素手で持つのはムリ。じゃぁ、鍋つかみとかで持てばイイじゃん、ときますが、玉子を割るとか、時間差で食材を入れたりとか、その度に鍋つかみを脱いだりはめたり、これじゃぁ料理に支障が...。

 う~む、この案件、盲点だったと思うよ、A元Y子さん!

« ロシアものは大人数で | トップページ | ベルリオーズ没後150年【上】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

先日、マツコ・デラックスさんが出演している番組でも、「マツコの知らないフライパンの世界」というのをやっていましたね。

あんな高級フライパンを使ったことが無いから、単にフ~ンって感じで見てしまいました。

> 語る会さん
 その番組、アタシもよく観ます。包丁のときなど、やはりちゃんとした切れるのが欲しいなぁ、と思いましたもん。
 取り敢えずフライパンは、鉄製だとワンランク上がった気がしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシアものは大人数で | トップページ | ベルリオーズ没後150年【上】 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ