« ベルリオーズ没後150年【上】 | トップページ | エムスタ新作世界初演に向けて »

2019年6月22日 (土)

五線の宇宙~作編曲家編~

 この企画をGRECOのオーナーさんから頂いたときに、なんて作編曲家の立場、気持ちの分かっていらっしゃる方なのでしょう、と思いました。本当は常日頃から語りたくてしょうがない、曲作りに関してのスタンス、個々のエピソード等、今回は曲を決めるのも割りと早かったですし、必然的にMCの内容も決まってきました。

Greco5sen とは言え、その曲を決める前までは、編成で悩んだワケで、啼鵬の場合は様々なジャンル、編成での可能性があって、でもそれぞれで一夜をやるには時間的にも厳しい。

 そこで一番レパートリーもあって、それなりに関わっている歴史もあるSaxophoneにスポットを当てる事に。そして付き合いも長くなってきたFigur Saxophone Quartetとやるのがベストなのではないかと。

 当日はホント、たくさんのお客様にお越し頂きました。北は山形から南は岐阜まで、聴く楽しみの方から、ご自身で楽器もされる方まで、啼鵬ワールドを堪能して頂き、有り難うございました。

5senteho2

« ベルリオーズ没後150年【上】 | トップページ | エムスタ新作世界初演に向けて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベルリオーズ没後150年【上】 | トップページ | エムスタ新作世界初演に向けて »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ