« BBQと2色カレー | トップページ | 日本人の食肉生活 »

2019年7月21日 (日)

VOJA-tension サマーゴスペルコンサート

 日本に於けるゴスペルの第一人者、亀渕友香(故人)が組織したThe Voices of Japan。そのピックアップメンバーから成る「VOJA-tension」のコンサートが、つくば市ノバホールで行われました。

Vojatsukuba 実はこのメンバーの中に、現在我がたくみスタジオで和声学を学ぶ歌手がいます。榊原暁君。つくば市出身で、お母上様はピアニスト。啼鵬の大先輩。そんなご縁もあって、このコンサートはFMうしくうれしく放送の私の番組「限りなく啼鵬の音楽全集」でも紹介。アタシもゴスペルは大好きなのですが、その割りには曲もたいして知らず、やはり日本での定番、「Sister Act(天使にラブソングを)」くらいしか。

 彼らのステージは、歌声のハーモニーも去る事ながら、照明の演出も素晴らしく、とても楽しめました。メンバーそれぞれのSoloとChorusの対比、また醸し出すハーモニーは、啼鵬の想像するゴスペルそのもので、日本人のゴスペルもここまで本物に近付いたかと、亀渕友香の功績を改めて感じる次第。

Img_2455 啼鵬もアルゼンチン・タンゴという外来音楽をやっていますが、文化の違う地域の音楽を、どうやって日本で聞かせるか、いつもそればかりを考えておりまする。VOJA-tensionもゴスペルを軸に、オリジナルからカバーまで、様々なジャンル、スタイルの音楽をレパートリーにしている模様。彼らの活動は目が離せませぬ。

 そして榊原暁君、凱旋公演おめでとう!

« BBQと2色カレー | トップページ | 日本人の食肉生活 »

レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BBQと2色カレー | トップページ | 日本人の食肉生活 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ