« 今年も山田武彦先生と | トップページ | お子様の年齢 »

2019年7月13日 (土)

山田武彦と東京室内歌劇場 Vol.4

 今回で4回目なんですねぇ。啼鵬は3回目から参加させて頂いております(2018年7月21日参照)。

P_20190713_112939_bf 会場のトッパンホールは、聴きに行った事はあるのですが、出演は初めて。と言いつつ、実は楽屋は使わせて頂いた事がありました。ギタリストの金庸太さんのリサイタルで、ずうずうしくも客で行ったはずなのに、荷物を置かせてもらい、空いた時間には仕事までさせて貰ったり...。

 今回の目玉商品(!?)は、音楽監督山田武彦先生のお作りになった、「故郷を離るる歌」。お馴染みの曲の合間に、Classicの名曲をはさみ、それもWagnerやWeber、Brahmsなど様々。聴いていても楽しいし、弾いていると尚楽しい。

 ところで笑えるハプニング。啼鵬はよく、リハーサルでやらなかった事を、本番のみやったりするのですが、今回はSwing調のときに、座っていたCajonを叩きました。しかしスタッフさんが表裏を逆に置いてしまい、叩く面が背面に! なのでお客さんからは、「あの人、お尻叩いている?」って見えたかも。

 お忙しい中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

« 今年も山田武彦先生と | トップページ | お子様の年齢 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も山田武彦先生と | トップページ | お子様の年齢 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ