« ひんやりカスタード | トップページ | 久しぶりの劇伴録音 »

2019年8月28日 (水)

街の何でも食堂

 存在は引っ越してきた当初から知っていたのですが、なかなか入る機会を得ず。この地域に住んで、そろそろ20年。ようやく入ってみました。それもチビの友達のお母さんが働いているから、という理由で。

Suzuyarevanira メニューはとってもたくさん。手元のメニューには麺類だけで20くらいはあったか。丼モノも数種類、更に定食は30くらいあった印象。その他、壁に貼ってあるメニューもあって、メニューのカオス状態!?

 結局手始めに(!?)、レバニラ炒め定に。コレ、中華屋さんで食べる其れとは明らかに違って、「ほぅ、定食屋だとこうなるか」という感じ。文字通り似て非なるモノ。

 実は系列店には行った事がありました(2016年5月24日参照)。とは言え、味は同じかというと、そんなこたぁない。

 「灯台もと暗し」とは言ったもの。まだまだあるある、探検発見ボクの街。次に来たときはカレーかな。

« ひんやりカスタード | トップページ | 久しぶりの劇伴録音 »

我が街“茨城”」カテゴリの記事

コメント

写真の雰囲気だけで言うのはなんですが、見ただけで美味しそうな感じがします。
そう、食堂という響きがよく似合うお店って感じですね。

> 語る会さん
 そうなんですよ。そして老若男女の常連さんがいて。長くやっているだけの理由があるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひんやりカスタード | トップページ | 久しぶりの劇伴録音 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ