« カレー屋に落ち着く | トップページ | Mandolin合宿再び »

2019年9月14日 (土)

バンドネオンが奏でる情熱のタンゴと歌でつながるコーロJ

 これまた長いタイトルですが、前半はTangoを中心としたプログラム、後半は合唱というイベント。土浦市男女共同参画センターフェスティバルとして行われました。

Danjokyodo2019a 出演は啼鵬の他に、お馴染みGuitarの金庸太さん、そして我が妹松本民菜。この組み合わせは意外にも初めて。金さんと妹は、大学で接触がありました。妹が大学生のときに、金さんは先生としてその大学で教鞭を執っていたので。

 また例によって妹には、Violinのみならず歌も。声種がSopranoなので、其れに似合う曲を当てるのが思案のしどころ。結局NHK朝ドラ「てっぱん」より「ハバネラ」と、Piazzollaの「Oblivion」を歌ってもらいました。

Danjokyodo2019b 実は会場となったのは、市役所の窓口、と言って良いのか、待合ロビー。この空間で演奏会というのは、日常と非日常が混ざる意味で、とても不思議な感じだったのでは? 三連休の初日にも関わらず、多くのお客様にお越し頂きました。有り難うございました。

« カレー屋に落ち着く | トップページ | Mandolin合宿再び »

Tango」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カレー屋に落ち着く | トップページ | Mandolin合宿再び »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ