« タピオカ麺 | トップページ | 新たな挑戦 »

2019年10月 2日 (水)

競合駅弁

 資本主義経済の基本は競争。その競争は価格面のみならず、内容面でも切磋琢磨して良いものが生まれる。理屈上では。

Yamagyumeshi コレなんかもそうなんでしょう。山形の駅弁と言えば、やはり牛肉どまん中(2019年4月19日参照)。最近では味のバリエーションも。恐らく其れにぶつけてきている競合弁当なのでしょう。あくまで競合。パクったバッタモンでなくね。

 恐らくマニアの方に言わせれば、ちゃんと味の違いなど説明してくれるのでしょうけど、にわか鉄のテーホーでは、1度有名なものを食べれば、あとは何でも。

 ま、全国の駅弁で似たような現象があるかと思いますが、例えば横川の峠の釜めし、函館のいかめしなど、あそこまでいくと競合弁当はあるのかしら。

« タピオカ麺 | トップページ | 新たな挑戦 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

有名駅弁大会に出るような駅弁の類似品って、意外にあると思いますよ。こういうのって、意外に小さいお弁当屋さんが作っていたりするから、特許や意匠登録って難しいのかもしれませんね。(まあ、「おぎのや」はかなり大きなお店になったような気がしますが…。もはや電車用というより、ドライブインとか作っているし…)

> 語る会さん
 やはりそうですか。茨城だと有名駅弁は見当たらないので、競合もないですわね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タピオカ麺 | トップページ | 新たな挑戦 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ