« Lee Ritenour & Dave Grusin featuring Ivan Lins | トップページ | 大巨匠を迎えるにあたって »

2019年11月 6日 (水)

変則調弦

 こうやって書くと、何やら尋常で無い感じですが、弦楽器で調弦(チューニング)を変える事は、そんなに珍しい事ではありませぬ。もちろん見た目には全く分からないのですが、今回のケースはちょっと、いや非常に稀なケースか。

Bayashikobass2 今回の東京藝術大学音楽学部同声会茨城支部演奏会に出演され(2019年11月2日参照)、拙作の世界初演もして下さったバヤシコさんこと、小又史江さんの楽器。年季の入ったイイ感じ。いかにも名器!

 いや、問題はこの見た目じゃなくて調弦。通常Contrabassは下からE-A-D-Gと4度ずつ。Guitarの下の弦と同じ。しかしバヤシコさんの場合、よくメロディーを弾くそうで、A-D-G-Cという、最低弦を抜き、4度上の弦を足すもの。「変則」というより、「変な」チューニングと言った方が良いか。

Bayashikobass1 しかも頭にはコレ。そう、アタシもかつて一本茂樹君から借りていた楽器に付いていた、Cマシーン(2015年1月12日参照)。バヤシコさん、つい最近業者さんに頼んで改造してもらった模様。つまりこの楽器の最低弦Aを下げられる。そっか、そうすれば通常のE-A-D-Gの楽器にもなれる? いや、このマシーンは長3度までしか下がらないので、AはFまでしか下げられませぬ。

 う~む、だったら5弦に改造する方が良かったのでは? E-A-D-G-Cだったら普通の曲も弾けるし、High Positionにしなくても高い音域の旋律も弾ける!

Bayashikobass3 ハナシを戻しましょう。今回の拙作「紡ぎ合う弦」は、通常のContrabassを想定して書いたもの。結局改造しても、フツーの曲が弾けないので、アタシの曲は、アタシの楽器で弾いて頂きました。いやぁ、名手に弾いてもらえて、この楽器も幸せだったろうに。

« Lee Ritenour & Dave Grusin featuring Ivan Lins | トップページ | 大巨匠を迎えるにあたって »

楽器」カテゴリの記事

コメント

変則チューニング後は、マンドローネと同じ(A-D-G-C)チューニングですね。マンドローネ弾いてると下の音ほしいことはたくさんあります。

> tso@沖宿さん
 おぉ!確かにローネと同じチューニング。でも大きな違いは、其れでメロディーをたくさん弾くかどうか...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Lee Ritenour & Dave Grusin featuring Ivan Lins | トップページ | 大巨匠を迎えるにあたって »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ