« 台座取り忘れ | トップページ | 幼馴染みのメンチ »

2020年1月31日 (金)

芋煮のたれ

 芋煮会に参加してからというもの(2018年10月2日参照)、家庭でも時折芋煮を作る啼鵬。ひっぱりうどんも作ったりするので、テーホー家の食卓には山形の料理が並ぶ事もしばしば。

Beniyaimoni 今回の芋煮は、いつも使っているのではないたれを。たれが変わればレシピも変わる、なんて事はないので、いつもと同じように。ちなみにこちらでは、白いコンニャクが売っている店が限られているので、一般的なヤツを。

 果たして出来上がったのを食べてみると、うむ、確かに違う、ような気がする。まぁ、刺身や卵かけご飯のように、ダイレクトに味わうならば、味の違いも即分かるでしょうけど、煮込んでしまうとアタシ程度の味覚だとネ。とは言え、美味しい事には変わりありませぬ。

 そう言えばこの前テレビで、やたらめんつゆを使う料理人がいましたが、啼鵬料理は芋煮のたれを使うのが特長!なんてのもイイかも。問題は簡単に手に入らないコト、茨城では。それとも最近でっかい鍋で芋煮会をしている、県北地域には売っていたりするんだろうか。

« 台座取り忘れ | トップページ | 幼馴染みのメンチ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台座取り忘れ | トップページ | 幼馴染みのメンチ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ