« 令和元年を振り返ると | トップページ | 再会:啼鵬スペシャル »

2020年1月 1日 (水)

令和の年明け

 実は昨年、身内に不幸があったもので、新年のご挨拶は失礼させて頂いておりまする。ここ数年の年明け記事は初詣でしたが、それも喪中のためナシ。

 そんなところで、では初めての令和の年明け、何を話題にしようかと、最近気付いた納豆ネタ。

Kumenatto茨城県民にはチョーお馴染みの「くめ納豆」。おかめ派かくめ派か何て議論もあったとか無かったとか。しかしながらこのくめ納豆、しばらく前に会社はつぶれ、ブランドはMizkanの中に(2009年8月27日参照)。

 テーホーはおかめ派なので、普段このくめ納豆を食べる事は無いのですが、ふと「第24回全国納豆鑑評会優秀賞」が目にとまりました。え?このBlogでも納豆鑑評会の話題は時折取り上げましたが、受賞するのはたいてい個人商店とか、あまり大きくない会社のイメージ。だって納豆に於ける利益なんて、クォリティーを優先したら、微々たるもんでしょ。

 んで、久しぶりに食べてみると、まず開封してビックリ! 粒が小さくなっている。当然食感も全然違って、昔の豆の柔らかいくめ納豆の感じではありませぬ。ファンにしてみれば、Mizkan以前とMizkan以後と賛否が分かれるのでしょうな。おかめ派のアタシには関係ないケド。

 納豆業界の1位は何と言ってもおかめ納豆のタカノフーズ。しかしこの第24回の鑑評会では受賞ナシ。そもそも出品をしているのか? トップでないメーカー故の、上を目指す飽くなき探求心。頭が下がりまする。

 今回のくめ納豆の受賞、啼鵬の人生に照らし合わせても思うところあり、長年続いているブランドに於いても、変化を恐れず良いものを。大事です、変化。

 2020年が皆様にとって、良い年でありますよう、心からお祈り申し上げます。

« 令和元年を振り返ると | トップページ | 再会:啼鵬スペシャル »

納豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和元年を振り返ると | トップページ | 再会:啼鵬スペシャル »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ