« 特急乗車口 | トップページ | ブルーノート・レコード ジャズを越えて »

2020年1月 9日 (木)

ライブハウスの小さめPiano

 話は昨年末のSound harvest(2019年12月27日参照)。

Clapspianoこの日弾かせて頂いたPianoはYAMAHA C3。取り立てて珍しい楽器では無いのですが、このライブハウスにしては、少し小さく感じるサイズ。しかし弾いてみると、きちんとメンテナンスされ、稼働率の良いライブハウスにありがちな、疲れたPiano感は全く感じず、サイズを忘れさせる響き。テーホークラスのピアニストには十分な楽器でした。

 このライブハウスに出演するのは2回目だったのですが、Pianoを弾くのは初めて。歌やHornの伴奏だったとは言え、も少し何か出来たのでは?と心残り。次回はもっと啼鵬らしいプレイを。

« 特急乗車口 | トップページ | ブルーノート・レコード ジャズを越えて »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特急乗車口 | トップページ | ブルーノート・レコード ジャズを越えて »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ