« A.R.C.@北斎遊学館 | トップページ | 同じ学舎で »

2020年2月25日 (火)

水辺のカフェ

 街中を水路が巡っている訳ではありませんが、やはり潮来というと水の街のイメージ。A.R.C.が公演をした北斎遊学館。

P_20200224_131820水と炎はずっと見ていて飽きない啼鵬。こんな水辺のカフェは、何とも癒やされる場所。前に流れるは、霞ヶ浦から太平洋に注ぐ、常陸利根川。この日も天気が良かったので、釣り客が数人。

 会場の北斎遊学館は、1階が地元特産品を売るショップと、我々が演奏したホール。2階がカフェになっていて、テラス席もアリ。

Img_2219 ホールの中は天井も高く、なかなかの響き。壁は石です。なので冬場は寒いのかな。東日本大震災には、県内でも被害が比較的大きかった潮来市。私もいつも通っていた道路がヒビだらけなのをテレビで観ました。この館も被災したので、修理、補強したようです。

 ところで何故「北斎」なのか。北斎と言えばトーゼン葛飾北斎。

Hokusai36keiなんとココ潮来市牛堀は、葛飾北斎の「富嶽三十六景」に描かれているのです! 題して「常州牛堀」。そりゃもぅ、鬼の首をとったかのように、「北斎」を名乗っても全く問題無いわね。

« A.R.C.@北斎遊学館 | トップページ | 同じ学舎で »

我が街“茨城”」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« A.R.C.@北斎遊学館 | トップページ | 同じ学舎で »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ