« 啼鵬Mandolin & 太郎丸Mandola | トップページ | 久しぶりの水戸芸術館 »

2020年2月11日 (火)

兼氏規雄クラリネットリサイタル

 実のところ、お会いしたのは2回ほど。しかし一方的には割りと昔からお名前を存じ上げていましたし、そして何より東京芸大のOB会である同声会の、茨城支部長さん。

 加えて同期の城戸春子さんや、昨年お仕事でご一緒した石坂淑恵さんもご出演。久しぶりにBrahmsも聴きたいし、もう1曲のFrançaixは聴いた事のない曲だったので、これまたチョー久しぶりの水戸芸術館へ。

Kaneuji 果たして2曲とも、素晴らしい演奏だったのですが、1つ注目したのは演奏者の世代。よく「世代を超えて~」などと、うたい文句としてありますが、今回の演奏は正に其れ。

 Françaixは大御所のSoloを若手と中堅が支えるといった図式。Brahmsの方は世代が離れているにも関わらず、対等な音楽作り。そう、曲も対照的な2曲だったワケ。

 それにしても城戸のハルちゃん、スゴイな。一昨年のTrioのときも思いましたが(2018年3月9日参照)、同期の中には音楽から離れた人も少なくないので、そんな中ハイレベルな演奏を聴かせて貰えると、アタシも頑張らにゃと。

« 啼鵬Mandolin & 太郎丸Mandola | トップページ | 久しぶりの水戸芸術館 »

レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 啼鵬Mandolin & 太郎丸Mandola | トップページ | 久しぶりの水戸芸術館 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ