« 山形ダブルヘッダー | トップページ | 気になるピアノ »

2020年2月16日 (日)

少年期の脳みそ

 演奏会や演劇、美術展など、仕事絡みで有る無いに関わらず、なるべく行くようにしております。色々な意味で刺激も受けますし。今回訪れたのは、かつて我がたくみスタジオでViolinを習っていた生徒が出演する演劇。よく演奏会のお手伝いもして頂いておりますが、彼女はどちらかと言うとステージに立つ側の志望。

Shonenki 今回の演劇は、彼女の通う学校の卒業公演。その学校は演劇、俳優、映画監督を目指す人のための学校で、啼鵬も共演した事のある、菊地成孔さんも短期講義をしていたり。

 そう言えば観劇も久しぶり。しかも小劇場なので、役者さんの息づかいまでが伝わってくる距離感。皆さんの力演、なかなか素晴らしかったです。アタシの生徒さんもハマり役。会場を沸かせていました。

 こういう舞台芸術は、やはり雰囲気や空気感を醸し出すのが最も重要。啼鵬もいつの間にか舞台空間に引き込まれ、気が付くと同じ緊張感を味わっていました。

 やっぱいいな、演劇。今回はいわゆる劇伴は殆ど無かったのですが、最後に何故かWieniawskiの「Violin Concerto No.2」の第2楽章「Romance」が流れました。しかもメロはViolinじゃなくて。職業的には其れが気になったかナ。

« 山形ダブルヘッダー | トップページ | 気になるピアノ »

レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山形ダブルヘッダー | トップページ | 気になるピアノ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ