« ようやくTango | トップページ | テーマ曲新調:限りなく啼鵬の音楽全集 »

2020年3月 9日 (月)

FUKUYAMA & SONS

 特に本番が設定されているワケでは無いのですが、伴奏と合わせたいとの事で、同じ土浦音楽院で学んだViolin奏者、安藤麻衣子さんのお宅へ。彼女とは小学生の頃からの付き合い。弦楽合奏団弓組のゲスト・トップをやって頂いたり(2017年11月17日参照)、弦楽四重奏団"彩"を一緒にやったり(2019年11月30日参照)。

Fukuyamasons そこで弾かせて頂いたPiano。「FUKUYAMA & SONS」 初めてお目にかかりました。安藤さんのお母上様の嫁入り道具だったそうな。む?そんなに古い楽器なのか。しかも調べるとこのブランド、いくつかの製造会社が作っている模様。そこまでされるというのは、余程のブランドなのでしょう。非常に興味がありまする。

 今回はViolinが2パート。もう一方のViolinは弦楽合奏団弓組の組員で、TJの愛称で呼ばれる、これまた土浦音楽院同門下生(2017年4月2日参照)。

 合わせていると、学生時代を思い出しました。あの頃は練習するに理由は無く、ただただ、ひたすら練習していた、って程でもありませんが、ま、具体的にいつ本番があるからとか、そういう事で無く練習を。

 勿論いつか披露出来るならば、其れに越した事はありませんが。

« ようやくTango | トップページ | テーマ曲新調:限りなく啼鵬の音楽全集 »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやくTango | トップページ | テーマ曲新調:限りなく啼鵬の音楽全集 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ