« TecCheEze Live in Cafe Box | トップページ | 温かい茶そば »

2020年3月18日 (水)

よもぎあじまん

 いつの頃からか、この「あじまん」が広まっていましたが、私がガキの頃は、同類のものとしては今川焼、大判焼というのがありました。今は殆ど見かけませぬ。勿論たい焼きは変わらずありますケド。

 そのあじまん。茨城では限定モノは無く、本場(!?)山形では月毎の限定モノが。これまでも紹介してきました(2020年2月19日参照)。

Yomogiajiman4今回はよもぎあじまん。これがなかなかゴイスー。たんなる緑のあじまんかと思いきや、その生地からしてノーマルあじまんとは違い、凄くモチモチ。この「モチモチ」食感は、何気に様々な食べ物に入り込んでいますが、あじまんにも浸透かネ。

 よもぎの香りも去ることながら、この生地のモチモチ感がイイ。やはりこの種の食べ物、いかに周りの皮が大事かを思い知らされまする。何でもそーよ、餃子とか焼売とか肉まんとかも。皮。ホントに美味い点心は皮が美味い。

 それにしても限定あじまん、茨城でもやんないかな。

« TecCheEze Live in Cafe Box | トップページ | 温かい茶そば »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

関西では「御座候」が有名ですね。値段も安く、あんこがしっかり入っていて絶品です。皮もさることながら、中味が充実しているタイプですね。

> 語る会さん
 安いのはイイですね。今川焼きや大判焼きは、私がガキの頃は¥100しなかったと思うのですが、あじまんは¥110。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TecCheEze Live in Cafe Box | トップページ | 温かい茶そば »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ