« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月30日 (木)

いち早い措置

 啼鵬も所属している日本音楽家ユニオンから会報が。そう、ココはこのご時世でも紙による会報を発行。定期的に届きます。一面には新型コロナウイルス感染症による経済対策一覧。我々会員が受けられる可能性のあるものを列挙。

Ongakujinmpn 実はそれに先だって、演奏家権利処理合同機構(略称MPN)という団体から振り込みが。この団体は、二次使用料を徴収する団体。例えば啼鵬が録音の仕事で演奏。そのときに報酬を受け取りますが、その録音が別なところで使われた場合に、その使用料が支払われる仕組み。

 支払われる時期は決まっているのですが、んじゃぁ何故そうじゃないときに? しばらくするとMPNから通知が。この流行病騒動で、取り敢えず今期分の9割を先に支払うと。おぉ!給料の前借りみたいな感じかネ。

 さすが実演家の運営する団体。こちらは多くのイベントがキャンセルになり、基本的には「感染症」が理由だとキャンセル料は発生しません(例外もありますが)。そうなると、当座の資金が必要なワケで、確かに頂く事になっている報酬ではありますが、それがいつ手元にくるのか。其れ、チョー重要です。こいつぁ有り難い。

 んで、10万円の方はいつ貰えるん?

2020年4月29日 (水)

業務系山形フェア

 輸入調味料を求めて、業者さんも来るようなスーパーへ。しかし駐車場が既に蜜! 諦めて別の店に行ったのですが、そこも業者さん御用達っぽい店。普段のスーパーでは見ない大箱サイズや、1袋に何十個と入っている冷凍食品とか。そこでエンドレスのアナウンスが耳に入ってきました。

Kimg0376 「ひっぱりうどん」の由来だって。近年山形が近くなった啼鵬。「ひっぱりうどん」と聞けば素通りは出来ませぬ。自宅でも時折食べます。チビ達も大好物。

 しかし...これだけ? アナウンスは途切れなく、ずっと「ひっぱりうどんは、鍋から〜」とせんだみつおさんみたいな声で流れていますが、何となく拍子抜け。一応この近くには鯖の缶詰も売っていましたが。

 そしてパッと見、マツコさんが絶賛したのかと思いきや、それは別の商品。どれだけの人がこのアナウンスを聞いて、「ふ〜ん、じゃぁ、ウチでもやってみっかぁ」となるでしょう...。

 ちなみにアタシが旅先で覚えたうどんの食べ方は、この「ひっぱりうどん」の他に、宮崎県は五味八珍の「釜あげうどん」。いずれも共通しているのは、めんつゆに特徴があるってコト。

 他にもあるんだろうなぁ、日本は広いから。

2020年4月28日 (火)

ナンプラー後日譚

 行った日は激混み。3蜜を避ける意味でその日は諦め、後日改めて行って購入したナンプラー(2020年4月27日参照)。早速使ってみる事にしたのですが、開けてビックリ。

Kimg0377無い、穴が。どうやって使うん?

 輸入品ではありますが、一応ラベルには開封方法が日本語で。何でも包丁やカッターで、先端部を切り落としてくれと。 そんな原始的な...。ならばと包丁で切り落とし、無事味付けをする事が出来申した。

 日本の様々な調味料は、初めて使うときの開封方法は、すっごく簡単な方向に。それがまた商品のウリにもなったりするのですが、そういうとこは、どーでもイイのでしょう。

 でもさぁ、細かいコト言うようだけど、その切った部分はどうなるのさ。アタシャちゃんとプラゴミとして捨てましたが、切った破片がシンクに落ちて、取るのに一苦労。無頓着な人だったら、テキトーにほっぽり出してしまうかも。そういうのがマイクロプラスチックとしてゴミになって、環境問題を引き起こすんじゃ...。

 日本のメーカーはそういうとこ、なるべくゴミが出ないように、もしくは分別しやすいように工夫していると、改めて思った次第。

2020年4月27日 (月)

調味料を求めて

 この流行病のせいで、不要不急の外出は控えることに。そうなると食料品の買い物くらいしか、出かける用事はありませぬ。

 この日はいつも使っている調味料を買いたかったのですが、あいにく輸入調味料を売っている店は閉店中。同様のものが買える店を探し行ってみると...!? いやはや、駐車場は第2駐車場まで満車! 店の大きさからして、こりゃどう考えても店内は「蜜です!」。まぁ、業者さんも使うような店で、普段から安売りしているし、しかも行ったのが日曜日だったので、さもありなんか...。アタシはナンプラーが欲しいだけなのに。

Gyomsuper1 日を改めて行き、取り敢えず手に入れましたが、こんなにデカい瓶じゃなくて良かったんだけど。小さいサイズが売り切れで。ま、1年はもつか。ついでに水谷美月さんの曲でお馴染みの、オリバーソースも(2018年5月1日参照)。こちらの方だと、このお店でしか売っていませぬ。

 更に最近高騰していると言われるホットケーキミックス。チビ達が喜ぶタコ焼きミックス、そして不思議な入れ物に入っているコーヒーゼリーなど、色々買い込みました。

Gyomsuper2 ちなみに粉たち。業務用ともあって、マニュアルが其れ。さすがに大家族じゃないので、一度にこんなに食べないですヨ。

2020年4月26日 (日)

田代万里生:Simpatia

 先日届いたDVD、もといBlu-ray。

Mariosimpatia今やミュージカルで大人気、田代万里生さんの10周年記念コンサート。実は啼鵬も何曲か編曲を。田代さんの編曲は、これまでにも何回かやらせて頂きましたが、今回のコンサート、実は他にもご縁のある方が。

 オケは東京フィルハーモニー交響楽団だったのですが、見るとFluteに斎藤和志センパイが!

 指揮者は栗田博文さん。彼とのファースト・コンタクトは啼鵬が中学生の頃ですが、さすがにそのときの事は、マエストロは覚えていませんわな。その後、やはりアタシの編曲でマエストロが指揮をした現場がありましたが、そのときも接触は無く...。

 そしてコーラスに参加していた七瀬りりこさん。弦楽合奏団弓組結成のきっかけとなった(2010年2月11日参照)、宝塚歌劇団娘役のジブリ・アルバムに参加されていました。

 とは言え、演奏会には行けなかったので、どなたにもお会いする事はありませなんだ。

 今回の啼鵬編曲。特筆事項はSchubertの「魔王」。そう、中学校の音楽鑑賞教材になっていました。本来はPiano伴奏なんですが、其れをオケ伴奏に。実はPiano伴奏も厄介。右手はほぼ徹頭徹尾「タタタタタタ」と音を連打。これがチョー疲れます。オケにする場合、その連打をどこかのパートがずっとやるワケにもいかないので、いろいろ苦心して...。

 それにしても田代さん、10周年おめでとうございます。これからもご活躍、期待しております。

2020年4月24日 (金)

On Line Lesson

 この流行病で、テレワークなる言葉をよく耳にするようになりました。本来は場所を選ばない仕事なんでしょうけど、今は自宅でする仕事をテレワークと呼ぶのでしょう。ま、アタシなんぞは、この業界に入ったときからテレワークですぜ。移動中の乗り物、滞在先のホテル、本番会場の楽屋等、様々なところで仕事をしておりまする。

 そして今回の「On Line Lesson」。実は啼鵬がやったのではなく、ウチのチビがViolinの先生にして頂きました。それを傍らで見ていると、いろいろ見えてきました。

Tpx240skype まず時折言われる「遅れる」だとか、「ズレる」とか、それは恐らく映像と音、もしくは双方の反応の事を指しているのでしょうけど、その類いは全く感じませなんだ。少なくともこちらには。先生の方ではどうだったか分かりませんが。

 尤も啼鵬宅のネット環境も、決して爆速というものではありませんが、そこそこ速いですし、今回使用したマシーンもCore i5でメモリも4GB。十分かネ。

 なので環境はともかく、あとはこういうビデオ通話でのレッスンが成立するかという問題。今回の内容はVibratoの練習方法の解説。弦楽器は腕や手のフォームはとても大事で、音色やフレーズの機動面に大きく影響します。なので実際に解説と視覚的な教授があるのは、非常に良いです。

 しかしながらいざ、「では弾いてみて」という先生の指示で弾き始める。その演奏を先生が止めて解説。この「止める」というのが、聞こえにくい。先生が「ちょっと、ちょっと」と言っている間に、こちらは夢中になって弾き続ける。これはPCの音量を大きくすれば解決、という問題でも無さそう。

 なので「では一緒に弾いてみましょう」なんてのは、全く無意味かも。先生の演奏を聴いて、其れに自分も合わせるなんて、音質もベストでないこういうシステムではキビシイ。

 ちなみにチビの先生は一緒に同じ事を弾くのは稀。いや、そもそもレッスン中に楽器を持つ時間も限りなく短い。殆どが生徒の演奏を聴いた上での解説と指示。レッスンを見ていると、それは生徒に魔法をかけているようで、同じ「教える」という立場の啼鵬も、毎回非常に勉強になっておりまする。

 んなもんで、ちょっと思ったりもします。名教師ほど楽器を持たずに教えるのでは? もちろん生徒の特質にもよるのでしょうけど。恐らく自分でやってみせて、それを真似させるというのは、「教授」という仕事に於いてはベストなやり方とは思えませぬ。

 ...って事は、On Line Lessonで生徒がメキメキ上達! 名教師の条件か...。

2020年4月23日 (木)

学習イス組み立て

 本来ならばチビ達は学校に通っているはずですが、この流行病のせいで登校したのは入学式のみ。で、こういう事はもっと早くしておかなくてはならなかったのですが、勉強部屋を整え、机やイスも揃えました。そのイスは例によって組み立て式。

Foochair1 コイツが実はクセ者。組み立て家具の経験豊富なテーホーならば、ものの数分で組み立てられるかと思いきや、かなり手こずりやした。何故って、ネジがフツーのプラス・ドライバーで回すものではなく、六角棒レンチでもって回すタイプ。これが実は、ヒジョーに効率が悪く、回すのに一苦労。

 昔回転イスの組み立ては、フツーのネジでしたが、最近はこういうのが主流? 結局20分以上もかかり、メーカーがうたっている15分を大幅にオーバー。う~む、悔しいなぁ。そもそもこの組み立て時間は、何を基準にしているんだろ。

Foochair2 ま、ちゃんと出来たのでいいですケド。

2020年4月22日 (水)

追悼:皆川達夫さん

 音楽学者の皆川達夫さんが亡くなられました。啼鵬にとってはやはりNHKラジオ第1「音楽の泉」です。何しろ現時点での啼鵬唯一のリーダー・アルバム「Deja vu TV RADIO SONGS」のオープニングに収録した、Schubertの「楽興の時」は、この番組のテーマ曲。そう、NHKのラジオ番組のテーマ曲という理由で収録したのでした。

 皆川さんの穏やかな口調で語る曲の紹介。とても分かりやすく、我々のような立場の者でも、とても勉強になるものでした。今啼鵬はコミュニティーFMで音楽番組をやらせて頂いていますが、その頭の片隅には、常に「音楽の泉」のような、王道をいく番組がありました。私の番組は扱うジャンルも幅広いですし、砕けた感じではありますが、リスナーに伝えたい事は「音楽の泉」と同じと思っています。

 残念ながらお会いする機会はありませんでしたが、皆川さんの番組は私の目標の1つでした。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2020年4月21日 (火)

あじまん閉店

 この時期に「閉店」と見ると、一瞬「え!?コロナの影響か」と思ってしまうのですが、このBlogで何度も登場している(2020年3月18日参照)、冬のおやつ「あじまん」。

Kimg0373そう、冬のおやつなので、元々冬にしか営業していない。しかもこれを撮影した時点では、まだ営業はしていたのですが、結局アナウンスされた日よりも、早く店じまい。ま、それは後で知るのですが、啼鵬はその閉店前日に購入出来ました。

 「冬のおやつ」という売り文句はともかく、何故冬だけ? 同じような材料で出来ているたい焼きは通年で売っているっしょ。ただ今年は流行病のせいで予定よりも早く閉店。売り場は基本、小屋の中。1人で切り盛りしている場合もありますが、2人でやっている店舗も。明らかに密...。

 来季は是非、限定あじまんを。もちろん茨城の。本家山形では、毎月限定あじまんが出ているので、例えば納豆あじまんとか、梅あじまんとか、メロンあじまんとか...、常陸牛あじまんとか?

Lastajiman

2020年4月20日 (月)

ひたち野うしく駅

 先日のNHK仕事で(2020年3月22日参照)、茨城出身の演奏者コーディネイターさんと地元話に花が咲きました。JR常磐線の佐貫駅が龍ヶ崎市駅になったという話題になり(2020年3月31日参照)、啼鵬が持ち歩いている簡易時刻表を見せると、「この駅ナニ?」と。

 その駅はひたち野うしく駅。ははぁーん、割りと早くに上京して仕事を始められたようで、この駅の存在を知らない!?

Hitachinoushiku 元万博中央駅。1985年の筑波万博の際に出来た臨時駅。荒川沖と牛久の間に出来ました。万博が終わると閉鎖。そして1998年に今度はひたち野うしく駅として開業。当初周辺には何もありませんでしたが、今では商業施設や住宅もたくさん。まぁ、我々土浦市民にとっては、これで更に東京までの時間が延びたと、あまり歓迎ムードではありませんでしたケド。

 ちなみに我らTango Trio「A.R.C.」がやったレコ発ライブは、この駅前施設(2016年3月21日参照)。

 この写真は2018年に撮影。ひたち野うしく駅20周年という事で、Blogネタにしようと思っていましたが、大々的なイベントも行われた様子もなく、たいした話題でもないとお蔵入り。最近の外出自粛で鉄道から遠ざかり、恋しくなったので取り上げてみました。

 そう言えば最後に鉄道を利用したのは...!? 3月末に山形に行ったときかぁ(2020年3月29日参照)。この流行病が終息したら、思いっきり鉄旅をしたいもんです。

2020年4月19日 (日)

カラーボックス【2段】組み立て

 この流行病で音楽の仕事はゼロになった訳ではありませんが、時間が出来た事は確か。これまでなおざりになっていた、整理整頓もとい、お片付けに精を出す毎日。その一環で組み立て家具を作ったりも(2020年4月17日参照)。

Colorbox4 そしてまたカラーボックス組み立て。今回は2段。3段のは7分半で出来たので、トーゼンこれはもっと時短で。

 1個目は4分10秒。よっしゃ、2個目は4分を切らなくてはと。果たして手際よくやったつもりが、4分01秒。う~む、4分の壁は破れなかったか。

 そこへ注文していたコーナー用のテレビ台が。何しろそれまで雑誌を重ねて台にしていたので、いつかは買わなくてはと思っていたところ。早速組み立て開始。

Tvboard カラーボックスと違って、初めて組み立てるジャンル。説明書をよく見ながらの製作なので、若干スピードは遅く、タイムは12分32秒。メーカーさんは15分とうたっているので、速かったと言えば速かった。ただ行程を1つ間違え、一旦乗せた上板をハズしたというロスも。説明書には注意喚起が無く、チョット不親切。

 ちなみにホントは3本の足が付くのですが、低くしたいために取り付けませなんだ。手前に写っているのは愛用の電動ドライバー。

2020年4月17日 (金)

カラーボックス【3段】組み立て

 ガキの頃、よく父親が作るのを手伝っていました。カラーボックス。今も昔も1つ¥1,000前後で買えます。いや?40年も前から値段が変わっていないって、どうよ。

Colorbox1 そもそも何故「カラーボックス」? 商品名なのか。基本的にはプラス・ドライバーがあれば出来るのですが、それだと木ネジを回すのが、チョー疲れます。父はラチェットみたいなタイプで、グリップを上下する事によって回すタイプを使っていました。恐らく当時、電動ドライバーがそんなに普及していなかったのか、それともそういうものは完全にプロ仕様で、一般人は手に入りにくかったのか。ただ父は設備屋だったので、言ってみればそのギョーカイの人。やはり、電動と言うと穴をあける「ドリル」くらいなもので、ネジを締めるのはまだ手動だった?

Colorbox2 んで、テーホーはと言うと、実家を出て自分で工具を買いそろえるようになったときから、ドライバーは電動に。尤も、替え刃さえ揃えればドリルにもなるんですが。時折組み立て家具を作っていました(2018年1月3日参照)。んなもんで、このカラーボックスなんつぁ、朝メシ前。組み立て家具はこれまで何度も失敗し(2009年1月30日参照)、経験も豊富(!?)。カラーボックスなんて初心者向けの組み立て家具は、パパッと!

 最初の1つは10分半かかりやした。メーカーさんは15分で組み立てられると。それってつまり、フツーの人が作った場合っしょ。ま、こんなもんかネと、2つ目は更にタイムは縮み、最後4つ目を作ったときには7分半で。

Colorbox3 ま、慣れてきたんで、なんかもっと作りたくなったわ。

2020年4月16日 (木)

長野バンドネオン倶楽部創世記

 保管している新聞。何故とっておいてあるのか、中を開くと...!?

Nikkansports19980117 いやはや、テーホーわかっ! 1998年(平成10年)1月17日の日刊スポーツ。この年はご存じ、長野五輪のあった年。我ら長野バンドネオン倶楽部は、前年1997年にアタシと生徒さん1人で開始。このときはメンバーも少し増え、そこに新聞の取材があったってワケ。

 ちなみに1面は「W杯へ抜てき 初の岡田人事 日本代表29人発表 中村俊輔使える」と。その裏の28面は長野五輪の話題。山形県は真室川町から代表が2人。バイアスロンの髙橋涼子と距離の青木富美子。なんとお2人は師弟関係だとか。「師弟で狙え ナガノ入賞」でした。

 こうしてデータ化したものの、スキャナーの売り文句のように「データは残す、紙は捨てる」というのもなぁ。この古びた新聞も思い出深い。

2020年4月15日 (水)

Flashmate2000

 新型コロナ・ウィルスの感染拡大を阻止しようと、家に籠もって片付けしまくっている啼鵬。これまた懐かしい逸品を発見。カードリーダーです。

Flashmate2000 現在カードリーダーと言えば、PCに実装していない場合、USBに差し込んでSDカードなどを読み込むものを指すでしょう。簡易的なものは¥100ショップでも買えまする。しかしコレが販売されていた時代、今では考えられませんが、カードリーダーを実装していないデスクトップPCで、カードを読み込ませるというのが、実は結構ハードルが高いものでした。ちなみに先ほどからカード、カードと言っていますが、この時代のカードと言えばPCMCIAカード(後のPCカード)や、Compact Flashカードの事。

 ノートPCには実装していたカード・スロットも、デスクトップには後付けとなると、じゃデータのやりとりはどうしてたん?という疑問。そう、しかもこの当時はネットワークも全然で、Windows95のお陰でインターネットをやっている人はちらほら。多くはNIFTY-ServeやPC-VANといったパソコン通信。ネット経由でデータを送るなんて、テキスト・データくらいなもんで、今のような数MBも送るなんつぁ、夢また夢。そもそも速度も遅いし。殆どは従量制だし。

 ハナシを戻すと、じゃ、データのやりとりは?と。今ならばネット経由で無い場合、USBメモリに入れて手渡しとか。この当時はそもそもたいしたデータ量も無かったので、1.44MBのフロッピー・ディスクでも十分だった...。

 んなもんで、こういった夢のようなツールがモテた。接続はパラレル。主にプリンターを繋いでいたコネクタ。確かコイツはWindows95でしか使えなかったかも。啼鵬の別の自作PCには、I・O DATAのカードリーダーを実装させていて、こちらはDOSベースで使用。CONFIG.SYSやAUTOBAT.EXEを書き換えて組み込んだ記憶が。

 ちなみにデカいコネクターがパラレル。小さい方はKeyboardやMouseをつなぐPS/2ポートにつなぐ部分。何のためにつないでいたかは忘れましたが...。電源確保かな?

2020年4月13日 (月)

入学祝いメッセージ

 2人のチビもそれぞれ小学校、中学校の入学式を済ませましたが、学校に行ったのは其れだけ。翌日からずっと休み。こりゃ夏休みを先取り!無事学校が再開した暁には、夏休みは無くなるのか。トーゼン取り戻さなくてはなりませんからね。

 平和な世だったら、入学のお祝いにパーッと外食といきたいところですが、何しろ不要不急の外出は自粛。入学のお祝いなんぞ、絶対に要るか、急いでやらねばならんのか、と言われればビミョー。親心としては祝ってやりたいし、機を逃すと次の行事になってしまう。

 ってなワケで、行きたいと思っていたお店のテイクアウトを利用する事に。以前にもこのBlogで紹介している、本来のBBQを食べさせてくれる店(2019年7月22日参照)。

Buddysparty2 予約時間に取りに行くと、やはりこの流行病で客足も鈍っていたのか、とても歓迎されました。して、帰宅して開封するとコレ!

 正直、そのお店の応援のつもりでオーダーしたというのもあったのですが、逆にこちらが励まされ、勇気を頂きました。そしてこのお肉。至福の時間を有り難うございました。この事態が終息したら、またお店にも行きます!

2020年4月12日 (日)

NAVIGATION SET【後編】

 片付け途中に出てきた、懐かしいカーナビ・ソフト(2020年4月11日参照)。まずもって今後使う事は無いのですが、最後、Blogネタ作りにと、試しにインストールしていたPCを立ち上げてみると...!?

Tp230a 全く期待していなかったのですが、取り敢えず電源は入った! カタカタとHDDのアクセス音の後、残念ながらPC本体の液晶はもうイカれているので、外部ディスプレイを接続。

 ちなみにマシーンはIBM ThinkPad230Cs。今はlenovoになってしまいましたが、IBMのしかも全盛期を迎えようとする頃(!?)のマシーン。このクラス初のカラー液晶搭載で、今手にとってもこのサブノート・サイズはなかなかのもの。ちょっと厚みがあるケド。しかも重いです。

 画面はFDという、何と言えば良いのか。今で言うデスクトップといったところか。一覧になっているファイルを選んで中身を閲覧したり、実行させたり。コピーや削除が出来たり。DOS使いには必須のアイテム、いやコマンドと言った方が正解か。

Tp230c そして更にWindows3.1を起動。このThinkPad230Csは、サブノートのパイオニア的存在、ThinkPad220の後継で、当時ようやく日本でも定着しだしたWindowsを意識したマシーン。220でもWindowsは導入出来たのですが、かなりキビシイ環境。啼鵬のようなインストール・ヲタクが「ほら、220でも動くぜ」みたいに検証するくらいかネ...。230Csはさすが、スムーズに立ち上がりました。って、あくまでこの当時のマシーン・レベルのハナシ。

Tp230b そしてついに! おぉ、何年ぶりに見ただろ、この画面。ただこの後、ずっとこのままでした。一応PCカードで接続しているGPSアンテナも認識はしているようなのですが、何分経っても自分の位置を計測出来ず。結局アタシの家は表示出来ませなんだ。

 今では外部機器はUSBで接続し、ドライバーもほぼ自動で組み込まれますが、この当時はParallelやSerial、ノートPCだとCard Slotにカードを差し込み、ドライバーも自分で組み込まなくてはなりませんでした。そうやって認識させたときの達成感。パソコンを覚えるってのは、そうやって勉強していったもんです。

2020年4月11日 (土)

NAVIGATION SET【前編】

 昔あったPC用ソフト。今ではその役割をスマホに奪われ(?)、役目を終えております。いや、そもそもPCでそんなコトしてたの?って人もいるかも知れませぬ。

Navigationset ナビゲーションのソフト。今ではスマホの何とかマップで事足りますが、これはノートPCにインストール。同胞されているGPSアンテナをPCにつなげ、ノートPCがナビゲーションに早変わり!って、今聞けば便利なんだか手間なんだか、よく分からないでしょう。

 この当時、車にはナビゲーション・システムは今ほど普及していなくて、ならばわざわざカーナビを取り付けるなら、今ある(であろう)PCにソフトをインストールして安く済ませよう!ってハラ。確かにこのソフトの値段では、カーナビはキビシイ。当時は。

 その「当時」っていつだよ、ってハナシですが、Windowsで言えば95の時代。そう、社会現象にもなったWindows95。其れが最新だった頃なので、20世紀末期よ。

 んで、GPSアンテナも見つかったので、試しにインストールしたPCを立ち上げてみるかと。果たして...!?

2020年4月10日 (金)

なおてい芸術鑑賞会

 この有り余る時間で片付けをしだすと、懐かしいモノが出てきまする。

Naoteigeikan 某学校の会報。時は2001年10月18日。なおとくんとていほうくんで何と芸術鑑賞会を依頼され、サポートメンバーも加えて行って参りました。ちなみに映っているPianoは木原健太郎さん。

 某学校って実は女子校で、普段「男性」というと親御さんか先生しか知らない子たち。そんな中に飛び込んだもんだから、普段黄色い声に縁の無いアタシらまでおこぼれに。一本君など「シゲキー、輝いてるー!」ですよ。更に木原さんなど、ELTの伊藤一朗さんに似ているというだけで、「いっくーん!」と叫ばれていました。コレ、嬉しいのかなぁ。

 啼鵬はその後も、この種の仕事を割りとやってきましたが、このときの内容、雰囲気、特別でした。

2020年4月 9日 (木)

ランドセルのマイナーチェンジ

 以前にも書きましたが、我が土浦市はランドセルを市から支給されるため(2014年7月6日参照)、誰も買いません。学校でテレビのコマーシャルでやっているようなランドセルを背負っている友達は転校生。なのにカバン屋さんのショーウィンドウには並んでいたりもするんですが(2016年9月13日参照)。イオンとかにも。あ、こういうのもしかして、他の地域に住む孫に買ってあげる用とか!?

2randsel01 今年は下のチビが小学校に上がったので、トーゼン頂いたワケですが、6年前のオネーちゃんのと比べると、丈が違う! ま、アタシの40年前のと比べても、マイナーチェンジはしていたのですが、この丈の違い。いつ変わったのかしら。

 ちなみにバックルも半自動(?)になっていて、カバーを閉めてバックルをハメると、クルッと留め金が回る仕組み。これに関してはアタシのときの方が良かったかな。バネ式のワンタッチでした。

2randsel02 もう1つ。ストラップが容易に回らないように。右のオネーちゃんの方は、クルクル回るために、ストラップがしょっちゅうねじれてしまいます。それが改善(?)された。

 んでもって、せっかく入学式でコレを貰いましたが、学校は休み。4月20日から再開の予定でしたが、本日5月6日までお休み延長が発表されました。

2020年4月 8日 (水)

ラーメン+カレー=カレー・ラーメン

 このBlogにも登場している食堂(2019年8月28日参照)。チビのクラスメイトのお母さんが勤めているという事もあり、時折訪れておりまする。

Suzuyacurryramen 今回はカレー・ラーメン。当然Blogネタとして頼んだのですが、目の前に運ばれてきてムムム!? なんかフツーのラーメンにカレーがかかっている印象。其れを溶かしながら(!?)麺をすすりましたが、う~む、こりゃ...。

 啼鵬もこれまで様々なカレーの麺類を食べてきましたが、言ってみれば一番イージー。これで不味ければ「なんだよ、ちゃんと作れよ」って事に。しかし美味しい。妙に「そっか、これでイイんだ」と納得しながら食べました。

 もちろんお店によっては、こだわりの専用カレー・スープでもってラーメンを作るところもあるでしょう。それも素晴らしいですが、こういったシンプルなカレー・ラーメンも...って、考えてみればこれって、意外と大変じゃネ? 醤油(?)ラーメンとカレーの絶妙なハーモニー。計算し尽くされた味わい。なのか...。

2020年4月 7日 (火)

NHKのタンメン

 ランチにスープ・カレーを食べた日(2020年4月5日参照)、この日の作業はそんなにハードではなく、夕食もみんなで食堂に行く余裕が。そう、行く余裕の無い日だと(2020年3月23日参照)、ランチは辛うじて(食堂で)食べられても、晩飯はスタッフさんの買ってきてくれたおにぎりを片手に仕事、なんてのもフツー。何しろ20時間近くも局に居たんですから。

Nhktanmen で、この日の夕食。迷った挙げ句にタンメン。ただ調理の様子を見ていると、通常のレシピとは違う感じ。何しろ出来上がる時間もチョー早かったし。それでも味は紛うことなきタンメン

 1つ疑問なのは、同じ食券でチャーシュー麺にも出来ること。ラーメン屋さんでおおよそタンメンとチャーシュー麺が同じ価格、というのは見た事がありませんが、ココNHK食堂では其れが成し得ているのでしょう。

2020年4月 6日 (月)

領収書貼り

 2019年の確定申告も何とか終え(2020年3月30日参照)、帳簿ソフトも2020年へ繰越処理。既に動いている1月~3月の出納も記帳しなくてはなりませんが、その前に2019年の締め括り。

Receipot2020c 別に「締め括り」という作業ではなく、本来ならば月ごとにでもやる作業かも知れませぬ。経費の領収書貼り。スクラップ・ブックに貼っていくのですが、これがそこそこの作業。一応我々自営業、一定期間はこういった書類を保管する義務があり、ナニかあれば提出。ま、保管していればイイので、わざわざ貼らなくても、という感じではありますが、昨今のビジネスはペーパーレス化。さすがに2020年からはスキャニングしてデータ化だな。

 とは言え、ビジネスでない現場だとどうなんでしょ。先日行った町内会の会計監査。区費も(紙の)帳簿で管理し、経費もノートに領収書を貼り付け。領収書の無いものも出金伝票をおこし、同じく貼り付け。監査役はそれらをチェックし、電卓を叩いておりました。

2020年4月 5日 (日)

NHKのスープ・カレー

 この日(2020年4月3日参照)のNHKの5階食堂はとっても混んでました。なるべく人が密になるのを防ぐため、席数を大幅減。お店の人も廊下に出て時間差などの協力を呼びかけていました。まぁ、協力はしたいものの、そんなにのんびりも出来ないので、なるべく早く食べられるモノで。

Nhksoupcurry すると「今日のカレー」とかいうメニュー。恐らく日替わりなのでしょう。なんとスープ・カレーでした。文字通り「カレーは飲み物!」って、程ではありませんが、辛うじて空いていた席に座り、急いで体内に流し込み、現場へ。

 ちなみにそこそこ辛いのですが、その辛さは選べませぬ。知らないで頼んじゃったヒト、どうなるんだろ。

2020年4月 4日 (土)

MS-Works

 この流行病で多くの仕事が飛んだので、時間が出来ました。こういうときにこそ、部屋の片付け! こんな機会でもないと、ウチは一生片付かない。

Msworks1 そうなると棚の奥から出てくるものに、いちいち懐かしがる。コレ、ご存じの方どれくらいいらっしゃいますかネ。Microsoft Works。ワードプロセッサ、表計算、データベースなどのソフトが1つになった優れモノ!...って、其れOfficeじゃん、というヒト。PCの歴史を知らんな。

 確かに今ではOfficeがそういう役割を。アタシはコレしか買わなかったので、その後の末路を知らないのですが、どうやら10年ほど前まではバージョン・アップをして販売していた模様。そのOffice以前に活躍していたソフトで、ちなみにこれはMS-DOS版。

 そう、Windows以前のOSで走るソフト。今はマルチ・タスクで、いくつものソフトを同時に立ち上げて相互、コピー&ペーストしたりなんて当たり前に使っているので、ピンとこないかも知れませんが、DOSという事はつまりシングル・タスク。それぞれ個別のソフトの行き来は基本デキませぬ。コイツが疑似マルチで出来たか、記憶が定かではありませんが、それでもいくつものソフトが1つにまとまっている、というのは相当なウリだったハズ。

 ちなみにMS-DOSと書きましたが、これは国民機NEC98シリーズでのDOSではなく、IBM PCのAT互換の方。Windows3.1がヒットした頃、まだDOSでのニーズもあり、こんなソフトが発売されていました。ちなみに定価¥40,000。そんな値段で買ったとは思えませんが。

Msworks2 驚くべきはいくつものソフトがFD数枚に収まっていたコト。ま、この当時だと珍しくはないのですが、1枚は学習ディスクで、システムが1枚、セットアップが1枚。なので実質2枚ってとこか。たった3MBにOffice相当が詰まってたって!?

 啼鵬は90年代、PC自作をしていたので、Windows95を走らせるにはスペックに高額な出費が...ってとこで、低スペックでPC-DOS 7.0とかインストール。そこでこのMS-Worksなんかを入れていましたが、正直そんなにハードに使った記憶がありませぬ。おっとMS-DOSはMicrosoftが販売していたOS。PC-DOSはIBMが販売していたOS。基本的には同じモノです。

 個人的には今でこそ多少表計算ソフトなんか使いますが、基本我々の業種、Office系は殆ど必要ありませぬ。送られてくる文書も殆どPDFですし、自分でWordやExcelを使って何か作るのは、企画運営をするヒトなので、我々は閲覧のみ。あ、ちなみにアタシは未だに一太郎派。Officeも無料の互換ソフトしか持っておりませぬ。

 今とは生活におけるパソコンの位置づけ全く違っていた時代の産物。いや、そうでもないか。逆に今、スマホやタブレットで用を済ませて、パソコンを持っていないヒトも多い。PCの立ち位置は一巡した感アリ。WorksからOfficeへ。そのうちOfficeも別な概念のモノに取って代わる時代がくるか。

2020年4月 3日 (金)

TDの前に

 録音用語のTDはTrack Downの略で、Mixとも呼ばれます。録音のときに仮に数人で同時に演奏したとしても、実は楽器それぞれにマイクを立てていたり、1つの楽器でも近付けているマイク、遠ざけているマイクと、様々な位置から音を狙います。それらのバランスをとり、文字通りミックスする作業。先日のNHKの劇伴(2020年3月22日参照)。今回はそれら録音した素材をミックスする作業を。

Nhktehomandolin しかしその前に1曲、被せておきたい楽器が。という事でまたもやMandolin。前回の録音時に、保険として持ってきていた楽器でした。それが更に役に立つとは。

 そう言えば今年に入ってから、Mandolinを弾く機会、多いかも。Yaeさんの新譜録音でも弾いたし(2020年2月10日参照)。もしや2020年は啼鵬にとってMandolin Year!?

Flashtdnhk 録音を終えるとTDを。ここでは研ぎ澄まされた耳が要求されます。ちなみにこのTDは2日目。1日目は都合がつかず、立ち会えませんでした。

 取り敢えずこれで啼鵬の仕事は終了。あとはドラマの仕上がりを待つばかり。

2020年4月 2日 (木)

TANGO OGNAT千葉公演延期

 東日本大震災以来の仕事キャンセルの嵐の中、とうとうこの公演も延期が決まりました。

Ognataoba2020 TANGO OGNATの久しぶりの公演。しかもホール公演だったので、とても楽しみにしていたのですが、この状況下やむを得ず。振替公演は8月10日(月・祝)に。既にご購入のチケットは有効ですので、お越し頂ける方は大事にとっておいて下さい。払い戻しもありますので、主催者にお問い合わせ下さい。

 この夏には終息している事を願って!

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ