« 編み込みDIY | トップページ | 洗濯機新調【下】 »

2020年5月25日 (月)

洗濯機新調【中】

 昨年の洗濯機騒動(2019年12月6日参照)。記事を書いたのは12月ですが、洗濯機が壊れたのは10月。

Sanyosentakukiよく働いてくれたとは思いつつも、やっぱ壊れるときは壊れる。このドラム式のタイプ、割りとイイ値段。正直もっと働いて欲しかったですケド。

 ちなみにSANYO製。回転系家電には定評があるって、マニアの方が仰っていました。近年では充電池eneloopかネ。今ではPanasonicになってしまいましたが。

 んで、すぐさま家電量販店で手頃なのを購入。しかし設置には最短で2週間ほど、というのは前回の記事で。その間、ずっと近くのコインランドリー生活。

Sharpsentakuki んで、待ちに待った設置。遠近感もありますが、前機種よりは小振り。今回はSHARP製...って、う~む...。こう言っちゃぁなんですが、啼鵬はかなりのSHARPマニア。

 初めてSHARPを意識したのは中学生の頃の電卓ですが、程なくして吉田A作がCMしていた電子手帳PA-8500から入り、テレビやビデオ、モバイラー高評価のZaurusや、Keyboard付きの携帯端末としては、最後の最後まで粘っていた名機005SH等、最近マスクを作りだして「SHARP史上イチバンのヒットかも」なんて宣うヤツ、誰だぁ!と度鳴りたくなるほど、SHARPの歴史を愛しておりまする。

 そんなテーホーでも、SHARPの洗濯機...。あまりイメージ無いなぁ。そして何故購入して半年以上も経って記事を書く事になったか...!?

 ところで付け足し。マスク発言の輩に告ぐ。元来ビデオカメラは、ファインダーを覗いて撮影。それを液晶画面を付けて、ファインダーを廃し、画面を見て撮影するスタイルにしたのは、何を隠そうSHARPの液晶ビューカム。其れ以降、各社そういうスタイルに。もっとSHARP社史を勉強するんだな。

« 編み込みDIY | トップページ | 洗濯機新調【下】 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

液晶ビューカムと言えば、売り出された当初、我が職場でもキャンペーンを打って販売するため、三重県まで出向いて、「ATOM隊」(Attack Team Of Marketの略)なる研修に参加しました。
その研修たるや、今じゃ考えられないような昭和の香りがムンムンの研修会。毎朝、「やれば出来る~!やらねばならぬ~!誰がやる~!」「俺がやる~!」みたいな掛け声を応援団のように声を張り上げることを毎日実施。3泊4日の研修で、最終日には声がガラガラ。「ようし、これで君たちも何台も売れる!」みたいなことを言われましたが、「そうかな~?」って思いながら帰宅の途についてことが懐かしく思い出されます。

> 語る会さん
 おっと、そんな思い出話が出るとは! 歴史の生き証人じゃないですか。
 そういう研修、知人から聞いた事があります。今でも行っているのでしょうかねぇ。

さすがに今の日本じゃやれなんちゃらハラスメントだと言われかねないので、止めてしまったようですよ。
でもアジア系の国では今でも実施しているようです。
前、NHKの番組でインドでやっていることを紹介して、「あ、ATOM隊だ!」と笑って見させていただきました。

高校時代の吹奏楽部を経験しているから、それほど大変だとは思いませんでしたがね。

> 語る会さん
 歴史は繰り返します。何十年か経って、かつてはこんな事をしていた、なんて見直されたりして!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 編み込みDIY | トップページ | 洗濯機新調【下】 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ