« サックス日和再開 | トップページ | 現代ギター2020年7月号 »

2020年6月23日 (火)

ビュッフェの行方

 この流行病で、飲食業界も大変な状況になりました。恐らく大皿料理を好きなだけ取る、食べ放題系のお店は、方向転換を迫られたのでは?

Newpisolino このお店は啼鵬、お気に入りの食べ放題。ピッツァやパスタは注文しますが、サラダ、一品料理などは取り放題。ピッツァは専用の窯で焼く本格派。何枚頼んでも定額料金のままで、オプション料金を支払うと、違う種類もオーダー出来まする。残念ながら山形県にしかなく、是非とも関東に進出して欲しい店!

 だったのですが、このコロナ禍で1店舗が食べ放題でない形態に。果たしてどんな感じになったのか行ってみたのですが、う~む...。

 「食べ放題」で無い、という事は、そう、フツーのお店です。食べたいものをオーダーし、その分の料金を支払います。ただ食べ放題スタイルの名残があって、オーダーしたものを自分で取りに行く、食べ終えた食器は自分で片付ける。そして料金はと言うと、正直安くはありませぬ。更に拍子抜けしたのは、一品料理の品数の少なさ! サラダの他はポテトとスープ、チキンだけ。えぇぇ!? 前はもっとあったじゃん。

 まぁ、アタシも年をとり「食べ放題」という実には魅力は感じなくなったものの、響きとしては未だに嬉しいですよ「食べ放題」。変わり果てたお店に寂しさを覚えつつ、某全国チェーンのイタ飯屋さんと競合した場合、残念ながら勝ち目は無いので、心配になって参りました、お節介ながら。唯一のアドバンテージはピッツァの味くらいなので。

 ちなみにビュッフェ・スタイルの取り放題の店。やっているところはやっています。色々対策をしながら。

« サックス日和再開 | トップページ | 現代ギター2020年7月号 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サックス日和再開 | トップページ | 現代ギター2020年7月号 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ