« 大月秀幸さん | トップページ | 習い事の本気度 »

2020年7月 2日 (木)

チョコパイ9個

 流行病で学校が休校中、チビ達のメシの心配よりも、おやつの苦労をさせられたテーホー。その癖で、ついお菓子を買い置きしてしまうようになりましたが、今回の疑問。

Chocopie9 お馴染みのチョコパイ。9個入りとな。しかし開封してみると、2段になっているプラ容器。突起物のある箇所は1個しか入れられず、それでトータル9個。なして?

 素直に1区画2個ずつ入れて12個入りで販売しちゃダメなのかい? それともお菓子って1パックの重量制限とかあって、12個入りに出来ない理由でもあるのかしら。

 それとも販売の統計から、9個入りが一番よく売れたのか。だったらパッケージをも少し小さくすれば、輸送コストだって下げられるハズ。

 商売って分からぬ。

« 大月秀幸さん | トップページ | 習い事の本気度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

値上げを隠すための工夫かもしれませんね。かつては12個入だったのを9個入にすれば、見た目や価格は同じでも値上げに成功するわけですから。

それの端的な例がティッシュペーパーです。「本日の特売品」になることの多い商品ですが、W150と書いてあれば150枚入りなわけです。本来は200枚入りのところを、50枚減らして、いかにも安っぽく見えるように売っていることがあります。特売品の横で静かに売られている200枚入りがあったら、単価計算をしてみると、実は200枚入りの方が単価的には安いなんてこともあります。

あと、本日限りと言いながら、店頭の値札の下の方をよく見ると、値下げ期間が記入されていることもあります。そういう場合は、何もその日でなくても買うことは出来る商品なわけです。つい釣られて、余分な物や高い物を買わない工夫というのが必要かもしれませんね。

> 語る会さん
 う〜む、なるほど。買わせる術ですか。色々ノウハウがありそうですね。
 最近スーパーで、1袋3本入りの人参を買おうとしたら、バラ売りの方が安かったです。よく計算しないといけませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大月秀幸さん | トップページ | 習い事の本気度 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ