« 乾麺の到達点 | トップページ | カレーのかりんとうでわかさぎ »

2020年9月 4日 (金)

Jazz弦を張る

 このコロナ禍で啼鵬はJazz Guitarにチカラを入れている事は、先に触れました(2020年7月4日参照)。日々練習に打ち込んで!と言いたいところですが、だんだん仕事も戻ってきているので、そんなにGuitarばかりを練習しているワケにもいきませぬ。

Js110a それでも何とか時間を捻出し、練習を重ねているところですが、ふと弦がまだJazzっぽくなかったと。取り敢えず今張っているのは、最もテンションが低い細い弦。ニッケル・ワウンドと呼ばれる、Electric Guitarには恐らく一番使われているであろう弦。テンションが低いと言う事は、割りと弦が緩いので、押さえる左手はそんなにチカラもいらず、容易に押さえられるかと。

 ただJazz Guitarで主に使われている弦は、フラット・ワウンドと呼ばれている、ツルツルの弦。先のニッケルはギザギザ。そう、Guitarに限らずですが、弦は太さ(音)によって、何も巻いていない場合と、グルグル巻きにコーティングしている場合とあって、低弦は基本的に巻き弦。高弦は巻いていない事が多いです。

 で、このJazz用の弦。THOMASTIK-INFELDという、ViolinではDominantoというブランドでチョー定番メーカー。調べた中では一番細く、テンションも低いので、まだGuitar慣れしていないテーホーにはうってつけかと。

Js110b 果たして張ってみると、このフラット・ワウンドは、下4弦が巻き弦(ニッケルは下3弦が巻き弦)。それはともかく、巻き弦じゃない上2弦は、なんと金ピカ。そっちに驚きました。写真じゃ見えにくいケド。

 して早速弾いてみると...う~む、やはり感触が全然違う。多少太くなったのでテンションがきつくなったのと、ツルツル弦の指ざわり。そして音色も多少まろやかに。ま、楽器がJazzよりもRockに使われるタイプなので、音色は思ったほどJazzっぽくは無いですがね。

 取り敢えず今後は、この感触に慣れていかなくては。

« 乾麺の到達点 | トップページ | カレーのかりんとうでわかさぎ »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乾麺の到達点 | トップページ | カレーのかりんとうでわかさぎ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ