« 大隅産鰻で土用丑 | トップページ | サルガン X サルガン 父と息子のタンゴ »

2021年7月29日 (木)

戸田博美さんとのライブに向けて

 最近サックス日和のステージでご一緒する事が多い、仙台フィルハーモニー管弦楽団のTrumpet奏者、戸田博美さん。彼女とのDuo Liveを来月に控え、リハーサルを敢行。

Todatehoreh 思えばTrumpet奏者とのサシのライブなんて、今までやった事がありませぬ。今回はPianoを弾く割合が多いですが、Trumpetのオリジナル作品から啼鵬作品、そしてBandoneonに持ち替えてのTangoと、バラエティに富んだ内容。

 取り分けアタシにとっては、Trumpetのオリジナル作品など、HaydnやHummelの協奏曲くらいしか知らない...。今回初めて知る作曲家のガチのClassic作品を演奏。

 そして気が付くと、プログラムの占める啼鵬作品の割合が結構あって、もともとTrumpetのために書いた作品から、Trumpet用に編曲したものまで、色々聴けます。

 本番は8月2日(月)に、仙台市のLIVE DOME STAR DUSTにて、19:00開演です。

« 大隅産鰻で土用丑 | トップページ | サルガン X サルガン 父と息子のタンゴ »

コメント

うわ~。聴きたいですわ。遠方過ぎて行けませんが…。というか近場の演奏会すら行けてませんが…。

トランペットって、近代では超絶技巧的な演奏が多いですが、ルネサンス期時代の曲は、純粋にきれいな音楽ってイメージがありますよね。私の場合は、金管でのアンサンブルがメインになりますが、特にジョバンニ・ガブリエーリとか好きですよ。
近代でもドビュッシーなんかを金管アンサンブルで演奏すると秀逸です。かつて「子供の領分」をパリ管金管五重奏団の演奏会で聴きましたが、これは本当はピアノ曲でなく、金管の曲なのでは?と思ってしまうほど、素晴らしい内容でした。

> 語る会さん
 恐らく語る会さん好みの内容かも知れません。戸田さんのプレイもなかなか素晴らしいです。オケ・プレイヤーの一面を切り取るライブになるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大隅産鰻で土用丑 | トップページ | サルガン X サルガン 父と息子のタンゴ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ