« Straight Tenor Saxophone | トップページ | 2022年幕開け »

2021年12月31日 (金)

令和3年を振り返ると

 昨年も同じベタなタイトルでしたが、と全く同じ書き出しですが、ひたすら籠もっていた昨年に比べ、今年はコロナの波はきたものの、なんとかその状況下でギョーカイも動いていた年。

Kimg0702 その締めくくりは、友人のお好み焼き店「かっちゃん」から届いた恒例のラーメンで年越しを。まぁ、そのかっちゃんには、頭が上がりませぬ。今年の2月、山形に滞在していた啼鵬は、割と大きな地震に遭遇。機転を利かせてくれたかっちゃんのおかげで、奇跡的に山形から自宅に生還、いや帰還(2021年2月15日参照)。

 その山形では、今年もサックス日和の皆さんと何回も本番を。共演するようになってから年間最多だったかしら。そういうベースがあると、啼鵬の音楽活動にもメリハリがつきまする。

 そして何と言っても大きな仕事だったのは新作ミュージカル「ゴヤ」(2021年4月8日参照)。残念ながら緊急事態宣言のために、全公演は出来ませんでしたが、それでも3時間越えのチョー大作は啼鵬史に残る仕事。音楽監督清塚信也氏の天才ぶりに、自分の小ささを思い知りましたが、そういうのに直接触れる事が出来たのも大収穫。

 その清塚の信也氏の仕事は、「ゴヤ」以外も室内楽やオーケストラの編曲と、気がつけば今年、結構彼のためにスコアを書きましたわ。

Katchan2021 2022年はどんな年になるのでしょう。いつもBlogを読んで下さる皆様、今年も有り難うございました。良いお年をお迎え下さい。

« Straight Tenor Saxophone | トップページ | 2022年幕開け »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Straight Tenor Saxophone | トップページ | 2022年幕開け »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ