« お肉の自販機 | トップページ | サプライズをアナタに »

2022年8月10日 (水)

祝:明秀日立緒戦突破

 自分が観ると負けるんじゃないか、なんて思って試合を観ない方、意外といるかも知れませぬ。アタシもその1人。全然関係ナイのにねぇ。そして今回の夏の甲子園。我が茨城の明秀学園日立高校の試合、13:00から始まるのは分かっていたのですが、何となく観るのが怖く、でも「ええい!観よう」とテレビをつけると既に8回。その裏には逆転したではないか!

Kimg0800 茨城と鹿児島と言えば因縁の対決。4点をリードされながらも降雨ノーゲームとなり、翌日再試合で1対0で勝った試合。学校は違えども、今回の試合を複雑な心境で観た県民は、啼鵬だけでは無いハズ。

 それにしても明秀日立の校歌、女性の作曲家先生ではないですか。甲子園の校歌はたくさん聞いてきましたが、女性の作は珍しいです。

 校歌というジャンル、恐らく圧倒的に男性作曲家の方が多いかと思われまする。甲子園だけ見てもそうなので、統計的に。校歌は作られた時期がはっきりしていると思うので、調査をすれば女流作曲家で初めて校歌を作った人、なんてのも発見出来るかも? 加えて日本楽壇に登場する女流音楽家と絡ませると、論文の1つは書けるのでは!?

« お肉の自販機 | トップページ | サプライズをアナタに »

我が街“茨城”」カテゴリの記事

コメント

初戦突破、おめでとうございます!!
相手は、強豪の鹿児島実業だけに厳しいかなと思っていましたが、逆転勝利とは大したものです。
順当にいけば、次の相手はこれまた強豪の仙台育英のようです。
1回戦の勢いそのままに波に乗れると良いですね。

ところで校歌といえば、我が校の校歌は3拍子なのに短調という変わった校歌でした。「甲子園で勝っても負けたみたいだね。」と揶揄したくなるくらいドヨーンとした曲でした。(元より、甲子園に行くことも出来ませんが…)
そんな校歌も、近頃の学校再編に伴い、新校歌に生まれ変わったと聞きました。かなりポップな今風の校歌なんだとか。
もはや行く用事もないので、聴く機会にも恵まれませんがね。

> 語る会さん
 正直、勝てるとは思っていませんでした。失点も押し出しでしたし。
 学校再編による新しい校歌作曲は、私も仰せつかりました。関係者は複雑な思いでしょう。テレビ企画で校歌特集でもすれば、面白い校歌が結構集まると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お肉の自販機 | トップページ | サプライズをアナタに »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ