« 佳秋カルテット試演会2022 | トップページ | 朝から名物カレー »

2022年9月29日 (木)

高校で講演

 柄にもなく講演...ってナニを話したかって、フリーの音楽家として歩んできた啼鵬の人生!と書くと大袈裟な感じですが、大学を出てはや四半世紀以上。どこにも属さず一匹狼でやってきましたので、その体験談などを。場所は体育館でしたが、全校生徒は入りきれないので、各教室に中継!いやはや、スゴい時代になったもんです。

1664451401095 対象は高校生。それも長野県屈指の進学校である松本深志高校の皆さん。多くは進学されますが、中には音大に進まれる方もいます。ま、啼鵬のような生き方もある、と参考にして頂ければ。

 さすがにお話しだけ、という訳にはいきませんので、今年定期演奏会でご一緒させて頂きました吹奏楽部、更には弦楽合奏もあるので、拙作「along with you」を共演。思えば高校生の弦楽。高校総合文化祭に関わらせて頂いている事から、ここ10年以上指導はしても、共演をした事はありませぬ。高校生弦楽合奏との記念すべき初共演でした。

 そして今回の講演のキーワード。「馬には乗ってみよ 人には沿うてみよ」 ご清聴有り難うございました。

« 佳秋カルテット試演会2022 | トップページ | 朝から名物カレー »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

松本深志吹奏楽部です!
今回は一緒に演奏させて頂き、とてもいい経験になりました。練習から分かりやすく指導をして頂き、とても楽しかったです!
ありがとうございました。

> 松本深志吹奏楽部さん
 先日はお疲れ様でした。3年生が抜けたバンドでも、皆さん重厚なサウンドを響かせていて素敵でした。定期に続いて、有意義な時間を有り難うございました。

私が最初の第九の合唱をした時の合唱指導の先生が、こちらの高校のご出身でした。
何でも、東大か芸大かで悩んだそうで、ご両親から芸大では身が持たないだろうと諭されて、渋々(?)東大に入学したという経験談を聞いたことがあります。

> 語る会さん
 何しろ名門校。渋々でも東大に! まぁ、そんな頭脳の持ち主達に、アタシの話がどう響くのか不安でしたが、いつもの感じで喋り通しました。

名門校とは言えども、そこは高校生です。
私の師匠も、もう一つの名門校へ赴任していましたが、そこで出会った生徒さんやOBの方は、至ってフツーの方で安心した記憶があります。
ちなみにこのOBさん、師匠から私のことを聞いていたらしく、「もしかして〇〇さんですか!?」と言われて、ちょっと戸惑いました。いったい何を話していたのやら…。

> 語る会さん
 有名人じゃないですか! ちなみにアタシは、初めてお会いする前に、Sonor Clarinet Ensembleのメンバーから聞いた特徴だけで、語る会さんの似顔絵を描きました。

そして写真を撮られて、サモハンキンポーに似ている人なわけですね。
実は、私高校時代の後輩からも、サモハンキンポーに似ているとよく言われていました。

> 語る会さん
 そういうサモハンも70歳。今の若い人は知らんでしょう。成龍でさえも知らないかも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佳秋カルテット試演会2022 | トップページ | 朝から名物カレー »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ