« いつでも、どこでも、あなただけ | トップページ | ご当地KIOSK »

2023年3月 4日 (土)

第33回生卒業証書授与式

 この季節です。啼鵬の勤務する看護学校の卒業式。今回の学年。コロナ禍での入学だったので、本来の学生生活からは、大分離れたものになったと思われます。

Img_20230303_130511254_hdr 啼鵬の授業も戴帽式のための歌のはずが、西洋音楽史などという、まるで音高音大の講義。いやぁ、かなり分かりやすくしたつもりですが、そもそも看護の国家試験とも関係ないし、興味の無い学生にとっては、退屈極まりない授業だったかな。

 今回の卒業式は、コロナ禍以来初めて親御さんの参加が認められ、少しは賑やかな式に。更に「仰げば尊し」は、僭越ながら啼鵬のPiano独奏を聴いて頂きました。アタシも即興で組み立てた演奏だったので、二度と聴けないものです。

 33回生の皆さん、3年間お疲れ様でした。

« いつでも、どこでも、あなただけ | トップページ | ご当地KIOSK »

心と体」カテゴリの記事

コメント

看護学生数多しと言えど【西洋音楽史】を受講した学生は霞ケ浦の学生のみでしょう、今後の看護師キャリアにおいて有意義なものになるでしょう。
私も聴きたかった・・・。

> ゴルゴさん
 まぁ、そうだな。便利な時代で演奏音源は全て動画で。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつでも、どこでも、あなただけ | トップページ | ご当地KIOSK »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ