« 弾き心地と雰囲気 | トップページ | 江戸の恩を太宰府で »

2023年3月28日 (火)

アンコと抹茶と天ぷら

 上山市の人気店。スイーツ好きにはたまらん商品かも。

Nakajoya04 啼鵬は「甘いものが無いと生きていけない」という事はなく、饅頭と煎餅があったら煎餅を取る人ですが、こういった地域ならではの逸品はおさえておきたいもの。

 ちなみに右側の抹茶パフェには、饅頭の天ぷら(!?)が添えてあります。これがなかなかイイです。衣がカリッと揚げてあり、中身はアンコそのまま。

Nakajoya03 ちなみにお店の気遣いですか。あぁ、いらっしゃったんですかねぇ、落としちゃったヒト...。

« 弾き心地と雰囲気 | トップページ | 江戸の恩を太宰府で »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

天ぷらまんじゅうは、お彼岸の時のマストアイテムです。
これって、田舎だけの食べ物だったんですね。

> 語る会さん
 そちらにはありますか。土浦ではちょっと見かけませんねぇ。いや、そもそも昔ながらの和菓子屋さんが少ないので、目立っていないだけかも知れませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弾き心地と雰囲気 | トップページ | 江戸の恩を太宰府で »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ